FC2ブログ

日々美々

ARTICLE PAGE

☆水彩画と色鉛筆画の2通りが描ける*ぺんてる・ヴィスタージュ「水彩スティック」

一応美大出身ではありますが、最近は絵を描く事も全くしなくなり・・・
そんな中、ぺんてるさんからこんな物を頂いたので、久し振りに筆(?)をとってみました

sayomaru26-693.jpg

ぺんてる・ヴィスタージュ「水彩スティック」
12色セット 3種類
スタンダードミックス・スイートミックス・アンティークミックス

sayomaru26-695.jpg

一見細長いクレヨンにも見えるこれは、水に溶ける「全芯水彩色鉛筆」です
3種類ある中の、私はアンティークミックスと言うシリーズを選びました

sayomaru26-694.jpg

アンティークと言うだけあって、シックで大人な色の12本
そして水筆とのセットです

sayomaru26-696.jpg

まずは、そのまま使ってみると・・・
私が思うに、色鉛筆と言うよりは、ちょっと硬めのパステルというイメージ
先を鉛筆削りで削れば、もう少し細い線が描け、色鉛筆風になるでしょうね

sayomaru26-697.jpg

で、このスティックで描いた部分は、水を付けると、ぼかす事が出来ます
その時に、この水筆
どうやって使うかと言うと

sayomaru26-699.jpg

筆先と軸部分を外し

sayomaru26-698.jpg

軸の中に水を入れます
そして再び筆先をセットして、軸を軽く押すと、水が筆先に渡る。と言った具合

sayomaru26-700.jpg

で、スティックを直接こすって、水彩固形絵具の様に使う事もできます

sayomaru26-701.jpg

あとは自由に好きな色を選んで描いて行くのですが
風景画を描くには、黒が欲しいところ

軸から水を多めに出して、ティッシュで拭き取れば
色を変える度に筆を洗う必要が無いのが、ラクチンです

便利なものがあるんですね
これなら、手軽に持ち運びが出来、旅行先で絵手紙なんか描いてみるのも楽しそう





にほんブログ村美容ブログ コスメへ   
   ランキングに参加しています。今日もワンクリックお願いします 
 
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment