FC2ブログ

日々美々

ARTICLE PAGE

☆アートと温泉*秋に行きたい、渋川・伊香保の日帰りプチ旅「ハラミュージアムアーク」編

さて、ポルトガル旅行記にあまりにも時間をかけ過ぎて
その間行っていた所の紹介が出来なかったので、遅まきながらレポート

行ってみたかった美術館と温泉を絡めて訪ねた、群馬県渋川市のご紹介です


sayomaru25-95.jpg

東京都品川区北品川にある、原俊夫が設立した現代美術を中心とした私立美術館の原美術館
その別館が群馬県渋川市にあると知り、行ってみることに

ハラミュージアム・アーク
群馬県渋川市金井2855-1
0279-24-6585
開館時間 9:30am-4:30pm(入館は閉館時刻の30分前まで)
休館日 木曜日(祝日・8月を除く)、展示替え期間、1月1日、冬期
入館料 一般1,100円、大高生700円、小中生500円
隣接の伊香保グリーン牧場には別途入場料が必要
(セット券一般1,800円、大高生1,500円、中学生1,400円、小学生800円)。
http://www.haramuseum.or.jp/jp/arc/




JR上越線「渋川駅」から、伊香保温泉行きバス(関越交通)に乗り約15分、「グリーン牧場前」で下車
バス時刻表

sayomaru25-97.jpg

バス停前にはその名の通り牧場公園がありますが、牧場を突っ切って行く事は出来ず(入場料を払えば別)
牧場から向かって左側に少し歩いた所に道があり、そこを行きます
バス停からは、約7分程かかります
ちょうど牧場の裏側にあると思っていいかも

sayomaru25-96.jpg

広い敷地に、どんと建っている黒い色調で統一されたシャープなフォルムの建築は
1988年に造られた、磯崎新氏の設計によるもの

sayomaru25-98.jpg
sayomaru25-99.jpg

更に、2008年に特別展示室「觀海庵(かんかいあん)」が増築されました

sayomaru25-94.jpg

入口にあるハートの作品は、ジャン=ミシェル オトニエル「Kokoro」というもの
たぶんだけれど、六本木ヒルズ横の毛利庭園にも同じ様な作品があったと思います

他にも敷地内には、アンディウォーホールなどの屋外展示作品が、何点かありますが
後ほどご紹介しますね

因みにチケット売り場は、建物内では無く、敷地の出入口にあります
バス停から歩いてくると、右手にある建物

sayomaru25-101.jpg
sayomaru25-102.jpg

入口右側が「觀海庵」があり
左側が現代アートギャラリーがあります


sayomaru25-124.jpg

sayomaru25-123.jpg

右手に進んだ所にあるのが

sayomaru25-103.jpg

フェデリコ・エレーロの「Landscape」

更に廊下を進み・・・

sayomaru25-104.jpg
sayomaru25-105.jpg

着た場所から、反対側の敷地が見えて、とにかく広いことがわかります

sayomaru25-106.jpg

廊下を左に曲がると、「觀海庵」が見えてくる

sayomaru25-107.jpg

古美術を中心に展示する特別展示室「觀海庵」は、六間四方約100m²とこじんまりした建物ですが
内部に三間四方の書院造の空間が、入れ子のように設えてあり
日本の伝統的な空間を意識させるものとなっています

和の設えがちょっと意外で、ここだけが異空間な感じを受けます
残念ながら内部を撮影する事は出来ず・・・

sayomaru25-108.jpg

現代アートギャラリーの常設展には、草間彌生氏や奈良美智氏、ロバートラウシェンバーグ氏
といった、1950年代から現在までの著名な現代美術作家の作品を幅広く収集され
その作品が展示されています 

こちらも残念ながら、中を撮影する事はできません

sayomaru25-109.jpg

ならば、外の作品を撮ってやりましょう

sayomaru25-110.jpg

ご存知
アンディ・ウォーホールの「キャンベル・トマトスープ」

この写真だと大きさがわからないですが

sayomaru25-117.jpg

隣にあるカフェと比べると、その大きさが良くわかると思います

sayomaru25-116.jpg

彼の多大な作品群の中でも、特に有名なキャンベル・スープ缶のシリーズ
なぜ彼が、モチーフにキャンベルのスープ缶を選んだのかご存知ですか
理由は単純。キャンベルスープが好きだからなのだそうです

sayomaru25-112.jpg

その並びにあったのが
小野節子の「夢」

実はこの方、あのオノ・ヨーコ氏のお姉さん

sayomaru25-113.jpg
sayomaru25-114.jpg

軽やかで薄いレースのような作品はキラキラと輝き、そこにダンスやスポーツをする人間
動物、そして美しい木花が描かれています
「人が人と仲良く暮らす社会、そこには幸せそうな動物がいて、美しい木花に囲まれていて・・・。
そんな幸せな環境をいつも私は夢みているの」
愛と平和。オノ・ヨーコさんのスピリッツと相通じるものがありますね

sayomaru25-118.jpg

反対側にあるのが
オラファー エリアソンの「Sunspace for Shibukawa」

この奇妙な銀色のオブジェの内部に入ると、太陽光がプリズムレンズによって映し出す
「時刻や季節によって移り変わる虹」を見ることができる
の筈でしたが

sayomaru25-119.jpg

残念ながら故障で中に入れず・・・意味な~~~~い

赤城山がバックに美しくそびえ立つ、そんな場所にありました

sayomaru25-120.jpg

この作品の向こう側に、グリーン牧場があり、羊たちが放牧されていました

sayomaru25-115.jpg

折角なので、カフェにも入ってみました

sayomaru25-125.jpg

こちらも店内を写真に撮る事が
なんだかなあ

sayomaru25-121.jpg

パスタ
麺が伸びていて残念な状態に

sayomaru25-122.jpg

草間彌生さんのカボチャをイメージしたスイーツも頂きました

え~~っと、味はファミレス程度のもので、期待する程ではありませんでした
お客様が多くて、オーダーが出てくるまで時間が掛かったので、仕方が無かったかな


ここからバスで5分程行った所に、あの伊香保温泉があります
これは行かない手はないですよね


to be continued・・・



にほんブログ村美容ブログ コスメへ   
   ランキングに参加しています。今日もワンクリックお願いします 
 
スポンサーサイト

群馬県 渋川 伊香保 ハラミュージアムアーク 美術館 磯崎新 アンディウォーホール ジャンミシェルオトニエル フェデリコエレーロ

0 Comments

Leave a comment