FC2ブログ

日々美々

ARTICLE PAGE

☆恋するポルトガル。赤い屋根と石畳の街へ*麗しのポルト1

ポルトガル旅行記

バックナンバー
恋するポルトガル。赤い屋根と石畳の街へ*出発&到着編
恋するポルトガル。赤い屋根と石畳の街へ*ジャカランダ咲く、ロシオ駅周辺
恋するポルトガル。赤い屋根と石畳の街へ*シントラの迷宮「レガレイラ」へ。その1
恋するポルトガル。赤い屋根と石畳の街へ*シントラの迷宮「レガレイラ」へ。その2
恋するポルトガル。赤い屋根と石畳の街へ*べレン地区スポットとエッグタルト
恋するポルトガル。赤い屋根と石畳の街へ*リスボン・人気のフードコートとお土産屋
恋するポルトガル。赤い屋根と石畳の街へ*城壁の街・オビドス
恋するポルトガル。赤い屋根と石畳の街へ*戦いの街・バターリャ
恋するポルトガル。赤い屋根と石畳の街へ*美しきポルトとレロ書店
恋するポルトガル。赤い屋根と石畳の街へ*ホテル メルキュール・ポルトセントロ
恋するポルトガル。赤い屋根と石畳の街へ*祈りの街・ブラガ
恋するポルトガル。赤い屋根と石畳の街へ*ポルトガル発祥の地・ギマランイス

その後の記事

恋するポルトガル。赤い屋根と石畳の街へ*麗しのポルト2
恋するポルトガル。赤い屋根と石畳の街へ*学問の街・コインブラ1
恋するポルトガル。赤い屋根と石畳の街へ*コインブラ大学
恋するポルトガル。赤い屋根と石畳の街へ*サンタ・クララ修道院
恋するポルトガル。赤い屋根と石畳の街へ*ホテル チボリコインブラ
恋するポルトガル。赤い屋根と石畳の街へ*コインブラ散歩
恋するポルトガル。赤い屋根と石畳の街へ*巡礼の町・ファティマ
恋するポルトガル。赤い屋根と石畳の街へ*海辺の町・ナザレ
恋するポルトガル。赤い屋根と石畳の街へ*再びリスボン。サンロケ教会と展望台
恋するポルトガル。赤い屋根と石畳の街へ*リスボン。サン・ジョルジェ城とお洒落カフェ


6月4日(月)

sayomaru24-401.jpg

ブラガ・ギマランイスの観光を終え、ポルトに戻ってきたその足で、ポルト観光

まずは、ポルトと言ったらここと言っても過言じゃない
歴史地区の街が一望できる、高台にある、ノッセ・セニョーラ・ド・ピラール修道院へ
ここは歴史地区とドロウ川を挟んだ反対側・ヴィラ・ノヴァ・デ・ガイアと言う地区にあり
はっきり言って、修道院目的で来る人は少ない

sayomaru24-424.jpg

写真手前のヴィラ・ノヴァ・デ・ガイアには、ワイナリーが多く並ぶエリア
その上空には、ロープーウェイが行き来している

sayomaru24-426.jpg

そしてこの美しい橋が、ドン・ルイス橋
パリのエッフェル塔を設計したギュスターヴ・エッフェルの弟子、テオフィロ・セイリグが設計した
1886年に完成しました、幅8m、高さ約45mの二重構造橋

sayomaru24-425.jpg

現在上層は歩行者とメトロ用に、下層は自動車と歩行者用になっている

sayomaru24-427.jpg
sayomaru24-428.jpg

赤い屋根と白い壁のこの統一感は、リスボンよりも歴史が感じられ
ここに来た誰もが魅了されるに違いない

sayomaru24-430.jpg

ドン・ルイス橋を渡る
真ん中がメトロの線路。まるで路面電車の線路のようだ

sayomaru24-431.jpg

高所恐怖症の人には、キツイ風景かな

橋を渡りそのまま直進すると

sayomaru24-433.jpg

ポルトの玄関口、サン・ベント駅がある

sayomaru24-434.jpg

20世紀初めに修道院跡に建てられ駅
構内を彩る、約2万枚のアズレージョが見事な事で知られている

sayomaru24-436.jpg

ジョルジュ・コラソによって1930年に制作されたもので、ジョアン1世のポルト入城やセウタ攻略など
ポルトガルの歴史を物語るシーンが描かれている

sayomaru24-435.jpg

アメリカの旅行誌で「世界で最も美しい駅」の1つにも選ばれたとの事

sayomaru24-436.jpg
sayomaru24-437.jpg
sayomaru24-438.jpg

古い物を壊さず、上手に活かしたこの駅。実にヨーロッパらしい
日本もこうあって欲しいな

sayomaru24-439.jpg
sayomaru24-440.jpg

またここへ来る機会があったら、今度は鉄道の旅がしたいと思わせる駅だ

sayomaru24-448.jpg

駅から来た道を戻る形で歩いた、右側にあるカテドラル(ポルト大聖堂)

sayomaru24-443.jpg
sayomaru24-479.jpg

市内で最も古い建造物であり、ポルトガル国内で最も重要なロマネスク様式建築の1つだ

sayomaru24-444.jpg

元々は、フーゴ司教の後援のもとで1110年頃に建立が開始されて13世紀に完成されたもので
その後、17~18世紀に改修が行われ加えられた、ゴシックやバロック様式も取り入れられ
現在の様な姿になったとの事

sayomaru24-445.jpg

煌びやかな銀細工の祭壇は17世紀に造られたもの

sayomaru24-446.jpg

パリのノートルダム寺院を彷彿させる、ゴシック様式の代表的要因のバラ窓
パイプオルガンもある

sayomaru24-447.jpg

ツアー2日目はこれで終了
明日は、南下して学問の街「コインブラ」へ行く


to be continued・・・


にほんブログ村美容ブログ コスメへ   
   ランキングに参加しています。今日もワンクリックお願いします 
 
スポンサーサイト

ポルトガル ポルトガル旅行 ポルト ドンルイス橋 サンベント駅 アズレージョ カテドラル ポルト大聖堂 旅行

0 Comments

Leave a comment