FC2ブログ

日々美々

ARTICLE PAGE

☆恋するポルトガル。赤い屋根と石畳の街へ*シントラの迷宮「レガレイラ」へ。その1

6月1日から6泊8日で旅した、ポルトガル旅行記を書いています
バックナンバーはこちら

恋するポルトガル。赤い屋根と石畳の街へ*出発&到着編
恋するポルトガル。赤い屋根と石畳の街へ*ジャカランダ咲く、ロシオ駅周辺

その後の記事

恋するポルトガル。赤い屋根と石畳の街へ*シントラの迷宮「レガレイラ」へ。その2
恋するポルトガル。赤い屋根と石畳の街へ*べレン地区スポットとエッグタルト
恋するポルトガル。赤い屋根と石畳の街へ*リスボン・人気のフードコートとお土産屋
恋するポルトガル。赤い屋根と石畳の街へ*城壁の街・オビドス
恋するポルトガル。赤い屋根と石畳の街へ*戦いの街・バターリャ
恋するポルトガル。赤い屋根と石畳の街へ*美しきポルトとレロ書店
恋するポルトガル。赤い屋根と石畳の街へ*ホテル メルキュール・ポルトセントロ
恋するポルトガル。赤い屋根と石畳の街へ*祈りの街・ブラガ
恋するポルトガル。赤い屋根と石畳の街へ*ポルトガル発祥の地・ギマランイス
恋するポルトガル。赤い屋根と石畳の街へ*麗しのポルト1
恋するポルトガル。赤い屋根と石畳の街へ*麗しのポルト2
恋するポルトガル。赤い屋根と石畳の街へ*学問の街・コインブラ1
恋するポルトガル。赤い屋根と石畳の街へ*コインブラ大学
恋するポルトガル。赤い屋根と石畳の街へ*サンタ・クララ修道院
恋するポルトガル。赤い屋根と石畳の街へ*ホテル チボリコインブラ
恋するポルトガル。赤い屋根と石畳の街へ*コインブラ散歩
恋するポルトガル。赤い屋根と石畳の街へ*巡礼の町・ファティマ
恋するポルトガル。赤い屋根と石畳の街へ*海辺の町・ナザレ
恋するポルトガル。赤い屋根と石畳の街へ*再びリスボン。サンロケ教会と展望台
恋するポルトガル。赤い屋根と石畳の街へ*リスボン。サン・ジョルジェ城とお洒落カフェ


6月2日(土)

sayomaru23-858.jpg

友人がポルトガルに来たかった一番の目的
それが、リスボンの西側に位置する、シントラと言う街にある「レガレイラ宮殿」
シントラには数々の宮殿や城跡などがあるが、特にこの宮殿は、一風変わっている事で知られている

しかし、日本のガイドブックでは殆ど取り上げられていないのが現状
友人は、ネットでの情報でこの宮殿の事を色々と調べた様だ
一方私はと言ったら、何の情報も入れて行って無いものだから、ただ付いて行くだけ

sayomaru23-820.jpg

シントラへは、リスボンのロシオ駅(或いはオリエンテ駅)から、シントラ行きのポルトガル鉄道に乗り約40分
シントラから更にバスに乗れば、有名な観光地「ロカ岬」へも行く事が出来る

それらをまとめて観光したいのなら、リスボン発のこの鉄道と
シントラ内の全てのバスで利用できる周遊パス(15ユーロ)があるので、利用するのも手だ
今回私たちは、レガレイラ一本で勝負

sayomaru23-859.jpg

ロシオ駅は、1886年~1887年にポルトガル人建築家ジョゼ・ルイス・モンテイロによって設計された
マヌエル様式の建物だ
二つの蹄鉄をかたどった入り口が特徴で、駅構内も繊細で美しいデザイン

sayomaru23-828.jpg
sayomaru23-829.jpg

sayomaru23-827.jpg

シントラは終点で、約40分の列車の旅だ
大阪から京都ぐらいの近さなので、日帰り観光に適していると言える

シントラ駅は、進行方向一番前の出入口から出ると、たくさんのタクシーやトゥクトゥク
観光バスの客引きが待っていた
時間の無い人はそれを利用するのも良いが、循環バスもしっかりとあるのでご心配なく

sayomaru23-861a.png

出入口を出て、右手に進んで行くと、バス停がある
シントラの観光地、シントラ宮殿やムーアの城壁までのバスもあるが
レガレイラ宮殿へは、435番のバスを利用
20分~25分に1本の割合であるが、ちょうどバスが戻って来たばかりで
出発は20分後と言われた。バスを待つ時間が勿体なかったので、歩く事に

上の地図の矢印の通りに進んで行くと

sayomaru23-830.jpg

ここに出てくる、このまま左に車道に沿って歩いていこう

sayomaru23-860a.png
sayomaru23-831.jpg

周りには鬱蒼とした森が広がり、その中に博物館や王宮などが点在している
最初に目につくのは、美術館の物なのだろうか、彫刻やモニュメント

sayomaru23-832.jpg

そしてモニュメントと道路を挟んだ反対側、進行方向左側には

sayomaru23-833.jpg

ムーアの泉がある
ムーアの泉は、20世紀初めに造られたネオアラベスク風の建造物で
淡いブルーとグリーンを使った細かい模様のアズレージョのアラブ様式の装飾で飾られている

sayomaru23-862.jpg

そしてふと見上げると、ムーアの城壁
ムーアの城壁.は8世紀から9世紀頃ムーア人によって築かれたものだが、現在はわずかに城壁が残るのみ

sayomaru23-836.jpg

やがてシントラ宮殿が近づいてくると、周りの風景も少し変わってくる

sayomaru23-835.jpg
sayomaru23-834.jpg

お土産屋やレストランもたくさん
ここまでゆっくり歩いて、12,3分

更に進んで行くが、ゆるい坂道になっているので、ちょっときつくなるが
踏ん張ってもう12,3分ほど歩くと、やがて見えてきたのが

sayomaru23-838.jpg

美しい宮殿と入口・・・と思いきや、ここは出口で入口はもう少し先

sayomaru23-837.jpg

そしてやっと到着
切符を購入する為に右手の建物へ

sayomaru23-839.jpg

入場料は、5歳までの子供と65歳以上のシニアが4ユーロ 64歳までの大人が6ユーロ

さあ、それではいよいよ、中に入っていこう


to be continued・・・



にほんブログ村美容ブログ コスメへ   
   ランキングに参加しています。今日もワンクリックお願いします 
 
スポンサーサイト

ポルトガル ポルトガル旅行 海外旅行 シントラ レガレイラ宮殿

0 Comments

Leave a comment