日々美々

ARTICLE PAGE

☆恋するポルトガル。赤い屋根と石畳の街へ*出発&到着編

「ポルトガルに行かない
ある日、突然にそんなLINEが入った

九州在住の旅行好きの彼女と、初めて会ったのが2004年のペルー旅行
その後、2012年にカナダ・イエローナイフに一緒に行き
私がドラマの撮影で、九州に行くと、車を飛ばして会いに来てくれた
彼女が東京に出てきた時は、ディズニーランドにも行った
そんなに頻繁に会う訳でもなかったけれど、連絡だけはとっていた
そんな彼女から、唐突にポルトガルときたもんだ

全く私の眼中に無かった国で、しかも何の知識もなく・・・
フランシスコ・ザビエルが日本を訪れキリスト教布教活動をした。とか
両国間で南蛮貿易が開始されて、ポルトガルからは多くの製品、文化が日本に流入していった。とか
学校で習った程度くらいしか、知識に無かった

そんな突然の申し出が来たのが、4月の中旬
既に色々なプランを考えていた彼女に、乗っかる形で承諾し、出発までの日々を過ごした

ポルトガルでの日々の殆どを現地ツアーに入って、首都リスボン以外を周遊
フリーはリスボン到着日の翌日の1日のみ、という
これまでの私の旅のスタイル(1人旅)とは、全く違う事になり
ちょっと不満な点もあったが、エアやツアーの予約も全て彼女に任せ
私は初日の安ホテルを抑え、そして遂に6月1日を迎えた

sayomaru23-760.jpg


6月1日(金)

直行便の無いポルトガルへは、ヨーロッパの何処かしらの国にトランジットしなければならず
比較的お手頃なフィンランド航空を選んでくれた

フィンエアで楽しみなのは、大好きなブランド・マリメッコとのコラボレーションだ
もちろんエコノミーなので、多くの事は望めないが、どうしても期待してしまう

sayomaru23-762.jpg

当然私は成田からの出発
第3ターミナル以外からの出発は久し振りで、ターミナルの規模の違いを改めて知る事になった
九州在住の彼女は、福岡空港からの出発
つまり、日本から乗り継ぎ地のヘルシンキまでは別の便

ヘルシンキまでの約9時間は、ほとんど眠れず、映画を見て過ごした
期待していたマリメッコグッズは、アメニティーはビジネスにしかなく
それでも食事時に少し楽しむ事が出来た

sayomaru23-765.jpg
sayomaru23-766.jpg

紙ナプキンと紙コップがマリメッコ

sayomaru23-767.jpg
sayomaru23-768.jpg
sayomaru23-772.jpg

わかりにくいけれど、ブランケットやクッションも

sayomaru23-763.jpg

この機体はヘルシンキの空港で観たもの
機内は普通みたい

ヘルシンキのイミグレには、顔認証システムが取り入れられていた
私たちの帰国3日後に、日本もなったとの事

sayomaru23-770.jpg
sayomaru23-773.jpg

下の写真は帰りのヘルシンキ空港
パスポートの写真が旨く読み取れなかったり、顔も認証できなかったりと
手こずる人もいたみたいで、逆に混雑していたのも事実

無事、九州からの彼女と落ち合う事が出来、ヘルシンキ空港で3時間滞在

sayomaru23-771.jpg

さすが北欧だけあって、お洒落なカフェやバーも多かったが
私の記憶では、デンマークの空港の方がお洒落で楽しかったような・・・

ヘルシンキからリスボンまでが4時間
長い道のりで、やっと狭い機内から解放

リスボンの空港「ウンベルト・デルガード空港」は、中心地からとても近い所にあり
私たちが泊る宿まで、地下鉄で途中乗り換えをして11駅目
もちろん地下鉄で行く事に

地下鉄に乗るには、2種類のカードを購入する必要がある
1つは、suicaやpasmoの様に、デポジットを取って、チャージして使うカード「Viva Viagem」
もう1つは24時間乗り放題(値段が変わるが48時間72時間もあり)の「Lisbon Card」
「Lisbon Card」はジェロニモス修道院やベレンの塔などのスポットの入場料が無料、割引になるもの

取りあえずViva Viagemを購入し、地下鉄へ

sayomaru23-775.jpg

駅構内にはたくさんの壁絵
ポルトガルゆかりの著名人らしいのですが、ポルトガル人もわからないほど、マニアックらしい(笑)
唯一、私と一緒に写っているのが、詩人のnatália correiaだと、のちに判明

sayomaru23-774.jpg

リスボンの地下鉄は、レッド・ブルー・グリーン・イエローの4つ路線があり
特にこの空港からのレッドラインの駅には、ユニークな壁絵があるそうだ。観ることができるだろうか

私たちが、2泊する安宿は、グリーンラインのアンジョスという駅から直ぐ
本当に地上に上がってきて直ぐにあった
重いトランクを持つ身にはとても有難いロケーションだ

sayomaru23-777.jpg

Angels Inn Lisbon
Av. Almirante Reis 85, 1ºArroios 1150-012 Lisboa

sayomaru23-778.jpg
sayomaru23-779.jpg
(写真は翌日撮ったもの)

中二階のクロークに行き、到着が既に23時を過ぎていたが、温かく迎え入れてくれた
鍵を貰うと、部屋は直ぐ横

sayomaru23-776.jpg

シャワーとトイレは共同だが、ベッドは清潔で心地よく、部屋の隣にはラウンジがあって
大きなソファーやテレビ、情報誌などが置かれて寛げるようになっていたが
この日はこのまま、シャワーを浴び就寝した


to be continued・・・





にほんブログ村美容ブログ コスメへ   
   ランキングに参加しています。今日もワンクリックお願いします 
 
スポンサーサイト

ポルトガル 海外旅行 リスボン ヘルシンキ フィンランド航空 マリメッコ 旅行

0 Comments

Leave a comment