FC2ブログ

日々美々

ARTICLE PAGE

☆ 「サヴィニャック パリにかけたポスターの魔法」展で*サヴィニャックの魔法にかけられる

練馬区美術館で開催されている 「サヴィニャック パリにかけたポスターの魔法」
を観に行ってきました

sayomaru23-203.jpg

「サヴィニャック パリにかけたポスターの魔法」展
2018年2月22日(木)~4月15日(日)
会場:東京都中村橋 練馬区立美術館
時間:10:00~18:00(入館は17:30まで)
休館日:月曜
料金:一般800円 高大学生、65歳~74歳600円

20世紀フランスを代表するポスター作家、レイモン・サヴィニャック(1907-2002)
シンプルでユーモアにあふれ、見ていると思わず顔がほころんでしまう独特の愛嬌あるキャラクターは
日本でも馴染みがあり、何処かで1度は見たことがある筈
実際に、としまえんや森永チョコレートの広告も手掛けています

sayomaru23-204.jpg

ビック、チンザノ、シトロエン、ダンロップ、ミシュラン、モンサヴォン、ティファール、トレカなど
数々の有名ブランドのポスターを手掛けていますが
彼の描くデッサンは常に、「どのようにメッセージを届けるか」という問いに対する視覚的な解答

わかりやすく、インパクトがあり、そしてユーモラスに溢れている
そんな広告は、第二次世界大戦後のフランスの人々のハートを、わし掴みにしたに違いありません

sayomaru23-202.jpg

今回の展覧会は、サヴィニャックの20世紀ポスター史を語るのに欠かせない代表作を中心に
それらのスケッチ、原画、パリに貼られたサヴィニャックポスターの景観写真などあわせて約200点の大規模なもの

sayomaru23-200.jpg

決してメジャーでは無いこの美術館で開催する理由は、何のだろうとちょっと思ってしまったのですが
やはり「としまえん」繋がりなのでしょうか

sayomaru23-205.jpg

何れにしても、たった800円で、これだけの数の作品が観られるなんて
コスパが良いというか、とてもお値打ちで、老若男女楽しめます

練馬区美術館後は、全国の5つの公立美術館を巡回
宇都宮美術館  
2018年4月29日(日)~6月17日(日)

三重県立美術館 
2018年6月30日(土)~9月2日(日)

兵庫県立美術館 
2018年10月27日(土)~12月24日(月・祝)

広島県立美術館 
2019年1月5日(土)~2月11日(月・祝)

sayomaru23-199.jpg

Don't miss it



にほんブログ村美容ブログ コスメへ   
   ランキングに参加しています。今日もワンクリックお願いします 
 
スポンサーサイト

サヴィニャック パリ ポスター展 展覧会 練馬区美術館 アート

0 Comments

Leave a comment