FC2ブログ

日々美々

ARTICLE PAGE

☆誕生日には和食を!驚きの食材のコラボ*飯田橋 喝采

誕生日の次の日、ちょっと背伸びしてこんなお店に行ってきました

sayomaru22-966.jpg

飯田橋 喝采
千代田区飯田橋3-11-20 SPビル 1F

場所は、地下鉄各線 JR飯田橋駅東口を出て
神田川とJRの線路を挟んだ道を、西に2,3分程歩いた所にあります
駅から歩くと、他に飲食店はおろか、店舗は全くない場所にあって
こんな所にと、ちょっと驚かされます

飯田橋は、どちらかと言うと駅の南側に、賑やかな居酒屋などが密集していますが
こちら側はとても静かですね
だからこの店は隠れ家的な存在と言っても良いかも

sayomaru22-989.jpg

中二階にある階段を上って行くと、スタッフさんが扉を開けて下さいました
あら、なんて素敵な
それだけで、このお店の接客の良さが計り知れました

sayomaru22-969.jpg

落ち着いた雰囲気の店内
テーブル席が4つとカウンター席

sayomaru22-967.jpg

更に奥に個室が2つ
意外とこじんまりかな

sayomaru22-968.jpg

インテリアも奇をてらっていないところが良いですね

sayomaru22-972.jpg

コースは、5,000円と7,000円の2種類がありましたが、奮発して7,000円を頂く事に

sayomaru22-973.jpg

お酒は日本酒が色々とありました(メニュー写真を撮り忘れましたが)

sayomaru22-980.jpg

私は、白ワインを頂きました
辛口でない物をとお願いしたら、甘口のモスカートが出てきました
超フルーティーで、ある意味びっくり(笑)

sayomaru22-970.jpg

先付
チーズ豆腐の最中
蟹真丈のお椀

いきなり珍しいものが出てきました

sayomaru22-971.jpg

最中の中には、チーズ豆腐にいぶりがっこが入っていて、更に林檎ジャムも添えられているんです
何、何、この組み合わせ
初めてなんですけど\(◎o◎)/!
手で持ってかぶりつくと、最中のサクッとした触感に、甘しょっぱいチーズ豆腐
そしていぶりがっこのコリコリ
凄くユニークな組み合わせですが、凄く合いますね。これは面白い

お椀には蟹の真丈とアスパラ。いいお出汁が出てました

sayomaru22-976.jpg

お刺身三種盛り合わせ
ハタ・イシダイ・鰤の3種
付け合わせに、梅と昆布の和え物と海苔塩

梅と昆布の和えた物は、ハタ(白身魚)に合いました
イシダイは海苔塩
鰤はわさび醤油に付けて

sayomaru22-975.jpg

ハタって高級魚ですよね。なかなか食べるチャンスが無かったのですが
ここで食べられるとは、ラッキー
そして鰤も脂が乗っていて、うんま~~~い

sayomaru22-977.jpg

冷菜
帆立と唐墨の豆乳寄せ
プルンとした豆乳の中にからすみが入って、更にホタテとイクラがプラス
ささやかなお料理の中に、これだけの贅沢な素材が使われていて
それが喧嘩をせず、ちゃんとお互いを引き立てているのが素晴らしいですね

sayomaru22-978.jpg

揚物
鴨とフォアグラの春巻き
見た目は普通の揚げ春巻き
しかしその実態は・・・

鴨とフォアグラを揚げ春巻きにしようだなんて、誰が考えたのでしょう
鴨肉がたっぷりと詰まっていて、パリッと皮が&ジュワッと肉汁が、もうこれが不味い筈が無い
そして付け合わせは、味噌とはちみつと、粒マスタード
この3つの組み合わせもユニークですね

sayomaru22-979.jpg

焼物
金目鯛の泡焼き
え~っ、泡焼きって何

金目鯛を白味噌とバターと、スプマンテで味付けして焼いている
だから泡焼きなんですって
はあ~このお料理も、斬新ですよね
紫色の野菜は、シャドウクイーン
甘みのあるじゃがいもで、これも美味しい

ここの創作料理は、計算された和洋折衷素材のコラボが特徴
でも、ちゃんと和食なんですよね

sayomaru22-982.jpg

箸休
生ハムとフルーツトマトの白和え
意外としっかりした歯ごたえのフルーツトマトに生ハムを巻いて
それを白和え。でも、白和えと言うよりは胡麻和えっぽいお味

sayomaru22-981.jpg

竹鶴のハイボールも頂きました

sayomaru22-983.jpg

メイン
黒毛和牛のイチボ焼き
山形牛のイチボ
お尻にある赤身のお肉。希少部位です
意外としっかりとした歯ごたえで、でも間違いなしの美味しさ
野菜は甘長とうがらし、赤カブ、ブロッコリー
三浦の石井農園から取り寄せたものを使っておられるそうです

sayomaru22-984.jpg

黒毛和牛と生雲丹の土鍋ごはん
またメインが来たかと思ってしまいました
群馬県産の黒毛和牛のサーロインと北海道産のうにが乗った炊き込みご飯
これをどうするかと言うと・・・

sayomaru22-985.jpg

サーロインをその場で軽く炙って

sayomaru22-987.jpg

ご飯を包んで頂きます
参りました。ここまでして頂いて完璧としか言えません

あまりにお腹がいっぱいだったので、ご飯はおにぎりにして頂き、持ち帰りました

sayomaru22-986.jpg

お吸い物と香の物も付いてきました

sayomaru22-988.jpg

最後にお茶を頂きましたが、これも普通の日本茶ではなく
ジャスミンティーなんですよ
サービスで、お菓子も出して下さいました
クルミのビスケッティーと抹茶のクッキー

私たちが入店した18時頃は、まだお客様は数人しかいらっしゃらなかったのが
19時を過ぎると、ほぼ満席に

退店する際も、やはりドアを開けて下さり、お見送りをして下さるおもてなしの素晴らしさ
穴場かと思いきや、知っている人は知っている。そんなお店なんですよね


普通の和食じゃ飽き足らない。でも美味しくて、おもてなしも完璧で・・・
そんな舌の肥えた人たちの集まる所なんだと実感しました



にほんブログ村美容ブログ コスメへ   
  
 
スポンサーサイト

創作料理 和食 喝采 飯田橋 ディナー

0 Comments

Leave a comment