日々美々

ARTICLE PAGE

☆正しく食べるダイエット!*2ヶ月間「ダイエットプラスラボ」で学んだこと

命あるものが生きていく上で、必要不可欠な「食べる」という行為
ところが食物アレルギーや肥満など、食に関する病が蔓延する昨今
その原因の1つに、食生活の欧米化があると言われています

ご飯に味噌汁、魚料理に漬物、質素で健康的だった日本の食卓に、欧米の食文化が次々と入ってきました
パンを主食とし、油、動物性たんぱくを多様する欧米風の食事が
日本人の体に合わず、アレルギーや肥満に悩む人が増えたのだと

健康的な体を得るには、やはり食生活を見直す事がとても大切

そんな大切な事を忘れ、2年前から比べて体重が増加し、体脂肪もコレステロール値も上がり
見た目痩せ型なのにも拘らず、隠れ肥満と診断されてしまった私・・・
当然である。仕事柄食事を短時間で食べなければならない事が多く、どうしても炭水化物に偏る食事になり
また21時過ぎに、動物性たんぱく質や炭水化物の多い食事をする事もしばしばあったり
PCに向かいながら、お菓子をつまんだり

そして気付いたら、余裕で履けていたパンツが掃けなくなっていたのです

そんな時、友達が教えてくれたのが
正しく食べるダイエット「ダイエットププラスラボ」でした

sayomaru20-747.jpg

https://lab.dietplus.jp/

本来「ダイエット」とは、ただ単に「痩せる」事だけを意味するのではなく
健康で豊かな生涯を送る為の「知的ライフスタイル」を意味するもので
ダイエットプラスラボでは、健康的な食生活を送る事で、健康的な体を維持する事を目的としています

なので、苦しい食事制限はもちろん、苦しい運動も一切無し
ただバランスよく3食を食べるだけのダイエットなのです

正直そんなので痩せられるのか、運動なしで痩せたところで、必ずリバウンドする
と思っていました

そして2ヵ月。変わったのは体型だけでなく、食事に対する意識が変わりました

sayomaru21-253.jpg

炭水化物抜きダイエットや糖質制限ダイエットなどが流行っていますが
炭水化物や糖質は、体を動かすエネルギーのもととなります
どちらも、適正な量が体には必要なのです

要はその量を間違えないって事
じゃあ、その適量とは

ダイエットプラスラボでは、その適量を簡単に計れる方法を教えて下さいます

sayomaru21-260.jpg

主食=炭水化物(ご飯)軽く握ったこぶし大程度
主菜=タンパク質(肉・魚・大豆製品)指を含まない片手のひら程度
副菜=ビタミン・ミネラル(野菜・海藻・キノコ類)生野菜なら両手に1杯
加熱しているものなら、片手山盛り

この食べる量の目安はすごくわかりやすくて良いですね

sayomaru21-255.jpg
sayomaru21-254.jpg

因み私の2ヶ月間で作った、料理の中で褒められたメニューだけをピックアップしてみましたが
結構な量を食べていると思いませんか
これがダイエットメニューだと、驚かれる人もいるかも知れませんね

肉は、鶏むね肉や豚モモをメインに
野菜はたっぷりと、きのこや海藻も積極的に
葉物は、レタスを緑黄色野菜のサニーレタスに変更
便利だったのは、豆乳
朝、忙しくてちゃんとした物が食べられ無かった時、豆乳を必ず飲むようにしていました
他にも豆乳鍋などにも利用
タンパク質は、動物性と植物性を上手く組み合わせるのが良いのだそうです

でも、必ずしも毎食毎食、ここまで理想的な食事が出来た訳ではありません

仕事柄ランチは、職場の控室で短時間で食べなければ(ヘタをすれば立ったまま)ならない事も多く
また夜勤の仕事もあります
そんな時は、1回分の栄養素を上手く分けて食べました

sayomaru21-259.jpg

この日は、夕食に主食を控えめ、主菜・副菜を多めに食べ
夜勤の仕事中に主食を食べると言う形にしました

またこんな日もありました

sayomaru21-256.jpg

ロケの仕事で、昼食をとる時間が全く無く、差し入れのコロッケで空腹を紛らわした時は
こんな風にアドバイスして下さいました
1食の中で不足だった栄養素は、次の食事で補えばいい
この管理栄養士さんのアドバイスは、不規則な食生活を送っている私にとって、とてもありがたい言葉でした


こうして2ヶ月間、毎食の写真をアップして、それに対してアドバイスを貰い
1ヵ月毎にサロンに行って、体の変化をチェックして貰った結果

体重=マイナス1.6kg
体脂肪=マイナス3.1%
ウエスト=マイナス5cm
骨格筋量=プラス0.2kg


という結果になりました
体重は、痩せているので、あまり落としたくなかったので大して減っていません
嬉しいのはやはり、体脂肪をウエストサイズのダウン
そしてビックリなのが、何の運動もしていないのに、骨格筋量が増えている事

更に、むくみも減った気がします
他にも、疲れにくくなった事や、長時間立ちっぱなしでも、あまり辛く無くなった様にも思えます

この2ヶ月間のダイエットは本当に貴重な体験でした
元々料理ベタな私だったので、この2ヶ月間の体験は料理のレパートリーをも増やしてくれたし
これまで食材として見向きもしなかったものが、意外と重宝し、栄養価に優れたものだという事も学べました
あと、あんなに食べだしたら最後まで食べないと止まらなかったチョコレートも
我慢できるようになりました(笑)

2ヵ月のダイエット期間はこれで終了ですが
最後のカウンセリングで成長ホルモンについてお話頂きました
若々しい体で居る為に必要不可欠な、成長ホルモン
その分泌が低下する事で、太りやすくなったり、疲れやすくなったりし、肌艶が悪くなったりするそうですが
その分泌が一番盛んになるのが、運動後と就寝中なのだそうです

今回の体験では運動は殆どしませんでしたが、やはり健康を維持するには運動は必要なのです
摂り過ぎたカロリーを有酸素運動で解消し
更には、ゴールデンタイムと呼ばれている22時から2時の間に寝る
これが出来たら完璧

もう少し涼しくなったら、ジョギングも始めてみよう
そして夜更かしを止めて、極力ゴールデンタイムには寝よう

結果が出るとやはり欲もでるもの
これからも健康でいる為に、今回の体験を無駄にしないよう心掛けていきます



最後に、親身になってアドバイスを下さった管理栄養士の藤原先生
お礼を言う事も出来ずに終わってしまったので
この場を借りて、ありがとうと伝えたいです

そしてカウンセリングを担当して下さった、下先生
褒め上手で優しくて、最後は握手までして結果を喜んで下さいました
本当にありがとうございました


今回のこのダイエットプラス、気になると言う方
今ならカウンセリング(60分)が、通常1800円のところ500円で受ける事が出来ます
高性能体組成計で体成分測定
生活習慣診断
個別カウンセリング
やせるポイント分析
やせるレシピプレゼント
など、しっかりとカウンセリングして下さるので、やせるポイントがわかります

詳細はこちらをご覧くださいhttps://lab.dietplus.jp/

sayomaru21-89.jpg


ダイエットプラスラボの体験モニターに参加しています


にほんブログ村美容ブログ コスメへ   
   ランキングに参加しています。今日もワンクリックお願いします 
スポンサーサイト

ダイエット ダイエットプラスラボ 正しく食べる 管理栄養士

0 Comments

Leave a comment