日々美々

ARTICLE PAGE

☆台北から高雄まで。5泊6日・台湾女子旅*高雄・駁二芸術特区編

2月9日から14日にかけて旅した、台湾の旅行記です

台北から高雄まで。5泊6日・台湾女子旅*台北編その1
台北から高雄まで。5泊6日・台湾女子旅*台北編その2
台北から高雄まで。5泊6日・台湾女子旅*台北編その3
台北から高雄まで。5泊6日・台湾女子旅*台北・迪化街編
台北から高雄まで。5泊6日・台湾女子旅*台北・迪化街編その2
台北から高雄まで。5泊6日・台湾女子旅*台北・九份編
台北から高雄まで。5泊6日・台湾女子旅*台北・九份編その2
台北から高雄まで。5泊6日・台湾女子旅*台北編その4
台北から高雄まで。5泊6日・台湾女子旅*平渓編その1
台北から高雄まで。5泊6日・台湾女子旅*平渓・猴硐猫村編
台北から高雄まで。5泊6日・台湾女子旅*平渓・平渓天燈節編
台北から高雄まで。5泊6日・台湾女子旅*台中編
台北から高雄まで。5泊6日・台湾女子旅*台中・台中国家歌劇院編
台北から高雄まで。5泊6日・台湾女子旅*台中・彩虹眷村&アイスクリームショップ編
台北から高雄まで。5泊6日・台湾女子旅*台中・高美湿地&宮原眼科編
台北から高雄まで。5泊6日・台湾女子旅*高雄・蓮池潭編



2月13日(月) 高雄

sayomaru20-989.jpg

蓮池潭から再びタクシーに乗って、MRTの最寄駅・左營へ
駅前には、現代アートっぽいオブジェも数点

sayomaru20-988.jpg

台北・台中とめぐって来て、高雄はその2都市よりも、古い街並みや歴史的建造物がたくさん残る街
のイメージが強かったのですが・・・
次に訪れた場所は、まさにそのイメージを覆す所でした

sayomaru20-991.jpg

駁二藝術特區
高雄市鹽埕區大勇路1號
http://pier-2.khcc.gov.tw/home01.aspx?ID=1

左營駅から紅線に乗り、美麗島駅で橘線に乗り換え、塩埕埔駅下車
大勇路に沿って南に向かって歩いて行くと見えてくる、倉庫群

sayomaru20-993.jpg

駁二藝術特區(特別区)」は高雄港第三ドックにあり、1973年に高雄港の倉庫として建設されました
やがて使われなくなった倉庫は、未利用スペース再利用計画の一環として
資源を利用した活性化計画の実施で、台湾南部の実験創作アトリエ及び工芸クリエイティブ発展センターに
変身したものです

sayomaru21-40.jpg
(クリックすると大きくなります)

倉庫跡以外にも、線路跡、港、広場など、約1㎞の範囲に大義倉庫群、大勇倉庫群、蓬莱倉庫群
3つに分かれており、 とても広く、スケールが大きい

sayomaru20-992.jpg

大勇路から真直ぐ来るとあるのが大勇倉庫群
一番大きな倉庫が、台湾を代表する本屋「誠品書店」

sayomaru20-994.jpg

本以外にも、雑貨がたくさん揃っており、日本で言うところの蔦谷書店みたいな感じ
お洒落で、可愛いものが揃っていて、ここでお土産を買うのも楽しいと思います

sayomaru20-995.jpg

日本では全く見た事の無い、デザイナーのモノも多く揃っていました

sayomaru21-19.jpg

大勇倉庫群から東側にある大義倉庫群に行ってみます

sayomaru20-990.jpg
sayomaru20-996.jpg

倉庫群から倉庫群までは少し距離があり、普通の街並みの中を通って行きます

sayomaru20-998.jpg

途中小さな屋台があったので、覗いてみました

sayomaru20-997.jpg

烤雞翅包飯と言って、鶏肉の中にご飯が詰めてある料理
スパイシーで、肉が柔らかくとても美味しかった

sayomaru20-999.jpg

大義倉庫群は、ライブハウスやレストランが軒を並べていますが
たまたまだったのか、あまりお店が空いておらず、人もまばら

sayomaru21-1.jpg
sayomaru21-2.jpg

建物の壁や通りにあるアートもとてもハイセンス

sayomaru21-4.jpg
sayomaru21-5.jpg
sayomaru21-3.jpg

倉庫群の一番東にあったのが、日本でもお馴染のこの店

sayomaru21-6.jpg

パイナップルケーキのSunny Hills

sayomaru21-7.jpg

日本と同じく(正確には日本が同じくですが)、試食をさせて貰えます

sayomaru21-8.jpg

私たちもご馳走になる事に

sayomaru21-9.jpg

やっぱり美味しい
日本のモノと少し味が違うそうですが、私にはよくわからなかった
そして台中の宮原眼科のパイナップルケーキも食べましたが、やはりSunny Hillsの方が私は好きですね

sayomaru21-10.jpg

考えたらこの日のランチは、さっきの烤雞翅包飯とこのパイナップルケーキのみww

sayomaru21-11.jpg

海沿いに、Uターンする形で歩いていきます

sayomaru21-12.jpg

海沿いは特にオブジェがたくさん展示されています

sayomaru21-14.jpg
sayomaru21-15.jpg

そして建物の壁面のアートも目立ちます

sayomaru21-18.jpg
sayomaru21-21.jpg
sayomaru21-22.jpg
sayomaru21-23.jpg

そしてやがて、陽が傾いてきました

sayomaru21-13.jpg
sayomaru21-16.jpg

大義倉庫群に戻って来て、そのまま西側の蓬莱倉庫群

sayomaru21-24.jpg
sayomaru21-25.jpg
sayomaru21-39.jpg

蓬莱倉庫群に行くまでに、こんなキャラクターが

sayomaru21-26.jpg

何処かで見た様な気がするんですけど・・・気のせいかな

sayomaru21-27.jpg

蓬莱倉庫群に向かう蓬莱路には、立派な門がありました
これが何なのかはわからず

sayomaru21-41.jpg

横断歩道を渡ると、蓬莱倉庫群が見えてきました

sayomaru21-28.jpg

鉄道博物館やミニシアター、カフェなどがあります

sayomaru21-29.jpg

鉄道博物館がある故、通りには線路がひかれ、ミニ列車が走る様になっています

sayomaru21-30.jpg

センター広場には巨大なオブジェ

sayomaru21-42.jpg
sayomaru21-31.jpg

竹を編み込んで、中が空洞になっている作品のようです

sayomaru21-32.jpg

ここはライブハウス

sayomaru21-33.jpg

倉庫群の一番西側にあったのが、壮大な数の線路
嘗ての操車場跡地なのですが、その線路を残したまま、いくつかの作品がありました

sayomaru21-34.jpg
sayomaru21-35.jpg

かなり大きな物だとおわかりでしょう


高雄だけじゃ無く、台北や台中も、台湾はリノベーションの技術というかセンスが、すごく良いと感じました
全てを綺麗にリフォームしてしまうのではなく、古い部分も残しつつ、上手に再利用していると
それに比べて、同じ倉庫群の横浜の赤レンガ倉庫は、綺麗にし過ぎて
昔の面影は消え、味が無くなってしまっていると思います。このセンス、見習って欲しいな

sayomaru21-43.jpg

さすがにお腹が空いてしまい、どこかに入ろうかと思い

sayomaru21-36.jpg

何店舗か中に入ったのですが、ほぼ閉店間際で・・・

sayomaru21-38.jpg
sayomaru21-37.jpg

結局別の場所で食べる事になり、倉庫群を後にしました


to be continued・・・

台湾旅行 高雄 駁二藝術特區 倉庫群 アート鑑賞


にほんブログ村美容ブログ コスメへ   
   ランキングに参加しています。今日もワンクリックお願いします 
スポンサーサイト

台湾旅行 高雄 駁二藝術特區 倉庫群 アート鑑賞

0 Comments

Leave a comment