日々美々

ARTICLE PAGE

☆台北から高雄まで。5泊6日・台湾女子旅*台中・高美湿地&宮原眼科編

2月9日から14日にかけて旅した、台湾の旅行記です

台北から高雄まで。5泊6日・台湾女子旅*台北編その1
台北から高雄まで。5泊6日・台湾女子旅*台北編その2
台北から高雄まで。5泊6日・台湾女子旅*台北編その3
台北から高雄まで。5泊6日・台湾女子旅*台北・迪化街編
台北から高雄まで。5泊6日・台湾女子旅*台北・迪化街編その2
台北から高雄まで。5泊6日・台湾女子旅*台北・九份編
台北から高雄まで。5泊6日・台湾女子旅*台北・九份編その2
台北から高雄まで。5泊6日・台湾女子旅*台北編その4
台北から高雄まで。5泊6日・台湾女子旅*平渓編その1
台北から高雄まで。5泊6日・台湾女子旅*平渓・猴硐猫村編
台北から高雄まで。5泊6日・台湾女子旅*平渓・平渓天燈節編
台北から高雄まで。5泊6日・台湾女子旅*台中編
台北から高雄まで。5泊6日・台湾女子旅*台中・台中国家歌劇院編
台北から高雄まで。5泊6日・台湾女子旅*台中・彩虹眷村&アイスクリームショップ編



2月12日(日) 台中

さて次なる場所は、こちらも台中の人気スポット

sayomaru20-843.jpg

高美湿地
台湾のウユニ湖とも言われているこの場所は、中心地からちょっと離れた台中郊外にあります
行き方は、台中から清水駅まで電車で行く方法と、バスで行く方法があります
そして清水駅から湿地までも、やはりバスが出ています

私たちは、市内から303・304・305系統のバスに乗り、清水火車站駅下車
清水火車站駅から178・179系統で高美湿地まで行く・・・予定でした
と言うのも、305系統のバスで清水火車站駅に向かっている最中
グーグルマップを見ちゃったんですよね

実は、バスはずっと海沿いに近い道を走っていたのに
グーグルマップで位置関係をみると、清水火車站駅は更に街中の湿地から遠い所にありました
それは勿体無いと言う事で、途中下車してしまったんです
これがとんでもない選択ミスだったのです

そこから人間の足では湿地まで歩くのはもちろん無理
タクシーを探してみるものの、全く走って無い
さあ、どうする。陽が段々沈んで行くでは無いですか

必死に走る、そしてタクシーを探す私たち

やっと1台見つけ乗ったは良いものの、今度は値段をボッてくる
しかし、そこは背に腹は代えられない
渋々納得して走って貰うと、想像していたよりも遥かに遠く
結局、清水火車站駅からの方が近かったと後々わかったのです

何とか真っ赤な太陽が、地平線に沈み切らない内に到着
大急ぎでシャッターを切る

sayomaru20-840.jpg

風車が美しい風景に溶け込んで、とても絵になります

sayomaru20-841.jpg

願わくば、もう少し太陽が高い位置にあれば良かったのですが、まあ良しとしますか

sayomaru20-842.jpg

高美湿地の面積は約300ヘクタール
実は、大肚溪口湿地の一部で、全体面積の10分1の大きさにすぎません
乾地と湿地、砂質、沼地が相まることで、生態豊富な、複雑な湿地生態が形成されています
その為、野鳥などの野生動物の保護区でもあります

sayomaru20-844.jpg

木道が敷かれていて、皆さんそれに沿って歩いて行きます

sayomaru20-845.jpg

太陽が沈んだ後のマジックアワーもなかなか素敵

sayomaru20-846.jpg
sayomaru20-847.jpg

暗くなると風車に灯りが灯り、更に絶景

スマホで撮ったのは、ピンク味が強く出たけれど、これもなかなか綺麗

sayomaru20-863.jpg
sayomaru20-864.jpg
sayomaru20-865.jpg
sayomaru20-866.jpg

滞在時間は短かったけれど、とても楽しめました
でもやっぱり、また来てリベンジしたいです

帰りは、バスが少ないので、あっさりとタクシーに乗りました
それも相乗り。香港から来たと言う、旅好きのお母様と息子さん
4人乗って1人50元
時間は1時間位だったでしょうか
車の中では、お母さんと片言の英語でお喋り
なんと、去年の瀬戸内国際芸術祭に来られてたとの事
話が弾みました
安藤忠雄の建築がお好きだそうで、彼が亜洲大学(台中)の為に設計した「亜洲現代美術館」を観てこられたそうで
写真を見せて貰いながら、ちょっと興奮気味にお話して下さいました

ということで、あっという間に台中中心地へ

sayomaru20-848.jpg

親子とお別れして、タクシーを降りたわ良いが、ここが何処かわからない
何番のバスに乗れば目的地に行けるのか、一生懸命頭を悩ましていたら
台湾の女の子が助けてくれました
なんと、目的地まで一緒にバスに乗って、案内してくれたのです
これこれ、台湾人がとても親切だという噂は聞いていたけれど、ここまで優しいとは

いつか東京で道を聞かれたら、ちゃんと親切に教えてあげよう
しかしその場所まで行く、時間の余裕があればの話だが(笑)

sayomaru20-849.jpg

さて、私たちの目的地は、朝外観だけみた、ここ
宮原眼科
台中市中区中山路20号
外観はこちらでご紹介しています

sayomaru20-850.jpg

宮原眼科は、パイナップルケーキで有名な菓子メーカー「日出グループ」が、元眼科だった場所を
リノベーションして作った菓子店です

sayomaru20-854.jpg

外観からは想像もつかなかった、高い天井のゴージャスなチャイナモダンインテリア
薬棚をイメージしたディスプレー台も素敵

sayomaru20-851.jpg
sayomaru20-852.jpg

奥に入ると更に高く、2階までぶち抜いた高さになっています

sayomaru20-857.jpg

この店の素晴らしい点は、インテリアだけにあらず

sayomaru20-859.jpg
sayomaru20-855.jpg
sayomaru20-858.jpg

パッケージのデザインがユニークで素敵なのです

sayomaru20-860.jpg

レコードジャケットの様なパッケージは、お茶
CDジャケットの様なパッケージは、クッキーなどのお菓子

sayomaru20-856.jpg
sayomaru20-861.jpg
sayomaru20-867.jpg

決してお安くはありませんが
このパッケージ達の可愛らしさを見たら、買わずにはいられませんね

sayomaru20-853.jpg

そして、こちらのもう1つのオススメが、アイスクリーム



別入り口があり、アイスクリーム店だけ独立していますが、やはりチャイナモダンな雰囲気は健在



そしてそのアイスクリームの種類の多いこと

sayomaru20-869.jpg
sayomaru20-870.jpg

なんとなんとチョコレートだけでも16種類
フルーツ系が約20種類
何にして良いか、迷ってしまいます

sayomaru20-878.jpg

ちゃんと日本語のメニューもあります

sayomaru20-871.jpg
sayomaru20-874.jpg

トッピングの種類も豊富

値段は、
アイスシングルが90元(トッピング1つ無料)
アイスダブルが160元(トッピング3つ無料)
アイストリプルが225元(トッピング4つ無料)
それぞれにワッフルボールが付いて+20元

sayomaru20-875.jpg

私たちはこんなアイスにしてみました
昼間もアイスを食べたので、1つをシェアです

アーウィンマンゴーアイスと72%べネゼエラチョコレート
トッピングは、チーズケーキとクマさんのクッキー

アイスの質は、I'm Talotoより、こちらの方が良く、美味しいと思いました

この日、とても内容の濃い、充実した1日でしたが、明日にはもう次の都市に移動です
台中は、個人的にとても気に入り、もう1度来たい所ですね


to be continued・・・


台湾旅行 台中 高美湿地 宮原眼科


にほんブログ村美容ブログ コスメへ   
   ランキングに参加しています。今日もワンクリックお願いします 

スポンサーサイト

台湾旅行 台中 高美湿地 宮原眼科

0 Comments

Leave a comment