日々美々

ARTICLE PAGE

☆台北から高雄まで。5泊6日・台湾女子旅*平渓編その1

2月9日から14日にかけて旅した、台湾の旅行記です

台北から高雄まで。5泊6日・台湾女子旅*台北編その1
台北から高雄まで。5泊6日・台湾女子旅*台北編その2
台北から高雄まで。5泊6日・台湾女子旅*台北編その3
台北から高雄まで。5泊6日・台湾女子旅*台北・迪化街編
台北から高雄まで。5泊6日・台湾女子旅*台北・迪化街編その2
台北から高雄まで。5泊6日・台湾女子旅*台北・九份編
台北から高雄まで。5泊6日・台湾女子旅*台北・九份編その2
台北から高雄まで。5泊6日・台湾女子旅*台北編その4



2月11日(土) 平渓

今回私たちが台湾に来た最大の目的は、旧暦で最初の満月が上る「元宵節」であるこの日に開催される
平渓天燈節(ランタン飛ばし)
台湾ランタンフェスティバルというお祭りも、同時期にあちこちで開催されているようですが、それとは別モノ
簡単に言うと、ランタンを一斉に夜空に放つイベントです

台北から東、新北市平渓(ピンシー)郷の小さな山里では、昔からランタンを上げる風習があったそうで
その壮大な風景が見たくて、この時期の旅行を決意したのです

sayomaru20-418.jpg

平渓までは、電車で行く方法もありますが
本数が少ない事と、乗り換えが面倒だった事もあってシャトルバスを利用しました


ここからは、これから行こうと思っていらっしゃる方の為に、行き方案内も兼ねて話を進めて行きます

sayomaru20-384.jpg

まず、MTR文湖線の終点「動物園」まで行き、出口1から外に出ます

sayomaru20-385.jpg

エスカレーターを降り、そのまま直進

sayomaru20-386.jpg

所々に看板があるので、迷う事はありません(左にある黄色い看板)

sayomaru20-387.jpg

右手には台北市動物園
そのまま進むと、黄色いテントが見えてきます

sayomaru20-388.jpg

歩いて数分でバス停に到着
係の人が誘導して下さいます

sayomaru20-389.jpg

座って行きたい人の列には、結構人が並んでいました
立ってでもOKという人は、左側に進んできます
そしてあっという間に順番がきました

sayomaru20-390.jpg

それにしてもバスの本数が非常に多く、2.3分置きに来るので、例え座って行く方法でも
待ち時間はそう永くは無いと思われます
12時頃の出発になってしまったので、さぞかし混んでいて、長い間待たされると思っていたので
ちょっと拍子抜け(笑)

sayomaru20-391.jpg

約50分の道のりですが、車内もこの程度なので、窮屈さは全く感じません
何より凄いのは、平渓に入ると交通規制がされているので、関係車両や観光バス以外の車が走っていない
この徹底ぶりには驚きました
九份に行った時のあの渋滞振りとは雲泥の差

この祭りが国を挙げての大がかりなものである事を物語っていますね
運賃は一人50元。しかも往復。安い

sayomaru20-392.jpg

バスは台鉄平渓線の十分駅近くで停まります
そこから約10分程歩き移動

sayomaru20-393.jpg

やがて、会場のゲートが見えてきました

sayomaru20-394.jpg

写真の右側に見えるのが主催する企業のテント(だと思う)
実は、ランタン上げに参加するには、整理券が必要です
整理券は朝の10時からここで配布されているようなのですが、私たちが到着したのは昼過ぎ
既に整理券は無くなっていました
当初、このランタン上げは、見学のみで良いと思っていたのですが、整理券が無くなったと聞くと
何だか諦めがつかなくて・・・

残念な思いで、ウロウロしていたら、なんとこのテント内に三重県のブースがあったのです
三重県は新北市と平成25年に観光協定を締結して以来、毎年、この平渓天燈節に参加しているそうで
天燈上げに参加できる特別枠を持っていらっしゃいました
そしてラッキーな事に私たちは、その恩恵にあずかる事が出来たのです

14時に再集合と言われ、一旦この場を離れました

sayomaru20-396.jpg

会場から十分駅まで続く十分老街は、年に1度の祭りとあってかなり賑やか

sayomaru20-397.jpg
sayomaru20-395.jpg

飲食店、お土産屋、そして屋台と様々な店が並び活気がありました

sayomaru20-420.jpg

老街を抜けるとそこにある筈の平渓線の線路の上に、大勢の人
そう、ここでは有料のランタンを上げる事ができるのです

sayomaru20-421.jpg

ランタンには、色々な色があり、それぞれに意味があります
赤は健康、白は明光運、黄は金運、紫が学業、藍が仕事、オレンジが愛情、緑が順調など
自分の願いたい事柄の色を選ぶのですが、カラフルにすればするほど値段が高くなります

1色→150元
4色→200元
8色→350元

1色が150元で4色が200元なら、4色を選んじゃいますよね

sayomaru20-399.jpg

思い思いに願い事を書いて・・・

sayomaru20-398.jpg

ランタンはとても旧式なもので、火力で上がります
それもお店の方がちゃんとやってくれるから大丈夫のようですね
そして上がる前には、写真も撮って貰えるみたい

sayomaru20-422.jpg
sayomaru20-423.jpg

皆さん、本当に楽しそうに上げていらっしゃいました
夜が楽しみです(平渓天燈節のランタン飛ばしは無料です)

sayomaru20-424.jpg

再集合まで時間があったので、平渓線に乗って猴硐(ホウトン)まで足を延ばしてみました

sayomaru20-425.jpg

さてここに何があるかと言うと・・・私の大好物のあれ(笑)


to be continued・・・


台湾旅行 ランタン飛ばし 平渓天燈節 十分 元宵節 


にほんブログ村美容ブログ コスメへ   
   ランキングに参加しています。今日もワンクリックお願いします 

スポンサーサイト

台湾旅行 ランタン飛ばし 平渓天燈節 十分 元宵節

0 Comments

Leave a comment