日々美々

ARTICLE PAGE

☆台北から高雄まで。5泊6日・台湾女子旅*台北編その4

2月9日から14日にかけて旅した、台湾の旅行記です

台北から高雄まで。5泊6日・台湾女子旅*台北編その1
台北から高雄まで。5泊6日・台湾女子旅*台北編その2
台北から高雄まで。5泊6日・台湾女子旅*台北編その3
台北から高雄まで。5泊6日・台湾女子旅*台北・迪化街編
台北から高雄まで。5泊6日・台湾女子旅*台北・迪化街編その2
台北から高雄まで。5泊6日・台湾女子旅*台北・九份編
台北から高雄まで。5泊6日・台湾女子旅*台北・九份編その2


2月11日(土) 台北

今回の台湾旅行の第一の目的が、この日にあります
その目的地に行く前に、気になる台北のスポットに行ってきました

sayomaru20-272.jpg

MRT板南線「市政府」で下車し、徒歩10分位の所にある
嘗ての煙草工場が、緑と芸術を楽しむカルチャースポットに変身したという人気スポット

sayomaru20-270.jpg

松山文創園区
台北市信義区光復南路133号
http://www.songshanculturalpark.org/en/index.html

sayomaru20-298.jpg

入り口を入ると、ただの池(笑)
本当になんの手入れもされていない池
でもちゃんとアヒルが居ました

sayomaru20-271.jpg

6.6ヘクタールに及ぶ敷地には、工場跡や倉庫、新たなビル、バロック風の庭園まであり
工場跡は、アートギャラリーを中心に、ショップやカフェ、レストランなどに使用されています

展覧会や芸術活動を行う場として生まれ変わった、この総合施設。かなり規模は大きいです

sayomaru20-273.jpg

ところが・・・ガイドブックの8時からオープンと言う言葉に騙され、早くに着いてしまった私たち
まだ建物内は入る事が出来ませんでした

sayomaru20-275.jpg
sayomaru20-276.jpg

それでも、雰囲気は伝わります
建物の外観は古いまま残し、内装を上手にリノベ。雰囲気が壊されていません
日本の様に、全てを綺麗にし過ぎないのが良いですね。やり方が上手いです

sayomaru20-277.jpg

1937年に建設され、1998年に閉鎖され60年の歴史に幕を下ろした後、工場跡地は2001年に「市の史跡」に指定され
やがて2010年に今の形になったそうです

1937年に建てられたというから80年も経っているんですね

sayomaru20-278.jpg
sayomaru20-287.jpg

まるで学校の様に、長い廊下

sayomaru20-274.jpg

この巨大人形は、ギャラリーで開催されている展示内容に合わせたものでしょうか
何のキャラクターかも調べられませんでした

sayomaru20-279.jpg

中庭は以前のまま残されているのでしょうか。かなり手が込んでいます

sayomaru20-280.jpg
sayomaru20-281.jpg

館内は9時にオープンと言う事でしたが、9時を過ぎても開く気配なし
その辺はアバウトなのでしょうか

唯一開いていたのが

sayomaru20-299.jpg

閲楽書店という本屋
可愛い建物は、元々託児所だったとの事
工場の中に託児所があったのですね。良い会社だ(笑)

sayomaru20-282.jpg
sayomaru20-300.jpg
sayomaru20-283.jpg

テーブルやソファーが設えてあって、コーヒーを飲みながら、ゆっくりと読書ができるようです

sayomaru20-284.jpg
sayomaru20-285.jpg

何時にオープンするのかわからず、それまで待つ事が出来ず、これ以上の見学は断念
今度台湾に来る事が出来たら、ここへはもう1度必ず来よう

sayomaru20-286.jpg

市政府駅に戻る途中にあった、お菓子屋さんを覗いてみました

sayomaru20-301.jpg

玉香齋
台北市信義区忠孝東路四段553巷2弄1号
http://www.jadecake.com.tw/

sayomaru20-302.jpg
sayomaru20-303.jpg

店構えは、ちょっとヨーロッパ風
大きなシャンデリアまであり、売られているものは、焼き菓子やパイナップルケーキの様な半生菓子
またケーキやパンなども売っていました

sayomaru20-304.jpg
sayomaru20-305.jpg

どうやら、ベジタリアン向けのスイーツショップみたいで、香Q餅というのが人気のようです
Q餅はパイのような生地の中に、小豆餡・お餅・蛋黄・干肉が入っている甘くてしょっぱい
中華風のお菓子の事で、それに似たお菓子なのでしょうね

お値段は結構高級
友達は、ここでお土産をごっそりと買っていました

さて、それでは、いよいよ本日の目的地に向かいましょう


to be continued・・・ 


台湾旅行 台北 松山文創園区 リノベーションショップ アートギャラリー 玉香齋 台湾土産


にほんブログ村美容ブログ コスメへ   
   ランキングに参加しています。今日もワンクリックお願いします 

スポンサーサイト

台湾旅行 台北 松山文創園区 リノベーションショップ アートギャラリー 玉香齋 台湾土産

0 Comments

Leave a comment