日々美々

ARTICLE PAGE

☆made in 長崎に拘った人気店*吉祥寺「じげもんとん」

吉祥寺の、居酒屋の激戦区にあって、生き残りの厳しい駅前にあって
とても人気のある、こんなお店に行ってきました

sayomaru19-614b.jpg

じげもんとん 吉祥寺店
武蔵野市吉祥寺本町1-8-3 ダイヤガイビル B1F
0422-27-6277

私たちが行った日はちょうど、お店のオープン3周年記念で、名物の溶岩焼きが半額
という太っ腹企画を開催していました

sayomaru19-613.jpg

じげもんとんとは地元の人という意味だそうで、地元の食材を使っているから、そう付いたのかな
長崎の養豚場から直送している極上豚を始め
長崎県のアジ、タイ、ヒラマサなどの魚介、そしてもちろん日本酒も長崎産に拘る徹底ぶり

sayomaru19-616.jpg

店内に吊るされた提灯でもわかりますが、長崎産の芳寿豚が、この店の売りだそうで
その溶岩焼きが通常750円のところ、375円になっていたんです
ラッキー。良い日に来ちゃった

sayomaru19-615.jpg
sayomaru19-624.jpg

店内はさすが吉祥寺、老若男女、サラリーマンやOLさんも、とにかく終始お客さんで賑やかでした
繁昌してますねえ

sayomaru19-617.jpg

初めの一杯は、やはり白州ハイボール

sayomaru19-618.jpg

アボカドのサラダ
こちらも定番です。サラダでこれがあったら、絶対に頼んでいるかも

sayomaru19-619.jpg

有機野菜のバーニャカウダ
赤軸ほうれん草・黄色ニンジン・緑大根・パープルパープル・パプリカ・生えのき
珍しい、そして、とてもカラフルな野菜が揃いました
パープルパープルとは、周りが紫いろのニンジンの事
そしてえのきは生で食べる事が出来る、市場に出回ることのない幻のえのき

すご~~い、そんな野菜が、居酒屋さんで食べれるなんて、居酒屋恐るべし

sayomaru19-620.jpg

長崎の日本酒も頂きました
六十餘州(ろくじゅうよしゅう)
初めて知ったお酒だったのですが、歴史ある銘酒だったのですね
クセの無い飲みやすいお酒だと思いました

sayomaru19-621.jpg

黄金出汁の鯛しゃぶ
長崎は鯛の漁獲量全国No.1ってご存知でした
それなら食べない訳にはいかない

鯛で摂った出汁を使った鯛シャブ
鯛のダブル使い。めちゃくちゃ贅沢です

sayomaru19-622.jpg

たっぷりのネギと水菜と一緒に食べると、もう箸が止まらない程です

sayomaru19-623.jpg

オーガニック野菜のお漬物
ニンジンやカブが使われていました
甘酢ですごく食べやすく味付けされていて、箸休めにはピッタリです

sayomaru19-625.jpg

そして出てきました。本日のメイン
長崎芳寿豚溶岩焼(ロース)
ジュウジュウと言っている、熱々の富士山の溶岩に乗せられて出てきた芳寿豚
とても375円とは思えない、ボリュームです

sayomaru19-626.jpg

テーブルの上でミディアムに焼いて貰い
付け合わせの大根スライスに巻いて頂きます

sayomaru19-627.jpg

はい、ここで驚くのは、豚肉ってよく焼いて頂くものって教えられていましたが
この芳寿豚は、非常に衛生的な環境で育てられているので安心なのです

甘くて柔らかくて、臭みが無い
本当は苦手な脂身も、抵抗なく食べられます
そしてさっぱりな大根と、ジューシーな肉が相性抜群ですね

これはお世辞抜きで美味しかったです
吉祥寺にまた行った際は、これ目的で、ここに来るかも知れません

sayomaru19-628.jpg

お土産にポテトチップも頂いちゃいました



にほんブログ村美容ブログ コスメへ   
   ランキングに参加しています。今日もワンクリックお願いします 
スポンサーサイト

じげもんとん 吉祥寺 居酒屋 長崎名物 芳寿豚 六十餘州

0 Comments

Leave a comment