日々美々

ARTICLE PAGE

☆2泊3日・久米島モニターツアー*スーパー織姫たちの人生をつむぐ旅

沖縄感動体験プログラム「WOW OKINAWA」が主催する
『スーパー織姫たちの人生をつむぐ旅』と題した、久米島ツアーに行ってきました

沖縄感動体験プログラムとは
観光閑散期への観光客の誘致を促進し、観光産業等の雇用環境の安定化や地域経済の活性化を図ることを目的として
オリジナリティー溢れるツアーモデルを実際に体験し検証する為に発足されたものです

つまり、沖縄は海だけじゃない。夏だけじゃない
もっと奥深く、沖縄の魅力を知る為の体験ツアー
そして私が幾つかあるツアーの中で選んだのが、今回のこの久米島のツアーでした

そんな訳で、1月21日、8時25分羽田発JAL905便~12時55分沖縄発JTA211便で
久米島に向かいました

sayomaru19-398.jpg

久米島空港では、熱烈な歓迎
参加者の中には、久米島の親善大使をやっていおられる方や
久米島のイメージガール(紬モデル)さんなど、つわもの揃いで、少々引き気味の私

12140744_719217884922461_6958419874254388555_n.jpg
(写真はFacebookからお借りしました)

sayomaru19-419.jpg

早速観光バスに乗り込み、まずは自己紹介&ツアーの概略

今回は、オフシーズンの久米島の魅力=久米島紬にスポットをあてたツアーで
殆どがそれに費やされるのかと思っていたのですが
まず連れて行って貰ったのが、築263年の上江洲家

sayomaru19-399.jpg
sayomaru19-400a.jpg

上江洲家は1754年ごろに建てられた琉球王朝時代の士族の家で、国の重要指定文化財
江戸時代後期の旧具志川城主の末裔で、代々地頭代(村長)を務めた旧家
綿糸や茶などを栽培し、紬の製法を民衆に広めるなど、久米島の産業振興に貢献したそうです

sayomaru19-420a.jpg

琉球石灰岩の石垣に囲まれているので、外からは家の中の様子を伺い知る事は出来ません

sayomaru19-401.jpg

家の柱は、イヌマキの木で出来ていて
台風の多い沖縄地方の家を支える、水や害虫にも負けない、丈夫な木なのです
赤い琉球瓦も大きな特徴ですね

sayomaru19-421.jpg

上江洲家
沖縄県島尻郡久米島町西銘816
久米島空港から車で約20分
見学時間:9時~18時(冬期は~17時30分)

sayomaru19-402.jpg


次に向かったのが、北西の海岸にそびえたつ

sayomaru19-405.jpg

ミーフガー
20mほどの巨大な岩礁で、崖の中央部分に切り裂かれたような穴が開いていることから
「女岩」という意味の「ミーフガー」という名がつけられたそうです

sayomaru19-403.jpg
sayomaru19-404.jpg

到着した日は、生憎のお天気で、雨は降ってはいないものの
とても沖縄の風景とは思えない程、波が非常に高く荒れていて、まるで日本海のようでした

sayomaru19-406.jpg
sayomaru19-422a.jpg

ミーフガー
沖縄県島尻郡久米島町仲村渠
空港から車で約15分

sayomaru19-407.jpg

久米島の自然・歴史・民俗・文化が、わかりやすく紹介されている
久米島博物館にやってきました

sayomaru19-408.jpg

久米島は、人口約8100人、面積約63km²、沖縄本島、西表島、石垣島、宮古島に次いで5番目に大きな島で
2002年には、これまでの具志川村と仲里村が合併して久米島町が誕生しました
農業は主にサトウキビ。1月~3月が収穫時期
指定文化財が100以上もあり、沖縄本島ほど戦争の大きな被害を受けて無い点が、大きく影響してるそうです
また、楽天ゴールデンイーグルスのキャンプ地としても有名です

sayomaru19-409.jpg
sayomaru19-410.jpg

館内は、「久米島の自然」「時代の移り変わり」「久米島の遺宝」「島の暮らし」をテーマに分け
それぞれに、興味深い展示物がたくさんあります

sayomaru19-411.jpg
sayomaru19-412.jpg

島に生きる動植物を、実物の資料や模型でわかりやすく展示したり
遺跡からの出土品や、島人の作った農具や漁具、生活用品などを多数展示されています

sayomaru19-413.jpg

展示室を見終わった後、久米島紬の予備知識のお勉強

sayomaru19-414.jpg

久米島紬は15世紀までは、琉球王国への貢物とされていた物が
明治以降、産業となり、2004年伝承されているその製作技術は国の重要無形文化財に指定されました

sayomaru19-415.jpg

蚕から取った真綿で紡いだ糸を原料糸とし、天然の草木、泥染めによって染色
織りは、手投杼を用いて丹念に手織りで作り上げていきます
その気の遠くなる様な作業は、本当に根気のいる仕事
一反出来あがるまで約3ヶ月間、織りだけでも約1ヶ月かかるのだそうです

sayomaru19-416.jpg

久米島紬が、大島紬よりも歴史が古い事もここで初めて知りました

久米島博物館
久米島町字嘉手苅542番地
098-896-7181 
開館時間 9時~17時
       (入館は16時30分まで)
休館日  毎週月曜日 国民の祝日


sayomaru19-418.jpg

博物館を後にし、ホテルにチェックイン
今回の宿泊先は、リゾートホテル久米島アイランド

日本の渚100選「イーフビーチ」の直ぐ近くにある、客室数200室の立派なホテル

sayomaru19-428.jpg
sayomaru19-424.jpg
sayomaru19-423.jpg

ホテルの敷地の真中には、プールやパターゴルフ場もあり
南国ムードたっぷりの開放的な雰囲気です

sayomaru19-427.jpg
sayomaru19-426.jpg

オフシーズンにも拘らず、お客様でいっぱいで、このホテルの人気度が伺えます

リゾートホテル久米島アイランド
沖縄県島尻郡久米島町真我里411
098-985-8001
http://www.kumeisland.com/


夕食まで時間があったので、奥武島にある、大人気のスパ「バーデハウス久米島」に連れて行って貰いました


to be continued・・・



久米島 沖縄 モニターツアー 久米島紬 上江洲家 ミーフガー 久米島博物館 
リゾートホテル久米島アイランド  スーパー織姫たちの人生をつむぐ旅



にほんブログ村美容ブログ コスメへ   
   ランキングに参加しています。今日もワンクリックお願いします 
スポンサーサイト

久米島 沖縄 モニターツアー 久米島紬 上江洲家 ミーフガー 久米島博物館

0 Comments

Leave a comment