日々美々

ARTICLE PAGE

☆心癒すアートの旅。瀬戸内国際芸術祭2016*粟島編・その4

10月17日~19日に行った、瀬戸内国際芸術祭のレポです

☆今年も行ってきました!瀬戸内国際芸術祭*粟島編・その1
☆心癒すアートの旅。瀬戸内国際芸術祭2016*粟島編・その2
☆心癒すアートの旅。瀬戸内国際芸術祭2016*粟島編・その3



2016年10月17日 瀬戸内国際芸術祭の旅・粟島

sayomaru18-566.jpg

次に訪れたのは「粟島芸術家村」
こちらも日比野克彦さんがディレクターを務め、2010年に発足した
若手美術家を支援する施設です

sayomaru18-584.png

日々の笑学校の「日々の」は、「日比野」にかかっているんでしょうね

sayomaru18-572.jpg

旧粟島中学校の校舎を利用していて、嘗てはこんなに大きな学校が存在していたのかと驚かされます

sayomaru18-573.jpg

粟島研究所と題したこの部屋
やはり、粟島海洋記念館で見た、日比野さんの様な作品

sayomaru18-574.jpg

今では消え失せようとされている島の歴史を、島民とともに掘りおこし
粟島に残された歴史的価値のある文化遺産、自然物などの標本の収集&展示がされていました

sayomaru18-575.jpg

最初の青い部屋の井戸は、何だったかよくわかりません(笑)

sayomaru18-581.jpg

次の展示室へ

sayomaru18-568.jpg

八田綾子「記憶の浜辺」

sayomaru18-567.jpg

女性らしい繊細なガラスアート
丸い作品は、この辺りで良く見かける海ほたるをイメージしているそうです
よく見ると、ブルーに輝いている部分がありますね

sayomaru18-569.jpg
sayomaru18-571.jpg

太鼓や松葉、貝など、粟島にゆかりのあるものをイメージして造られた作品
午後の陽ざしにキラキラと光り、これも時間帯によって色々と変化するのでしょうね

sayomaru18-570.jpg

とても美しい作品でした


sayomaru18-576.jpg

岩田とも子「粟島自然観察船」

sayomaru18-578.jpg

粟島に生きる、動植物の収集展
収集物多いですね(^_^;)

sayomaru18-577.jpg
sayomaru18-579.jpg
sayomaru18-580.jpg

部屋のインテリアにもなりそうな作品
この作品も粟島への想いが込められていますね

sayomaru18-582.jpg

松田唯「誰かの為の染物店」

sayomaru18-585.jpg

島民の方から作って欲しいものの注文をとり、イメージを膨らませて生地を染めて制作した作品

sayomaru18-415.jpg

そういえば、港から海洋記念館方向に向かう時に、橋に立ててあったこの旗
これもこの方の作成した物だったんですね

sayomaru18-583.jpg

ウエディングドレスや大漁旗なんてのもありました

sayomaru18-586.jpg

青木春菜「あわしま ようけ ようけ」

sayomaru18-587.jpg

島民と一緒に制作した、多数の張り子のお面から成る作品
大きな物は縦3.4メートル、横3メートルに達するそうです

sayomaru18-588.jpg

裏側もちゃんと作品となっていますね


次は同じく廃校になってしまった場所の作品

sayomaru18-589.jpg

茫々に伸びた雑草の向こう側に見える建物、旧粟島幼稚園です

sayomaru18-590.jpg

エステル・ストッカー「思考の輪郭」
とてもここが幼稚園だったとは想像もつかない、モノトーンの無機質な作品

sayomaru18-591.jpg
sayomaru18-592.jpg

左右の部屋には、白と黒、全く逆に色を使った、作品がありました
視覚的にとても面白い作品です

そのすぐ隣には、旧粟島小学校

sayomaru18-593.jpg

ムニール・ファトゥミ「過ぎ去った子供達の歌」
廃校の校庭に残された、空を指す3人の児童の銅像
旅立っていった生徒たちを表現しています

sayomaru18-594.jpg

そして校舎に入ると聞こえてくる、生徒たちの楽しげな声
誰もいない教室に、子供たちの元気な声(音声)
決して肝試しではありませんが、これ、日が暮れて訪れたら、かなりスリリングですね(笑)

sayomaru18-595.jpg
sayomaru18-596.jpg
sayomaru18-597.jpg
sayomaru18-598.jpg

まるで時が止まってしまった様な作品
島の嘆きみたいなものが、表現されていて
ちょっと考え深いですね

sayomaru18-599.jpg

2階の窓からは海が見え、良い場所にこの学校があったのだと、改めて感じます

sayomaru18-600.jpg

先ほど見た作品、エステル・ストッカー「思考の輪郭」が、上から見えます

sayomaru18-601.jpg

中学校もそうでしたが、とても大きな校舎
嘗ては、この島にもたくさんの子供が住んでいて、活気があった事がわかりますね


to be continued・・・


瀬戸内国際芸術祭 2016年の開催は終了しました
粟島に行こう
2013年の旅行記


瀬戸内国際芸術祭2016 粟島 日比野克彦




にほんブログ村美容ブログ コスメへ   
   ランキングに参加しています。今日もワンクリックお願いします 
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment