日々美々

ARTICLE PAGE

☆笠間日帰りの旅*「笠間稲荷神社」編

8月15日に行った、笠間日帰りの旅レポートの続きです

笠間日帰りの旅*「笠間芸術の森公園」編
笠間日帰りの旅*「茨城県陶芸美術館」編
笠間日帰りの旅*そば処「手打百藝 泰然」編


日本三大稲荷に数えられる、笠間稲荷神社にも立ち寄ってみました

sayomaru18-373.jpg

京都の伏見、佐賀の祐徳とともに日本三大稲荷のひとつで
1350有余年の歴史があり、庶民の神様として広く全国より信仰を集めています

関東の初詣参拝者数では第7位
明治神宮、成田山新勝寺、川崎大師、浅草寺、鶴岡八幡宮、大宮氷川神社に次ぎ
毎年80万人が訪れる、茨城県で最も参拝者数の多い神社だそうです

sayomaru18-372.jpg

生憎、一の鳥居と、二の鳥居の間が改修工事中で、真中の参道を通る事が出来なかったのですが
両端にある売店の前を通って、境内へ

sayomaru18-381.jpg

「楼門」
「萬世泰平門」と言い、昭和36年に竣工の建物

sayomaru18-374.jpg

こちらは、誠実に仕事・商売をする人や、ものづくりに取り組む人に仕事運・金運を導くパワースポットにもなっていて
ものを生み出す力を後押しするパワーがあるそうです

sayomaru18-375.jpg

「拝殿」
昭和35年10月の竣工で、神社建築の美と現代建築の粋を集めた豪壮かつ華麗な建物です

ご祭神:稲荷大神は宇迦之御魂命(うかのみたまのみこと)
五穀豊穣・商売繁盛・殖産興業・開運招福の守護神です

sayomaru18-376.jpg

素晴らしいのは、拝殿の裏手にある「本殿」
江戸時代末期、当時の名匠たちの手により施され、現在、国の重要文化財に指定されています

sayomaru18-377.jpg

外陣の軒回りは,禅宗様式尾垂木と組ものは二段の三手先
軒は二重繁垂木で、唐破風の向拝に兎毛通しは「波に泳ぐ龍」
梁の上には「中国の故事」,向拝中備には「三頭八方睨み龍」などがあります
内陣の外壁三方に七面の「蘭亭流觴曲水の宴(らんていりゅうしょうきょくすいうたげ)」が精巧に彫られています

sayomaru18-378.jpg

神使の福狐の群れでできた山「狐塚」
大小様々なお狐様が祀られていました

sayomaru18-379.jpg

東門の前には君が代にも謳われた「さざれ石(細石)」があります
さざれ石はパワーストーンの一つで、眺めだけで癒されると言われています

境内では、猫がのんびり寝ていたり、お参りのご年配客が、ベンチでうつらうつらしていたり
なんとも平和で穏やかな光景がありました

笠間に行ったら、こんなパワースポットにも、是非足を運んでみて下さい


にほんブログ村美容ブログ コスメへ   
   ランキングに参加しています。今日もワンクリックお願いします 
スポンサーサイト

笠間 稲荷神社 パワースポット 狐塚

0 Comments

Leave a comment