日々美々

ARTICLE PAGE

☆ カナダ建国150周年ブログアンバサダーイベントに行ってきました

来年2017年で、 カナダ建国150周年ってご存知でした
つまり、1867年に生まれた国

1867年と言ったら、日本では大政奉還が成立し、阪本龍馬が暗殺された年
なんて若い国なんでしょう

sayomaru17-480.jpg

さぞかし来年は、その建国を祝って、盛り上がりを見せるんでしょうね

そんなカナダの「カナダ150周年ブログアンバサダー」として
アンバサダー限定イベントに参加し
カナダについて、色々とお聞きしてきました

sayomaru17-481.jpg

私も2012年に1度、カナダを訪れしましたが
この日は、カナダの魅力を、改めてお勉強

sayomaru17-483.jpg

カナダの国土は世界2位
でも、人口は36位
因みに日本は10位 
如何にカナダが広大な自然を所有する国だという事がわかりますね

sayomaru17-484.jpg

カナダの国獣は、ビーバー
先住民は、ビーバーの皮をヨーロッパとの貿易の要にしていたそうです
ビーバーの皮は、耐水性に優れていて、帽子の素材にも使われていたんですって

sayomaru17-485.jpg

大陸横断鉄道は、カナダ人にとって重要な足
カナダを語るに、無くてはならないアイコンです


更にカナダの魅力について
カナダの3つ魅力は、「人」「文化」「自然」です

sayomaru17-486.jpg

「人」
様々な人種が暮らすカナダ
お互いに尊重し合い、お互いを高めあう意識が強いそうです
また人生を楽しむ手段を探す事を得意としています

sayomaru17-482.jpg

第29代カナダ首相を務めるジャスティン・トルドー氏
先日に伊勢志摩サミットの際に、その端正な顔立ちが話題となりました
教師経験もあって、「国民に寄り添う政治」をモットーとしているとの事

どこぞの首相と大きな違い

sayomaru17-487.jpg

「文化」
私がバンクーバーに行った時驚いたのは、アジア人がとても多く住んでいる事
またトロントも移民が多く住み、多文化都市でもあります
更にケベックはフランス語圏

カナダは、現在も継承されている先住民文化と
様々な国の多文化とがうまく融合した国なんですね

sayomaru17-488.jpg

「自然」
旅行者のカナダを旅する理由が、この大自然
カナディアンロッキー、ナイアガラ、オーロラと魅力は尽きませんね


このカナダの魅力をたっぷりと味わってきた、贅沢者さんが登場

sayomaru17-489.jpg

カナダ建国150周年記念ドラマ「モザイクカナダ」に出演し
カナダの魅力を紹介されている女優の安田早紀さん

こちらでご覧いただけますhttp://canada.jp/mosaic/

お仕事とはいえ、うらやましい限りです


そしてお待ちかねのお食事TIME

sayomaru17-492.jpg

美しくディスプレーされた、お料理の数々

sayomaru17-490.jpg
sayomaru17-491.jpg
sayomaru17-493.jpg
sayomaru17-494.jpg
sayomaru17-496.jpg

・バノック メイプルシロップと自家製のジャムを添えて
・スモークサーモンのピンチョス
・ローストビースとつけ合わせ
・鴨のメープルグレーズ
・ピエロギ(焼き&揚げ)チーズのソース 
 (中身は、マッシュポテトとひき肉)
・みかん(和歌山県産)

・自家製ジンジャーシロップのジンジャエール
・りんごジュース
・アイスティー

sayomaru17-495.jpg

さすが多文化国だけあります
カナダの食には、これだけの国の影響を受けたものがあるそうです

例えば
バノックと言う料理は、先住民の食べ物
ローストビーフは、ご存知イギリス料理
ピエロギは、ウクライナ料理

ウクライナは、カナダ開拓に一番貢献した国だそうで
その際に、一番多く領土を受け取り
他国よりもウクライナ系移民の割合が多いんですって

そして面白いのが温州みかん
寒い季節に果物が無かったカナダで、冬でも食べられるフルーツとして
クリスマスシーズンになると輸出されるそうです

sayomaru17-497.jpg

どのお料理も美味しかったけれど、季節外れのみかんは
格別甘く、美味しかったなあ


今、移民問題で色々と騒がしい世の中ですが
カナダの様に、上手に共存共栄できればいいのですが
あっそれでもテロ対策で色々と頭を悩ませている、ともあります
これは、今回のイベントとは全く関係ないんですけどね・・・



にほんブログ村美容ブログ コスメへ   
   ランキングに参加しています。今日もワンクリックお願いします 
スポンサーサイト

カナダ 建国150周年 アンバサダーイベント ジャスティン・トルドー

0 Comments

Leave a comment