日々美々

ARTICLE PAGE

☆ルイ・ヴィトン回顧展*空へ、海へ、彼方へ─旅するルイ・ヴィトン

現在東京紀尾井町で開催されている、ルイ・ヴィトンの回顧展を見に行ってきました

sayomaru16-909.jpg

空へ、海へ、彼方へ─旅するルイ・ヴィトン展
開館時間
2016年4月23日(土)-2016年6月19日(日)
午前10時-午後8時(最終入場は閉館30分前まで)
休館日:月曜日(5/9, 5/16, 5/23, 5/30, 6/6)


この展覧会の為だけに建てられた特設会場で
しかも入場料無料です
さすが一流ブランド

以前エルメスが、上野の東京国立博物館で回顧展をやりましたが
それに匹敵するほどの素晴らしい内容

エルメスの回顧展は、こちらこちらこちらでレポートしました

今回はカメラを忘れて、スマホ写真なので、きちんとした写真をご紹介出来ないのですが
また、期間中に行って、改めてレポートしたいと思っています

なのでざっくりとご紹介

sayomaru16-910.jpg

先ほども書いたように、この展覧会の為に建てられた特設会場
なので住所はありません
赤坂見附駅をホテルニューオータニを左手にして、坂を上った、ドンツキにあります

見附か銀座からシャトルバスも出ています(至れり尽くせり)

入場の際、受付に行きますが、オンライン予約もあるので
日にちと時間が決まっていたら、予約しておくと
そのままスムーズに入場できますよ


展覧会は、そのタイトル通り「旅」がテーマで、旅をテーマとする10章で構成されています
最初にお目見えするのが、トップの写真の「1906年のトランク」です

旅行鞄専門店だったヴィトンは、様々なトランクを生み出しました
そのヴィンテージトランクが、たくさん展示されています

 
木材

sayomaru16-953.jpg

トランクの製造に必要不可欠な木材。且つヴィトンが最も得意とする分野でもあるそうです


クラシックなトランク

sayomaru16-936.jpg
sayomaru16-938.jpg
sayomaru16-937.jpg

『クラシックなトランク』の部屋には、ワードローブトランク、書類トランク、デスクトランク、帽子トランクなどが展示されています

sayomaru16-939.jpg


旅の創造

このテーマの部屋は5つに分かれています
「冒険」「ヨット」「自動車」「空の旅」「列車」
それぞれに、そのイメージを再現するような展示方法が成されていて、とても楽しめます


~冒険~

sayomaru16-940.jpg

1924年から1925年にかけて、シトロエンが結成した「探検用自動車」のプロジェクトに参加した時の物

sayomaru16-946.jpg


~ヨット~

sayomaru16-941.jpg

アメリカスカップで知られているように、元々ヴィトンとヨットは繋がりが深かったんですよね

sayomaru16-942.jpg

スティーマーバッグは、その海の旅用に造られた物
デッキで着用する為の、サマードレスも素敵でした


~自動車~

sayomaru16-943.jpg

そんな物まで、旅に持って行くの
と言いたくなっちゃう程、様々な収納トランク&バッグが展示されています
ワードローブ用はもちろん、帽子用、靴用などなど
タイヤ用のケースまでもあったのには、ビックリ

sayomaru16-944.jpg


~空の旅~

sayomaru16-945.jpg

20世紀初頭、飛行船から飛行機へと、新しい旅の領域を開拓に関わったヴィトンは、その飛行士や乗客の為の軽量で機能的なラゲージを開発

sayomaru16-947.jpg


~列車~

sayomaru16-948.jpg

様々な輸送手段の進化と共に、旅行者の快適さを追求する技術的な開発も進みました
寝台車の座席の下に置ける、キャビントランクやトラベルバッグ、ナイトバッグなどが流行に

sayomaru16-950.jpg
sayomaru16-949.jpg

また衣装も改良が重ねられ、旅の新しいスタイルが誕生

こうやって見ると、昔のセレブって本当に贅沢だったのだと感じさせられます
まあ、ヴィトンを愛用していた人たちですもんね
当たり前と言っちゃ当たり前か

sayomaru16-951.jpg

当時のホテルのラベルも、可愛いですね


ウール・ダプサンス(余暇の時間)

sayomaru16-960.jpg

デスク・トランク、ライブラリー・トランク、ライティングデスクなど
様々な「書」に関するもので溢れています

読書する事、執筆する事をこよなく愛した、孫のガストン・ルイは
やがて活版印刷へと情熱が向き、モノグラムへの関心と融合していきます

sayomaru16-966.jpg

この部屋の壁一面に、モノグラム

sayomaru16-952.jpg
sayomaru16-965.jpg

そしてここで、まだ記憶にも新しい、マークジェイコブスデザインの「グラフィティ」がお目見え


絵画用トランク

sayomaru16-967.jpg

アートディーラーである、ルネ・ジャンベル氏の依頼によって
造られたのが、絵画がすっぽりと入るトランク

また、国際赤十字の150周年を記念して、スペシャルオーダーで作られた手術道具用トランクも


興味深いトランク

sayomaru16-968.jpg

ガストン・ルイがコレクションした、古いトランクの数々


ファッションとビューティー

~セレブリティの為のトランク~


sayomaru16-956.jpg

1920年代から30年代にかけて、数多く造られたのが
ガーメントバッグ、クロコダイルやモロッコレザーの化粧道具ケース
ガラス瓶、ジュエリーボックスなど
クラフツマンシップを兼ね備えた、機能美溢れるもの

sayomaru16-955.jpg

グレタガルボやキャサリンヘップバーンなどの往年のスターたちの
ドレスを収納する、ワードローブトランクもあり


~化粧ケース~

sayomaru16-961.jpg

1927年に初のフレグランスが誕生
ガストン・ルイは植物をテーマにした様式的なボトルデザインを造り出しています


~ファッションとクリエーション~

sayomaru16-958.jpg

約16年間、アーティストディレクターを務めたマークジェイコブズは
現代を代表する、アーティストたちとコラボレーションしてきました
後を継いだニコラ・ジェスキエールも、伝統の中にオリジナルを加え
今までにないコンテンポラリーな世界を築き上げています


ミュージック・ルーム

sayomaru16-959.jpg

繊細で慎重な取り扱いが必要な楽器は、もっとも持ち運びが難しいアイテム
それをルイヴィトンは、愛情を込めて、洗練されたデザインのケースを作成しました


インスピレーションの国 日本

sayomaru16-962.jpg

村上隆や草間弥生、川久保玲とのコラボ
更には歌舞伎役者の為のトランク型鏡台など
日本との共通性を見出し、同区躁的かつ革新的なデザインを生み出してきました

sayomaru16-963.jpg
sayomaru16-957.jpg


以上がざっくりとした展示内容です

sayomaru16-964.jpg

ガイド付きの見学や音声ガイドも用意されていて、本当に至れり尽くせりの展覧会
ヴィトンファンの人も、そうでない人も、観る価値のあるものだと思います

ぜひ足を運んでみてね

sayomaru16-969.jpg



にほんブログ村美容ブログ コスメへ   
   ランキングに参加しています。今日もワンクリックお願いします 
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment