日々美々

ARTICLE PAGE

☆ 旅行写真の権利、ブログ掲載の安全性について、お勉強してきました

普段何気なく写真を撮って、ブログやSNSにアップして
あれ、これってなんちゃら権利に引っかからないかな訴えられないかな
なんて不安になる事って無いですか
何が安全で、何が危ないのか。何に気をつければならないのか
無用なトラブルに巻き込まれない為に、ちゃんと知っておくことも必要かな
そんな勉強会に参加する事ができ、なかなか面白いお話を聞く事が出来ました

sayomaru15-315.jpg

講師の先生は、河瀬 季 弁護士(かわせ とき)
法律的見地からお話頂きました

河瀬弁護士の個人サイト

sayomaru15-316.jpg

写真や動画アップなどで発生する可能性があるものには
肖像権、パブリシティ権、著作権などあります

たまたま撮った風景の中に、人物や物が写り込んでいる写真
広い範囲で、たくさんの人がその風景の一部として写り込んだ写真
これってブログに載せる上で一番気になる点ですよね

たとえば、こちら側に悪意はなくても、たまたま渋谷の交差点を
仕事をサボって歩いて人が写りこんで、サボっていた事が会社にバレた
個人のプライバシー権が侵害された事になりますが
故意に狙って撮っている写真でない限り、賠償問題にはならないそうです

しかし、これがタレントさんなどの知名度のある人の場合はまた違ってきます
それがパブリシティ権というもので
例えば、たまたまコーヒーチェーンに居た芸人さんが、写り込んだ写真を
ブログに使うと、プライバシーの侵害であると共に、商業的価値のある彼らはその場所の宣伝になってしまいます

当然それを利用するような行為もNG
実際にあった話ですが、とある週刊誌が有名歌手の振り付けを利用したダイエット法を紹介する記事で、その歌手の写真を無断で紙面に掲載したことに対し、歌手側がパブリシティ権の侵害であるとして、損害賠償を求めた事件があったそうです

まあブログでそこまでやる人はいないと思いますが
注意はしたいですね

sayomaru15-317.jpg

それから、著作権
著作権は特許権や商標権にならぶ知的財産権の一つとして位置づけられています
こちらも原則、公開はNGですが、例外があります
実用品や、大量生産品、野外の美術品、またそのデザイナーや作家が死後50年以上経っている物
に関しては対象とならないそうです

それでは、有名な建築家がデザインした個人宅は
雑誌で取り上げられる様な、有名シェフが作ったお料理は

純粋美術に該当するかしないか、そこいら辺でも変わってくるそうで
どこが境界線か結構あやふやで、著作権的に判断が難しいものがあるそうです
また国によっても捉え方は様々でしょうからね

そして、一番気をつけるべきものが住居権

sayomaru15-333.jpg

撮影禁止と掲示してある場所に撮影目的で入るのは、住居侵入罪になってしまいます
これはわかりますよね
例えば、とあるコンサートでアイドルが歌っているものを撮影しても、実は肖像権、パブリシティ権の侵害とはならず
撮影禁止のコンサートで撮影したという住居権の侵害となるそうです
ちょっと面白いでしょ

ただ、これはあくまで敷地内での話で、公道から撮影禁止のものを撮るのは全く問題ないそうです。望遠レンズで公道から撮影する事も問題なし
目から鱗

でもでもこれはあくまでも法律上の事であって
最低限のマナーを守るのは、人として常識ですよね
ヤバいかなと気になったら、止めておくのが賢明
他人のプライバシーに土足で踏み入れる真似は止めたいですね



にほんブログ村美容ブログ コスメへ   
   ランキングに参加しています。今日もワンクリックお願いします 

スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment