日々美々

ARTICLE PAGE

☆先輩!たまにはこういう店連れてきて下さいよ*鳥幸French

太っ腹な先輩に連れてきて貰えるのなら、こんな店が良いな
ええ、焼き鳥屋なんですよ
だから、気後れする事無いでしょ
場所?恵比寿です。お洒落でしょ
落ち着いた雰囲気で、久しぶりに先輩とゆっくりと語り明かしたいなぁ

なんて会話した訳ではありませんが・・・

大好きなパイセンを誘って、もちろんパイセンのおごりで行きたい焼き鳥屋
恵比寿にありました

sayomaru14-222.jpg

鳥幸French
渋谷区恵比寿西1-13-6 ブラッサムZEN 3F
03-6455-3485
http://j-toriko.com/french/

sayomaru14-240.jpg

駅から歩いて3.4分
恵比寿神社のすぐ裏側、新しいビルなのかな
まだ3店舗しか看板が出ていませんね

大きな看板は無いので、ここも気を付けていないと見逃してしまいそう
エレベーターで3階まで上がると・・・
暗い・・・
入口、どこ???

sayomaru14-224.jpg

木の扉のこのマークを見付けて下さい。ここが入口です(笑)

sayomaru14-223.jpg

店内はカウンター席(20席)のみ
お客様1人1人と対面して、お料理の提供が出来る
おもてなし上手なお店って事ですね

sayomaru14-236.jpg

ワインの種類、豊富ですね

sayomaru14-279.jpg

しかも、えっナイフとフォーク

あれ、気付きませんでした?店名
Frenchって書いてあるでしょ
ここは、焼き鳥屋は焼き鳥屋でも、日本を代表するソムリエ(大越基裕氏)が厳選したワインと合わせて頂くお店なんです

なんだよ~~お。焼き鳥にはビールだよ~~~お
なんて言ってるパイセン
騙されたと思って一度チャレンジしてみて下さい
必ずや、納得できる筈

sayomaru14-226.jpg

こちらのメニューは、焼き鳥とワインがペアリングされたコースが人気なのですが
今回は、お友達の配慮で、アラカルトで頂きました

まずはシャンパン(名前、控えなかった

sayomaru14-225.jpg

カマンベールチーズとアンチョビのオーブン焼き

器は和、お料理は洋
既にフレンチとのコラボが始まっていました

sayomaru14-229.jpg

とろとろのカマンベールを、熱々の内にバゲットに乗せ
サクサクとろ~~りと頂きます
う~ん、チーズが濃厚チーズ好きにはタマラナイ一品

sayomaru14-227.jpg

元気野菜のテリーヌ

わ~い、夏野菜の花畑や~~あああ
と、彦摩呂さんなら絶対に言ってた
本当に美しいお料理

人参、キュウリ、パプリカ、カリフラワー、ヤングコーン、いんげんなどなど
サクサクと歯応えも良く、クールダウンしてくれる夏野菜がたっぷり
女性には嬉しいメニューです

sayomaru14-228.jpg

フォアグラの西京漬け

耳を疑う様なメニュー名
な、な、なんですか。フォアグラを西京漬けにしたって
西京漬けと言ったら、普通は魚でしょ
それをフォアグラでやってしまうなんて
やっぱりこの店、ただ者ではない

西京味噌の甘みがたっぷりで、フォアグラの臭みが無く
まるでスイーツの様な円やかさ
そしてサイドにかけられているソースは、バルサミコ酢
だから、甘みがしつこく無く、意外とサッパリと頂けるんです
更に、白いスプーンの様な皿に乗っているのが、ドライイチジク
これ、ヤバい
これだけでワインがどんどん飲めちゃいそうな美味しさ
お替りって言いたかった

そして主役の焼き鳥くん達が登場
こちらの焼き鳥は、八ヶ岳で育った「甲斐路軍鶏」を使用
1串1串、目の前の厨房で焼いて下さり、焼きたてが次々と出されてきます

sayomaru14-280.jpg

焼き物のメニュー
何、何、「心のこり」「ソリレース」
知らない部位名だらけ

sayomaru14-230.jpg

さび焼き

多分部位はささみだと思われますが
中がちょっとレアでしっとりとして、とても柔らかい
淡白なささみの風味を、わさびでちょっとパンチを効かせているって感じ
タマラナイですね

sayomaru14-231.jpg

ぎんなん

定番のぎんなん
何処のものか聞き忘れましたが、しっとりと焼き上がったぎんなんは
お芋の様な歯応えで美味しかった

sayomaru14-232.jpg

ふりそで

この名前で何処の部位だかわかりますよね
人間で言う所の・・・気になるあの場所、二の腕
ジューシーでもちっとしていますね
鶏さんの二の腕も、やっぱり締まってはいないのね(笑)
ゆず胡椒で頂きました

sayomaru14-233.jpg

金針菜

初めて食べました
ニッコウキスゲなどのキスゲ科の花のつぼみなんですって

クセが無くとても食べやすいです
鉄分やビタミンA・Cが豊富で、古くから生薬(漢方薬の原材料)としても用いられているそうで
これからは見付けたら進んで食べるようにしたいなあ

sayomaru14-234.jpg

ちょうちん

こういうグロい部位(失礼!)は、私1人だったら絶対に食べないんだけれど
思い切ってチャレンジしてみました

玉子になる前の玉子
黄身がギュッと濃縮された感じ
甘ダレで味付けられているので、臭みは殆どありません
焼き鳥通を唸らせるメニューですね

sayomaru14-235.jpg

ソリレース

名前に疑問を持ち、何処の部位だか聞いてみたら
特別に焼いて下さいました

もものつけ根の肉なのだそうです
岩手の久慈軍鶏のもので、1羽から2個しか取れない希少部位
キロ4000円もするそうで、ひゃ~~~あああ、心して頂きます

もものつけ根ですものね。ジューシーで締まっています
告白します。これ、大好きです

sayomaru14-237.jpg

特別な焼き鳥を頂いた後に・・・
ご飯モノを頂きました

親子丼

見て!この玉子の色の濃い事
正統派の親子丼も、玉子1つでこんなに違う
見ただけで、その味の濃厚さがわかりますね

もう1つ

sayomaru14-239.jpg

カルボナーラ

そんじょそこら食べるものとは、全く違いますね
ほんのりと甘みがあって、濃厚です
ここのカルボナーラを知ったら、他では食べられなくなりそう

sayomaru14-238.jpg

スパークリングの後は、ずっとシャルドネを飲んでいましたが
今度は、きちんとお料理に合わせてワインを選んでみたいですね

そして最後に出して頂いた「あがり」

sayomaru14-281.jpg

その湯呑みに、一同目が点
なんて読むの
そうなんです、これ、全部造語なんです
お寿司屋さんで出される魚偏の漢字が書かれた湯呑みを
パロったものなんですって


こんなお茶目な「落ち」も、先輩はきっと嫌いじゃない筈
だ、か、ら
給料後の花金、予約入れておきますからね

鳥幸 French

夜総合点★★★☆☆ 3.8



関連ランキング:焼き鳥 | 恵比寿駅代官山駅中目黒駅






にほんブログ村美容ブログ コスメへ   
   ランキングに参加しています。今日もワンクリックお願いします 
スポンサーサイト

焼き鳥 フレンチ ワイン 恵比寿 鳥幸

0 Comments

Leave a comment