日々美々

ARTICLE PAGE

☆初春の長崎へ*長崎市・興福寺と眼鏡橋編

3月の長崎旅行レポートの続きです

☆初春の長崎へ*佐世保&九十九島編
☆初春の長崎へ*ハウステンボス編
☆初春の長崎へ*出雲&島原編
☆初春の長崎へ*長崎市・出島編
☆初春の長崎へ*長崎市・軍艦島編
☆初春の長崎へ*長崎市・ディナー編
☆初春の長崎へ*坂本龍馬ゆかりのスポット編



sayomaru14-152.jpg

龍馬ゆかりのスポットを回り終わり、激しく降り始めた雪の中、一軒の寺入ってみました

3月10日 興福寺

sayomaru14-174.jpg

龍馬通りのある辺りは、寺町と呼ばれていて
寺町通りには、2社14寺がほぼ一列に並んでいます

教会の多い長崎ですが、ここには長崎最古の寺を初め
日本最古の唐寺や中国の影響を受けた墓域が続いています

その中の1つ

sayomaru14-154.jpg

日本最古の黄檗宗(おうばくしょう)の寺院、興福寺
雪でわかり難いかもしれませんが、山門は総朱丹塗り

1624年(寛永元年)に中国僧の真円により創建された。崇福寺・福済寺とともに長崎三福寺の一つに数えられる。本寺には、浙江省・江蘇省出身の信徒が多いため、南京寺とも称せられた。黄檗宗の開祖隠元隆琦ゆかりの寺院で、本堂にあたる大雄宝殿は国の重要文化財に指定されている



sayomaru14-176.jpg

驚くほど広い境内

sayomaru14-155.jpg

これが、大雄宝殿 本堂

この建物は1632年、第2代住職・黙子如定(もくすにょじょう)禅師が建立したが、大火や暴風で大破したため再建を繰り返し、現在の建物は明治16年(1865)に再建したものだ。しかし、昭和16年に改修工事を行った直後に原爆の爆風を受け背後の山に向かって倒れかかる格好となったため、立て起こしのみを行ない現在に至っている


反り上がった屋根と、屋根の上にチョコンとある瓢瓶(ひょうびん)も、中国南方建築の特徴

sayomaru14-157.jpg

柱や梁には、人物、鳥獣、花が彫刻され、アーチ型の黄檗天井も美しいですね

お隣の媽祖堂

sayomaru14-177.jpg

航海の神、媽祖様が祀られています
長崎へ来航する唐船にも必ず「媽祖」が祀られ、停泊中は船から揚げて唐寺の媽祖堂に安置したそうです
sayomaru14-156.jpg

こちらはかなり年季の入った建物
中島聖堂遺構大学門
東京の湯島聖堂、佐賀県の多久聖堂と共に日本三聖堂のひとつで最も古く由緒あるもの

元々ここにあったものではなく
中島川河畔にあった物を、保存のため興福寺境内に移築

sayomaru14-175.jpg

こちらも重要文化財、旧唐人屋敷門

来舶唐人の民宿を禁じて、1689年に十善寺郷御薬園跡に建てられた唐人屋敷に居住させることとした。約3万平方メートルの敷地には住宅・店舗・祠堂その他が軒を連ね一市街地を形成した
その後数度の火災があったが、1784年の大火で関帝堂を残し他は悉く焼失、以後唐人自前の建築も許された。この門の用材は中国特産の広葉杉(こうようざん)で、 建築様式も中国式特有のものであり、天明大火以後の唐人住宅門と思われる。 旧唐人屋敷内に遺存していたのを、保存のため、 1960年現位置に移築された



sayomaru14-172.jpg

魚板
お坊さん達に飯時を告げるために叩いた木彫の魚
興福寺のこの魚板は日本一美しいと定評があるそうです

さて、この寺にやって来た本当の目的
それは、お茶が頂けると聞いたから

sayomaru14-158.jpg

母屋に通され、庭の見える部屋で待ちます
古いお家故、すき間風ピューピューでかなり寒かったのですが
気遣ってストーブを用意して下さいました

sayomaru14-159.jpg

お抹茶と和菓子(800円)
ホッコリとしました

寺を出て、徒歩5分程の所にある眼鏡橋に再びやって来ました

sayomaru14-161.jpg

実はこの眼鏡橋興福寺と深い繋がりがあったのです
1634年に興福寺の2代目住職、黙子如定(もくすにょじょう)が架けた物で
中島川に架かる、日本最古の石造二連アーチ橋なのです

sayomaru14-162.jpg

1648年の洪水で損壊するが修復され、その後の度重なる水害にも耐えてきたそうです

sayomaru14-160.jpg

当然名前の由来は、水面に写る部分と合わせると眼鏡のように. 見えることから付いていますが
この日は、川の流れが激しく、昨夜のライトアップの方が、眼鏡に見えましたね

友達がオチャラケてくれました

ここで、やけに親しげに話しかけてくるおじ様と遭遇
この堤防にはハートの形をした石が多数はめられているそうで
その場所を、ご親切にも教えてくれたのです

まず1つ目

sayomaru14-169.jpg

ちょっと強引な気もしないではないですが

sayomaru14-163.jpg

もっとわかりやすいのが

sayomaru14-170.jpg

これは間違いなくハートですが・・・
オマケがあります

sayomaru14-164.jpg

その上に「i」の字をした石
つまり、これで、「I LOVE・・・」と読むらしい

更に強引なのが

sayomaru14-168.jpg

えっどこにハート

sayomaru14-165.jpg

( ̄へ ̄|||) ウーム

ウィキによると、20個前後のハートの石があるそうですが
それを全部このおじ様は知っていたのでしょうか

sayomaru14-167.jpg

これは・・・

sayomaru14-166.jpg

おじ様いわく、スヌーピーだそうです(笑)

sayomaru14-171.jpg

時間があったら、もっとゆっくり探していたかもね

最後に

sayomaru14-173.jpg

おじ様に3ショット撮って貰いました
これが、ほんとうの「I LOVE YOU」だよって


to be continued・・・


にほんブログ村美容ブログ コスメへ   
   ランキングに参加しています。今日もワンクリックお願いします 


スポンサーサイト

長崎 旅行 興福寺 眼鏡橋 国宝 重要文化財

0 Comments

Leave a comment