日々美々

ARTICLE PAGE

☆初春の長崎へ*長崎市・出島編

3月の長崎旅行レポートの続きです

☆初春の長崎へ*佐世保&九十九島編
☆初春の長崎へ*ハウステンボス編
☆初春の長崎へ*出雲&島原編


出雲から長崎市に向かう朝、雨が降りました
今回の旅で初めての雨

sayomaru13-861.jpg

3月9日 長崎市内 出島

雲仙9時発のバスで、約1時間40分
10時40分に長崎駅に到着
そこから、今夜泊るホテルに行き、昨日から長崎入りしていた熊本の友達と合流

その足で、ホテルのすぐ傍にある出島

sayomaru13-890.jpg

出島はご存知、江戸幕府の鎖国政策の一環として長崎に築造された人工島
ポルトガル人によるキリスト教の布教を禁じ、住民と隔てる為に造られました

鎖国期に西洋に開かれた唯一の窓口となり
様々な貿易品や学術、文化などが伝えられました

ところで教科書で習い見た出島は

sayomaru13-886.jpg

それが現在は

sayomaru13-885.jpg

移築したかと思っちゃいますよね

安政6年(1859年)から、徐々に周囲が埋め立てられ
明治37年(1904年)には、その周辺は第二期港湾改良工事によって、完全に埋め立てられてしまい、かつて扇形をしていた出島は姿を変えてしまったそうです

sayomaru13-862.jpg

西側メインゲートから入って
まずは左手にある「一番船船頭部屋」

sayomaru13-892.jpg

オランダ船船長の宿泊所、および商館員の住まいとして使われていて
1階は倉庫として使用されていた土間

sayomaru13-891.jpg

2階の船長の部屋

sayomaru13-888.jpg
sayomaru13-889.jpg

オランダ商館員の部屋
女性の部屋かと思わせる程、調度品が可愛いですね

復元でしょうが、家具のデザインも素敵です

sayomaru13-893.jpg
sayomaru13-907.jpg
 
その隣には、.一番蔵・ニ番蔵・三番蔵と蔵が続きます
砂糖や染料の材料などの輸入品が収納されていたそうですが
現在は、展示場となっています

sayomaru13-896.jpg
sayomaru13-897.jpg

美しい調度品が持ちこまれたのはもちろんですが
こんな物までも

sayomaru13-895.jpg
sayomaru13-894.jpg

植物や動物も持ち込まれた様で、さぞかし当時の日本人は驚いたでしょうね

蔵の反対側には、出島で一番大きい建物「カピタン部屋」があります

sayomaru13-899.jpg

オランダ商館長(カピタン)の事務所や住居として使用されていた建物
出島で一番、力を入れて復元させた、自慢の建物だと係の方がおっしゃっていましたが

sayomaru13-864_2015062020205263d.jpg

そうおっしゃるだけの事がありました
その美しさたるや

まず目についたこの建物の大きな特徴は、外から二階へ直接通じる、屋根付き三角階段
そして二階に上がると、明るい玄関の間

sayomaru13-900.jpg
sayomaru13-901.jpg

壁紙や天井に使われているのが、唐紙というもの
中国の唐から伝わった美術紙のことで、初めは料紙(書道の紙)として使われていたようです
和洋折衷様式と言われていますが、中国の要素も入っていますね

sayomaru13-910.jpg

とてもモダン
これだけで、部屋中が華やかになりますね

しかしこの唐紙、現在の壁紙と違って、半紙位の大きさ(書道紙に使われていたくらいですから)
それを、1枚1枚繋ぎ合わせて、壁や天井に貼っているのです

sayomaru13-906.jpg

カピタン部屋の間取り
これを見れば、この建物がどんなに大きいかわかるでしょ

sayomaru13-904.jpg

17.5畳の部屋
玄関脇にある、主要な事務を執る部屋だったと考えられています

sayomaru13-905.jpg

15畳の部屋
やはり商館の事務室として使われていたそうです

sayomaru13-902_20150620203510332.jpg
sayomaru13-903.jpg

大広間
35畳もある最も広い部屋で、日本の役人や大名などが出島を訪れた時の、接待の場所としても使われていました

sayomaru13-908.jpg

涼所
ここから当時は、海が臨めたそうです
この手すりのデザイン、建築に詳しくないので何式と言うのでしょうか
そしてガラスや緑のペンキは、オランダから持ち込まれたものだそうです

sayomaru13-909.jpg

更に先に進むと、輸出用の陶磁器などの倉庫であった石倉

sayomaru13-911.jpg

その横に

sayomaru13-887.jpg

対岸の長崎の町から出島に通じる唯一の出入口表門

sayomaru13-898.jpg

更に、美しい洋館の「旧長崎内外クラブ」
1903年(明治36年)に、長崎に在留する外国人と日本人の親交の場として建てられました

sayomaru13-912.jpg

「ケンペル・シュンベリー記念碑」
出島の三大学者、ケンペル(1651~1716)、ツュンベリー(1743~1822)、シーボルト(1796~1866)
そのシーボルトが、他の2人の学者の偉業を顕彰して建てた記念碑

sayomaru13-866.jpg

ミニ出島もありました

sayomaru13-865_20150620202053993.jpg
sayomaru13-867.jpg

実物の15分の1の模型
何故か賽銭が置かれていました(笑)
日本人って面白いね

sayomaru13-863_20150620202051a07.jpg

ここは、1つ1つじっくりと見ていると、とても時間を要する所ですね
もっと見ていたいという気持ちを抑え
次なる目的地へ

そう、例のあの場所へ
雨はすっかり止み、青空が広がっています

to be continued・・・


にほんブログ村美容ブログ コスメへ   
   ランキングに参加しています。今日もワンクリックお願いします 

スポンサーサイト

長崎 出島 旅行

0 Comments

Leave a comment