日々美々

ARTICLE PAGE

☆たびらいバスツアー*初夏の尾瀬を楽しんで来ました①

夏が来れば思い出す・・・
今年は全国的に、既に夏の陽気なので、この詩がピッタリ

その群馬県・尾瀬に行ってきました

sayomaru13-692.jpg

6月上旬に見頃になると言われていた、水芭蕉
連日の暑さで、既に満開に
爽やかな初夏の風、雪解けの清らかな水で、その美しさは一層増していました

さて、今回もバスツアーを利用して行ってきました
四季の旅尾瀬ハイキングツアーは、朝に東京を出発して夕方戻るものと
深夜に出て車中泊し、翌日に戻るコースがあります

私は前者で

sayomaru13-724.jpg

新宿駅西口・都庁大型バス駐車場を7時に出発
関越自動車道を北上
2時間程走って、最初の休憩所、赤城高原SAに到着

sayomaru13-661.jpg
sayomaru13-660.jpg

このSAの素晴らしいのは、高台にあって谷川岳など、新潟県との県境にある山々が一望できる事

sayomaru13-659.jpg

まだまだ雪が残っていますね

20分の休憩後、再びバスの旅
1時間位走り、尾瀬岩鞍リゾートホテル前で、小型のバスに乗り換えます
尾瀬には、大型の観光バスでは、乗り込めないそうです

sayomaru13-662.jpg

47名の参加者は2台に分かれて、バスに乗ります

そこから県道を走る事約40分
尾瀬ハイキングのスタート地点である鳩待峠に到着

sayomaru13-663.jpg

ベストシーズンだけあって、やはりお客様が大勢いらっしゃいますね

鳩待峠ってこんな所

sayomaru13-664.jpg

尾瀬ハイキングのスタート地点である鳩待峠へは、マイカー規制されている為、最寄の集落にある駐車場からバス・タクシーなどの登録車両に乗り換える事が義務付けられているそうですが
乗合バスや乗り合いタクシーもあるようです

そして大きな休憩所もあります

ここには食堂やお土産屋などが充実
戻って来た人たちの憩いの場になっています
こちらは帰りに寄ってみましょう

sayomaru13-665.jpg

入山口にある尾瀬の看板、誰もがここで記念撮影
手に持っているものは、この看板の横にあるボックスにありました

sayomaru13-666.jpg

内容は、地図と入山にあたっての注意事項

sayomaru13-716.jpg
sayomaru13-715.jpg

ゴミは持ち帰る
湿原には踏み込まない


などの当たり前な事から

動植物を持ち込まない、持ち帰らない
靴底についた外来植物の種を落としてから入山
山小屋では、石けんやシャンプーの使用を自粛


などが書いてありました

実は尾瀬は、東京電力がその7割を保有していて、自然保護に取り組んでいるのだそうです
外来種の種にまで気を配るなんて

sayomaru13-667.jpg

これが入口の写真ですが、下の緑色の部分が、種を落とすもの
よくある、靴の泥を落とす玄関マットみたいなものですね

これも全て、尾瀬の生態系を崩さない為

sayomaru13-669.jpg

同じツアーの方で、めちゃくちゃお洒落で、格好良い女性にモデルになって貰いました
山が大好きで毎週のように行っておられるとの事
一眼レフも様になっていらっしゃいます

この人について歩けば、いい写真のポイントを教えて貰えそう

sayomaru13-668.jpg

あっ、右手の看板にも何か書いてありますね

sayomaru13-717.jpg

FSC®森林認証マーク
つまり、ここの木道は、適切な森林管理がされていると認証された森林から収穫された木材が使われているって事ですね

へえ~、そんな事も気にしながら歩くのも面白そうです

では、いよいよスタートです

鳩待峠~山の鼻

まずは、山の鼻という
中間地点(今回のツアーで言うところの)まで歩きます

sayomaru13-718.jpg

山の鼻までは、3.3kmとありますね
健脚な人なら、1時間も掛かりません

sayomaru13-670.jpg

最初の内はず~~~っと下り坂、下り階段が続きます
前日の雨と雪解け水で、足場が濡れているので要注意
そして、帰りの事を考えると、ちょっと恐怖・・・

ついて行こうと思ったカメラ&山ガールさんには、あっという間に離されてしまいました(笑)

sayomaru13-671.jpg

新緑が最高に気持ち良い
木々のすき間から、雪が残る至仏山が顔を覗かせます

sayomaru13-672.jpg

清らかな川上川が見えてきました
歩き始めて約20分、ここを過ぎたあたりから、道は緩やかになり
そして、早くも・・・

sayomaru13-673.jpg

木道沿いに水芭蕉の可愛い姿が現れました
と共に、写真を撮る人で渋滞が始まります

sayomaru13-674.jpg
sayomaru13-675.jpg

咲いているのは、水芭蕉だけではありません

sayomaru13-722.jpg

ふきのとう

sayomaru13-678.jpg

すみれ

sayomaru13-721.jpg

リュウキンカ

sayomaru13-676.jpg

そして、例の刻印もありましたよ
H25とは平成25年に造られた、と言う意味です

sayomaru13-679.jpg

川上川に架かるこの橋を渡れば、やがて見えてきました
山の鼻
ここまで私の足で、約1時間
途中、水芭蕉渋滞などもありましたからね

山の鼻ってこんな所

sayomaru13-680.jpg

山の鼻には、ビジターセンター、宿泊施設、キャンプ場などがあり
至仏山への登山尾瀬ヶ原へのハイキングの分岐点になります

sayomaru13-681.jpg

ここで一旦休憩をする人が多いので、たくさん行き来しています

sayomaru13-682.jpg

キャンプ場にはちゃんと水場もあって、テントの持ち込めば1人1日あたり800円で利用出来ます(テントの貸し出しもあります)

sayomaru13-683_20150601101450d3c.jpg

ビジターセンターにちらっと寄ってみました

sayomaru13-684.jpg
sayomaru13-685.jpg
sayomaru13-686.jpg

尾瀬の湿原のでき方、ここに住む動植物の暮らし方、気象、花ごよみ、自然保護運動などについての展示がたくさんされていて
尾瀬に如何にたくさんの動物が生息しているか、驚かされます

ツキノワグマも居るのですね
道理で慣れたハイカー達は、皆さん鈴を付けていました

sayomaru13-687.jpg

ちょうどこの時点で12時になっていたので、ここでお弁当を広げている人が多かったですね

私は、ちょっと休憩をして、そのまま尾瀬ヶ原方面に歩きだしました

sayomaru13-688.jpg

to be continued ・・・


今回利用したのは

四季の旅http://www.shikiclub.co.jp/shikitabi/
日本全国のパッケージツアーやレンタカー、バスツアーのお得なプランを比較・予約できる
旅行の総合サイト「たびらい」http://www.tabirai.net/




にほんブログ村美容ブログ コスメへ   
   ランキングに参加しています。今日もワンクリックお願いします 
スポンサーサイト

バスツアー 尾瀬 群馬県 水芭蕉

2 Comments

山ガール  

ありがとうございました。

こんにちは。
鳩待峠で写真を撮って頂いた者です。
とてもキレイな写真ですね♪いつも急いで通り過ぎてしまっていたたくさんの場所や風景が丁寧に紹介されていて、また次回行ったときの参考にさせていただきたいと思います(^o^)滞在4時間という限られた時間だったので置き去りにしてしまい大変失礼いたしました(笑)
また、ご一緒出来たら嬉しいです(*^^*)

2015/06/09 (Tue) 20:30 | EDIT | REPLY |   

sayomaru  

山ガールさん

なんと!!!!
よくぞ探し当てて下さいました
ビックリです。どうしてわかったの???
嬉しいです

その節は、色々とご協力ありがとうございました
全然山ガールでは無い私には、後半はやはりきつかったけれど
とても楽しめました

山ガールさんの尾瀬写真も是非見てみたいです
ブログやFacebookはされていないのかしら
もしも差支えなければ、鍵コメで教えて下さい

2015/06/09 (Tue) 21:21 | REPLY |   

Leave a comment