日々美々

ARTICLE PAGE

☆サントリー「森と水の学校」@白州*「水育」体験ツアーへ 1

森を見る
森を聞く
森を嗅ぐ
森に触れて、そして森の空気を味わう
五感を研ぎ澄ませて、森に分け入ると、そこが私たちの始まりの場所だと気付く

愛しい木々よ。愛しい土よ。愛しい水よ
私たちはここに帰って来た

sayomaru13-477.jpg

山梨県白州にある、サントリー天然水の南アルプス白州工場
昨年もちょうど同じ時期に訪れた時は、ウイスキー工場見学でした
今度は、を学ぶ為に、再び白州にやってきました

サントリーが取り組んでいる、次世代環境教育「水育」
子供達が、自然の素晴らしさを感じ、水や水を育む森の大切さを知り、未来に水を引き継ぐ為に、何が出来るかを考える教育です

私たちもこの日1日、子供達と一緒に、そしてそれを生み出すについて
学ぶ事になりました

sayomaru13-479.jpg


まず最初は、「水のプログラム」

尾白の森名水公園「べるが」にやってきました

sayomaru13-476.jpg

広大な敷地には、森や川はもちろん、キャンプ場や遊園地、温泉施設などがあります

sayomaru13-478.jpg

この日森と水について教えて下さる方々とご対面(開校式
幾つかの班に別れて行動します
私たちの隊長は「イーグル」

sayomaru13-480.jpg

それでは中に入って行きましょう

sayomaru13-483.jpg

早速美しい風景が目の前に広がります
この辺りは、今がちょうど新緑の時期
まだ若い木々や草花が咲き乱れ、本当に美しい

sayomaru13-482.jpg

早速、イーグルが私たちにクイズ
「ここの川の水温は
雪解け水だろうから・・・とか、そんなに深い川じゃないから・・・とか
色々と考えましたが、意外にも暖かく13度

sayomaru13-484.jpg

また、蛇行した川は、外側がその水の勢いで、どんどん削れていき
外側には荒い砂が、内側には細かい砂が溜まっていくという
自然の現象を教えて貰いました

sayomaru13-489.jpg

やがて大きな川「尾白川」に出てきました
その透明度の素晴らしい事

川から立ちこめる水蒸気がとても幻想的で、川が息づいているのが、よくわかります

ここで学んだ事は
南アルプスは主に花崗岩層で形成されている事

sayomaru13-486.jpg

花崗岩を水につけると、気泡が出て、小さな空洞があることがわかります

sayomaru13-487.jpg

そして強く叩くと、簡単に割れてしまいます

南アルプスに降った雨や雪 は、この花崗岩層をくぐり抜け、ろ過され、長い年月をかけて磨き上げられた清らかな水となるのです

sayomaru13-488.jpg

川のほとりを覆う白い砂の正体は、その花崗岩が細かく砕けてできた
中には金色に光る砂もありました
花崗岩の成分である「黒雲母」です
まるで宝物を見付けた様に、大切に容器に入れて持ち帰りました

sayomaru13-490.jpg

その清らかな川の中で見付けたのが、カジカカエルの卵
子供たちの目がキラリと光りました

私の知っているカエルの卵は、細いチューブの様に連なっているモノですが
これは、1つ1つ花崗岩に産み付けられていました

sayomaru13-492.jpg

そして、アマガエルちゃんも出現

sayomaru13-491.jpg

イーグルはこんな拡大鏡を持っていました

sayomaru13-481.jpg

危険な「つるうるし」も教えて貰いました

sayomaru13-506.jpg

ベルガの森を後にして・・・
ランチタイムです
お天気が良かったら、外で頂きたいところでしたが、雨は止んだものの地面が濡れていたので断念
皆で膝を付き合わせて、賑やかに頂きました

sayomaru13-507.jpg

ランチの後は、「森のプログラム」です


to be continued・・・


サントリー「水育」サイトhttp://suntory.jp/MIZU-IKU/
サントリー「森と水の学校」サイトhttp://suntory.jp/MIZU-IKU/gakko/
サントリートピックhttp://topics.blog.suntory.co.jp/



にほんブログ村美容ブログ コスメへ   
   ランキングに参加しています。今日もワンクリックお願いします 
スポンサーサイト

サントリー 森と水の学校 白州 水育 尾白川

0 Comments

Leave a comment