日々美々

ARTICLE PAGE

☆マンゴー、チキン南蛮、だけじゃない*宮崎の食材を頂く「NICO KITCHEN」

女は、美味い飯と、美味い酒と、楽しい話題があれば、それだけで幸せ
そんな4人が集まって、こんなお店に行ってきました

sayomaru13-418.jpg

創作和食バル Nico Kitchen
世田谷区玉川2-18-4
03-6805-6403
http://nicokitchen.com/

二子玉川の隠れ家的存在のレストラン
駅からは決して遠くないのだけれど、住宅街の中にあって
正直、初めていく人には分かりづらい
私も迷いました、はい

sayomaru13-434.jpg

でもね、ここ、迷ってでも行きたいって思える所なの

sayomaru13-419.jpg
sayomaru13-421.jpg

ここでは、宮崎を中心とした、九州直送の食材を使った創作料理が頂けるんです

お店のスタッフ、店長やシェフも皆さん宮崎出身の方で
宮崎のお知り合いの方から送って貰う食材を使っておられます

食材豊富な九州、でも宮崎って、の無知な私ですが
あっと驚く料理ばかりを、堪能する事が出来ました

sayomaru13-422.jpg

おまかせコースと飲み放題をチョイスして、両方で4.500円
(お料理コース3.000円 飲み放題1.500円)
内容は、その日の食材などで変わる事もあるそうなので、チェックしてね

飲み放題も、ビール、ワイン、日本酒、焼酎など、殆どのお酒の種類が飲めるんです。カクテルもで、かな~~~りお得

sayomaru13-420.jpg
sayomaru13-427.jpg

食事の種類も、お酒の種類もたっぷりあるのは、女子的には(男子的にも)嬉しいですね

sayomaru13-423.jpg

まずは、乾いた喉を潤す為に・・・ビール
若干1名、いきなりカクテル(笑)

さあ、では、お料理を頂きましょう

sayomaru13-424.jpg

梶並野菜のサラダ

宮崎の梶並さんが作られている野菜だそうです
ダイコン、キュウリ、ヤングコーン、赤ダイコンを梅ドレッシングでさっぱりと頂きました

シャキシャキの歯応えの野菜たち
女子はお酒を飲んでいても、サラダは絶対注文しますからね
これは、これからの暑い季節には絶対食べたくなる一品です

sayomaru13-425.jpg

宮崎産刺身盛り合わせ

来た~~あ艶々でプリプリ
シビマグロ、シイラ、カサゴ、メジナ
うわ~~、聞き慣れない魚ばかり

それもその筈、シビマグロは一般にはビンナガマグロの事
シイラも聞いた事が無かったのですが、熱帯・温帯海域に生育する魚なんですって
その地域の食材の特徴が、魚には現れますね

添えられている薬味はセロリ
醤油は、九州で親しまれている、甘口のさしみ醤油
西育ちの私には馴染みがあるのですが
東の人って、この甘口の醤油が苦手な人が多いですね
(以前九州に仕事で行った時、皆コンビニで、普通の甘くない醤油を購入してました)
今回は、4人とも大丈夫だったみたい

シビマグロは、程良く脂が乗っていて、さっぱりと食べやすい
カサゴ身が締まっていて甘みがあり
メジナはクセが無く淡白
シイラは初めて食べましたが、傷みやすい魚だそうで
どの魚もそうですが、築地を通さず漁師さんから直結して届く天然魚ならではの鮮度なのだと実感できました

セロリの薬味も珍しいけれど、爽やかさがプラスされ、相性が良かったですよ

sayomaru13-426.jpg

揚げだし土佐原茄子

この土佐原茄子って、宮崎の伝統野菜なんですって

sayomaru13-435.jpg

揚げだしなのに、こんなに生野菜が乗っていて、サラダ風に頂けるのも面白いですね

sayomaru13-429.jpg

鮮魚の荒煮

先に出てきた、お刺身の残りを荒煮にして下さいました
今回のコースの中でも、特に評判が良かった料理
いや~~~、荒煮をこんなに美味しく食べたのは始めてかも
甘~~く煮付けられた魚たち
決して珍しい料理じゃないのに、何、この美味しさなんです
骨までしゃぶって食べたくなりました

sayomaru13-428.jpg

余談ですが、このお店の2階はネイルサロンなのだそうで、スタッフの爪がこんなに可愛くデコレーションされていました
ここに来れば、ネイルケアと食事が一気に出来るって事(笑)

sayomaru13-430.jpg

今回のコースは、魚料理が殆どなので、ここでお肉投入
コースとは別ですが、やっぱり食べたくなった
宮崎県が発祥のチキン南蛮をオーダー
甘酢タレに漬けてタルタルソースで頂くという、定番のお料理ですが
鶏の旨みとジューシーさが、一味違う様に感じました

sayomaru13-431.jpg

目光の唐揚げ

干物では食べた事がある、目光(めひかり)
最初日光(にっこう)って読んじゃった
目が光るから目光なのだそうで、つまり、深海魚なんですって

カラッと塩味で揚げてあって、身がフワフワ、骨も違和感無く食べられます

sayomaru13-432.jpg

レタス巻き

こちらも宮崎を代表する、郷土料理の一つ
知らなかったぁ~
レタス巻きって言うから、レタスで巻いてあるのかと思いきや
レタスがご飯と一緒に海苔で巻かれているものなんですね
エビとキュウリも入っていて、マヨネーズで味付け
外人さん受けしそうな、巻きずしです

ご飯モノは、鯛茶漬けや冷や汁もあって、色々と食べたくなりました

sayomaru13-433.jpg

〆はやっぱり甘いもの
自家製の杏仁豆腐を出して下さいました
これがまた美味しい
濃厚でしっとり、量もたっぷりあって、ゆっくり味わって頂きました

お初な食材がたくさんあって、刺激的で楽しかった
宮崎の郷土料理が、こんなに色々とユニークなものがあったなんて、新しい発見
お酒も進んで、かなり盛り上がったし、また食べに行きたくなりました
そうそう、ランチもスゴクお得でおすすめだそうですよ

本当は教えたくなかったけれど、こんな所を知っているのよってちょっと自慢したくなるお店
是非探して行ってみてね

ニコキッチン

夜総合点★★★☆☆ 3.7



関連ランキング:魚介・海鮮料理 | 二子玉川駅上野毛駅二子新地駅






にほんブログ村美容ブログ コスメへ   
   ランキングに参加しています。今日もワンクリックお願いします 
スポンサーサイト

二子玉川 レストラン 宮崎県食材 チキン南蛮 郷土料理

0 Comments

Leave a comment