日々美々

ARTICLE PAGE

☆バスツアーで行く*富岡製糸場と足利フラワーパーク 3

「富岡製糸場&足利フラワーパーク」バスツアーのレポートの続きです

織姫神社を出て約30分
いよいよ最後の場所、足利フラワーパーク
ここはこの時期、樹齢150年を超える大藤が見事な花を咲かす事で知られています

sayomaru13-294a.jpg

見所はやはり、大藤 4本 ( 野田九尺藤 3本、八重黒龍藤 1本 ) 80m もの白藤のトンネルやきばな藤のトンネル
だから私、藤の花くらいしか園内には無いのかと思っていたのです
藤以外にも、シャクナゲ、クレマチス、バラ、つつじ、芍薬、ネモフィラ、ペチュニアなどなど
いや~~~あ、驚きました。何と言うスケールのデカさ
完全に侮っていました

sayomaru13-313.png

14時半に入園し、たっぷり1時間40分の見学
それでも時間が足らない程、広い園内

sayomaru13-289.jpg

やはり団体口からスムーズに入園
フラワーショップを通って中に入ると、最初に見えてくるのは

sayomaru13-314.jpg
sayomaru13-315.jpg

フラワーガーデン
ペチュニアのカーペットが広がっていました

その先にあるのが、うす紅の藤

sayomaru13-310.jpg

残念ながら、こちらは見ごろを過ぎていました

まるで迷路の様な道を更に進んでいくと

sayomaru13-291.jpg

写真には収まりきれない程の圧巻の大きさを誇る、この園のシンボル的存在大藤が現れました

sayomaru13-293.jpg
sayomaru13-316.jpg

ワイドレンズ使っても入りきらない
樹齢約150年約16万房
藤棚広さは約1,000㎡で、坪で言うと約303坪、畳なら約600畳
これでその大きさが想像して頂けるでしょうか

sayomaru13-296.jpg

元々この大藤は、足利市堀込町の 「早川農園」にあったモノを
都市開発の為 1997年に現在の足利市迫間町に移設し、「あしかがフラワーパーク」としてオープン
当時から250畳もあったこの藤を移設するのには、大変な苦労があったそうです

sayomaru13-292.jpg

その結果、当時の10倍もの枝振りに成長し、現在は栃木県天然記念物に指定されているそうです

sayomaru13-302.jpg
sayomaru13-309a.jpg

見ているお客さんの誰もが皆、笑顔

sayomaru13-317.jpg

その横にあるのがモネの池
あのフランス・ジヴェルニ―にあるモネの庭を似せ、水連が咲いています
向こう側に見えるのが、八重藤の藤棚です

sayomaru13-318.jpg

今がちょうど盛りの、白藤も見事です

sayomaru13-298.jpg
sayomaru13-299.jpg

80m続く白藤のトンネル
こちらも圧巻

sayomaru13-297.jpg

むらさき藤のスクリーンというのもありました
パネル状に藤を這わせています

sayomaru13-319.jpg

藤棚が横位置で見せるのに対して、こちらは縦位置で見せる方法
色々な見せ方があって面白いですね
ただ紫は、盛りを過ぎていて、写真ではわかり辛いですね

シャクナゲもここに咲いています

sayomaru13-320.jpg

その代わり、白藤のスクリーンは見事でした

sayomaru13-300.jpg
sayomaru13-321.jpg

反対側には、ネモフィラ

sayomaru13-301.jpg

もう1つの大藤

この藤棚から見える景色もまた素敵です

sayomaru13-303.jpg
sayomaru13-322.jpg

ガーデンデザイナーがちゃんといらっしゃると思うのですが
このゴチャゴチャ感が意外とバランスが良く、とても楽しめます

sayomaru13-304.jpg

水辺がたくさんあるのも、魅力的です

sayomaru13-305.jpg

この日は、満開とまではいっていませんでしたが
きばな藤のトンネルも素敵です

sayomaru13-290.jpg
sayomaru13-323.jpg

白藤はこの日の強い日差しに、すっかり色が飛んでしまって写っていますが
このビタミンカラーの藤は、初夏を思わせる日差しにも、鮮やかに映えてくれています

こちらの種類も面白い

sayomaru13-306.jpg
sayomaru13-325.jpg

まるで葡萄の房のような、コロンとした形がユニークな、八重黒龍藤
可憐なイメージのある藤ですが、これは力強さが感じられますね

sayomaru13-307.jpg
sayomaru13-324.jpg

この橋の上にも、うす紅の藤棚

sayomaru13-308.jpg

このアングルが、まさにモネの庭に見えますね

sayomaru13-326.jpg

園内には一体何種類の花が咲いているのでしょう
この時期は特に花の季節なので、とにかく見応えがあります

sayomaru13-327.jpg
sayomaru13-328.jpg

出来れば午前中の優しい光で写真を撮りたかったのと
夜になるとライトアップになるそうなので、それも見たかったですね

最後はお約束(私的な)

sayomaru13-329.jpg

花ある所には、アイスあり
藤のソフトクリームを頂きました

ゴールデンウィークは高速の下り線が渋滞するだろうと見込んで
16時半には足利を出発
ところが、バスの運転手さんの機転で、混まないルートを通って頂いたお陰で
本当にスムーズに都内に戻ってくる事が出来ました
(首都高は少し混んだかな)

前日の別のツアーに同行した添乗員さんが、都内に戻って来たのが23時を過ぎたという話を聞いて
一同、かなり覚悟はしたのですが、良い意味で裏切られました(笑)

今回のバスツアーは、世界遺産と人気のフラワーパークが一度に見る事が出来るとあって、大変人気で、満席でした
途中お土産を買ったりする時間もたっぷりあったので、充実のツアーだと思いました

個人的に車を運転して行くのも良いでしょうが
バスツアーなら寝ている間に連れて行って貰えるし
お酒だってちょっとなら飲めちゃうでしょ(笑)

旅行シーズン真っただ中になって、色々な所にリーズナブルに行きたいと思っている人、バスツアー、是非体験してみて下さい

今回利用したのは

四季の旅http://www.shikiclub.co.jp/shikitabi/
日本全国のパッケージツアーやレンタカー、バスツアーのお得なプランを比較・予約できる
旅行の総合サイト「たびらい」http://www.tabirai.net/



にほんブログ村美容ブログ コスメへ   
   ランキングに参加しています。今日もワンクリックお願いします 
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment