日々美々

ARTICLE PAGE

☆日本一長いトンネル*首都高・山手トンネルウォークに参加しました その2

3月1日に参加した「首都高・山手トンネルウォーク」のレポートの続きです

トンネルで一番気になるのか防災対策です
次は防災展示エリアでお勉強

山手トンネルは最新の防災安全設備が、365日24時間体制で見守っていて
防災設備をフル活用して、ドライバーの安全を確保してくれるのだそうです

sayomaru12-588.jpg

非常口は、約350m間隔にあり、非常口から地上出口に避難する事が出来ます
また消火器・泡消火栓は、約50m間隔にあります


sayomaru12-624.jpg

ホースを持って記念撮影が出来ました

sayomaru12-590.jpg

このロボットの様な形のモノは、自動火災検知器
火災時に発生する赤外線を感知し、管理室に即座に知らせる事が出来ます
トンネル内に約25m間隔であるそうです


sayomaru12-597.jpg
sayomaru12-614.jpg

こちらはテレビカメラ
約100m間隔に設置されていてトンネル内を見守っています


sayomaru12-613.jpg

非常電話は約100m間隔にあります


sayomaru12-598.jpg

超音波を利用した車両感知機。車の流れの速度を測定する
耳を身を近付けると、カチカチと音がしました

sayomaru12-594.jpg

天井部の各所には大きなジェットファンが完備

sayomaru12-599.jpg

トンネル内は60km制限なんですね

sayomaru12-605.jpg
sayomaru12-625.jpg

この首都高速維持作業車は、専用バッテリーで動くエコカー

sayomaru12-608.jpg

そしていよいよ折り返し地点
ここでは水噴霧デモストレーションを見る事が出来ました

sayomaru12-606.jpg

放水量は、雨量換算で300ミリ以上。約50mの範囲に放水され、左路肩の排水溝へ流れる仕組み

sayomaru12-607.jpg

非常扉から反対側、内回り線へ

sayomaru12-626.jpg

反対側には、車両展示がたくさんありました

sayomaru12-627.jpg

3月7日の開通日当日はセレモニーが予定されていて、その「通り初め」のために用意された様々な車両が展示されていました

sayomaru12-628.jpg
sayomaru12-629.jpg
sayomaru12-630.jpg

工事用の車両以外にも、パトカー、白バイ、新型のリムジンやトラック、往年の名車などの展示が永遠と続きます
トンネル内でのモーターショーみたいなものですね

sayomaru12-631.jpg

ようやく終わりが見えてきました

sayomaru12-632.jpg

ここで、五反田出口から出るコースと五反田換気所の非常口から出るコースに分かれます
右側の換気所から出る道は、200段の階段があると聞いて怖じ気づき、左側を選択

sayomaru12-633.jpg
sayomaru12-634.jpg

普通では入る事のできない場所での約3時間のウォーキング
なかなか楽しかった

東京はオリンピックに向けて、美しく整備され、益々便利になって行きますが
便利になって行くのは嬉しいですが、被災地の復興が手薄にならない事を願う私です


にほんブログ村 美容ブログ コスメへ    
   ランキングに参加しています。今日もワンクリックお願いします 

スポンサーサイト

中央環状線 山手トンネル

0 Comments

Leave a comment