日々美々

ARTICLE PAGE

☆大阪冬の陣。遊びまくりの5日間*城崎温泉「お宿」編

ちょっと間が空いてしまいましたが・・・
1月5.6日と行った城崎温泉の旅行記のつづきです

☆大阪冬の陣。遊びまくりの5日間*城崎温泉編
☆大阪冬の陣。遊びまくりの5日間*城崎温泉「玄武洞」編


今回は、近畿日本ツーリストのフリープランツアーを利用し
お宿は、いくつかある中からチョイスするものでした

sayomaru12-95.jpg

私が選んだお宿は、地蔵湯の裏手にあるここ
ぎゃらりーの宿 つばきの旅館
兵庫県豊岡市城崎町湯島781
0796-32-2131
http://www.tsubakino.jp/

高級旅館ではありませんが、ほっこり出来るお宿でした
もちろん、お目当てのカニづくしがあります

sayomaru12-96.jpg
sayomaru12-97.jpg

広いロビーのある本館を左に行くと
宿の名前の通り、ギャラリーがあります
こちらの先代である椿野 博さんが描かれた、お地蔵さまの絵が展示されています

sayomaru12-98.jpg
sayomaru12-99.jpg

絵手紙も書く事が出来ます

sayomaru12-100.jpg

更に奥に進んで別館へ

sayomaru12-101.jpg

この地下の通路の上には、道路が走っています
階段を上がり降りしなければならなかったので、階段の苦手な母にはちょっと辛かったみたい

正月のピークも過ぎていたので、お客様もそれほどおらず
静かにのんびりとした雰囲気を味わう事が出来ました

sayomaru12-102.jpg

部屋に入ると、既にお膳の支度が
少し時間があったので、まずは宿のお風呂に入る事に

sayomaru12-170.jpg

残念ながらこちらのお風呂は源泉掛け流しじゃありません
使い勝手はあまり良くなく、やはりお風呂は外に行かねばね

sayomaru12-104.jpg
sayomaru12-105.jpg

部屋に戻ると夕食の支度が完了されていました
小鉢系が3つの他は全てカニカニカニ
あっ、ご飯や味噌汁はありますよ

sayomaru12-103.jpg

メインはかにしゃぶ
刺身もあります
甘くてぷるぷるの身を、給仕して下さる方が、殻から取りましょうかと言って下さったのにも関わらず、見栄を張って自分で出来ますと言ってしまいました
これが大失敗
殻から身を引っ張って綺麗に取り出すのって難しいですね
関節(?)でポキッと折って引っ張るのですが、どうやっても身は切れてしまって取り出せない

何度も挑戦したけれど、一度も成功することなく、口で殻をガリッと噛んで、ホジホジスプーンで取り出す。この繰り返し
修行が足りませんでした

sayomaru12-106.jpg

大量のカニと戦い終わった頃には、「暫くはいらないね」と母
最後に雑炊を作ってもらい、終了

因みに朝ごはんはこんな感じ

sayomaru12-107.jpg
sayomaru12-108.jpg

たくさんの小鉢が籠に入っていて、見た目の彩りも良くお洒落
栄養のバランスもよく、朝からしっかり頂きました


to be continued・・・



にほんブログ村 美容ブログ コスメへ    
   ランキングに参加しています。今日もワンクリックお願いします 
スポンサーサイト

城崎温泉 カニ

0 Comments

Leave a comment