日々美々

ARTICLE PAGE

☆大阪冬の陣。遊びまくりの5日間*城崎温泉「玄武洞」編

1月5.6日と行った城崎温泉の旅行記のつづきです

☆大阪冬の陣。遊びまくりの5日間*城崎温泉編 その1


前回城崎&豊岡に来た時、行く時間が無く断念した玄武洞公園に行く事に

sayomaru12-73.jpg

午前中なら、シャトルバスがあるのですが
午後になってしまうと、城崎温泉から電車で行くか、タクシーで行くか、どちらかになります
タクシーでなら5分位・1800円位で行く事が出来、私たちは時間の短縮を考えて、タクシーで行く事にしました

タクシーは玄武洞の入り口の真下、ミュージアムやレストラン・お土産屋の入った建物の横で降ろして下さいました

sayomaru12-84.jpg
sayomaru12-85.jpg

未だ雪が深く残る山道の階段を上がっていくと
いきなりスケールの大きな、その岩山が見えてきます

sayomaru12-74.jpg

玄武洞公園は、国の天然記念物に指定されていて、山陰海岸国立公園に含まれます
玄武洞のほか、青龍洞、白虎洞、南朱雀洞、北朱雀洞の洞窟が玄武洞公園として整備されています
ただ雪深いこの日は、玄武洞と青龍洞しか見学する事が出来ませんでした

sayomaru12-75.jpg

玄武洞は160万年前に起こった火山活動によって、山頂から流れ出したマグマが冷えて固まる時に規則正しいきれいな割れ目を作り出した物です
6000年前、波に洗われて姿を現し、人が石を取ったために洞となったもので、数知れない六角形の玄武岩が積み上げられて不思議な美しさを見せています

sayomaru12-76.jpg

玄武岩は、マグマが冷却される際に体積が小さくなる事でできる割れ目(節理)が顕著で切り出しやすかった事もあって、人々が採掘し、その採掘跡が洞窟として残っているのです
つまり洞窟は天然のものではなく、坑道・採掘跡地って訳
しかしそれにしても、すごい迫力です

sayomaru12-77.jpg

そしてその迫力は、お隣の青龍洞で更にアップ
15メートルにも及ぶ長い柱状節理が、まるで竜が如くうねりを造っているのです

sayomaru12-79.jpg

その美しさたるや・・・見惚れてしまいました

sayomaru12-78.jpg
sayomaru12-80.jpg
sayomaru12-109.jpg

他の3つが見る事が出来なかったのは残念でしたが
これは観ておいて損はありません

sayomaru12-81.jpg
sayomaru12-82.jpg

帰りは電車でと思っていたのですが、実はこの電車
駅は円山川の対岸にあるのです
そこまではなんと船。しかもとっても小さな渡し船
その予約をお土産屋でし、少しの間店内でブラブラと

sayomaru12-83.jpg

行きのタクシーの中で、運転手さんがオモチャみたいな船ですよ
と話していたのですが、本当にオモチャみたいな小さなものでした

sayomaru12-86.jpg
sayomaru12-87.jpg

矢切りの~おわ~た~し~
と古い歌を口ずさみながら、船の旅をのんびり楽しむ私たち

sayomaru12-89.jpg
sayomaru12-90.jpg

あっという間に到着

片道300円で所要時間は5分程
短い時間でしたが、船に乗るのって楽しいですよね

sayomaru12-91.jpg

対岸からも玄武洞がしっかりと見えます

sayomaru12-92.jpg

sayomaru12-93.jpg

JR玄武洞駅もこれまた小さな無人駅
どっちのホームが城崎行きか、ちょっとわかり辛いので要注意でした

では、城崎に戻って、宿にチェックインしましょう


to be continued・・・


にほんブログ村 美容ブログ コスメへ    
   ランキングに参加しています。今日もワンクリックお願いします 
スポンサーサイト

城崎温泉 玄武洞

0 Comments

Leave a comment