日々美々

ARTICLE PAGE

☆HERMES Leather Forever*特別エキシビジョンレポート2

上野の東京国立博物館にある表慶館で開催された
HERMES Leather Forever
のレポートの続きです

sayomaru11-743.jpg

次のブースは『馬・・・最初のお客様』
そうエルメスのスタートは馬具です
177年経った今でも、エルメスの製品の多くのインスピレーションの源は「鞍」

sayomaru11-816.jpg
sayomaru11-744.jpg
sayomaru11-817.jpg

1階に降りて、次のブースへ

sayomaru11-818.jpg

階段のこの曲線もとても美しく
エルメスの名に相応しい場所です

sayomaru11-819.jpg

sayomaru11-746.jpg

『ケリーとバーキンのバリエーション』
エルメスの代表的存在のケリーバッグとバーキンバッグ
2つのレジェンドは様々なインスピレーションを得て、大きさや素材
色を変化させてきました
なんとこれまでに1000近くのバリエーションが生まれてきました

ケリーは誕生した当初は、別の名で呼ばれていて、グレース公妃持つようになってから、その名が付き
逆にバーキンはジェーンバーキンの為に造られたバッグだそうです

sayomaru11-820.jpg
sayomaru11-821.png

『留め具、それともチャームポイント』
留め具にスポットを当てたコーナー
まさにスポットを当てているんです。素敵な演出
留め具部分にレーザーを当てて強調
エルメスのバッグが、いかに留め具にも拘っている事を表現していました
(動画じゃないから説明しづらいですね)

sayomaru11-747_20141226012013427.jpg

『ノマドの精神』
ノマドとは英語で「遊牧民」の意味
そのイメージで飾られたブース

sayomaru11-748.jpg

キャビントランクやチェスト、トラベルキッド焼化粧ポーチなど
旅立ちの為の必要なモノを、職人たちは、キャンバスの強度や仕切りの形状
ハンガーに至るまで、徹底しテディティールに拘って作られています

sayomaru11-750.jpg

そしてこれが最後のブース
『スターバッグ』

sayomaru11-751.jpg

これもまたユニークな演出
部屋のど真ん中に、松がぶら下がる様に飾られていて
その周りに、盆栽にインスピレーションを得て生まれた
8つのミニチュアバッグ

sayomaru11-752.jpg

《ケリー》《バーキン》《コンスタンス》《ボリード》《ルリ》《ファーミング》《ツールボックス》《ファコ》
エルメスファンなら誰もが知っている、スターバッグです

sayomaru11-754.jpg

しかも根っこ付き

sayomaru11-755.jpg
sayomaru11-822.jpg

世界中の女性を魅了し、愛され、エルメスのスターバッグとして根付いた
という意味でもあるのでしょうか

さて、それぞれのテーマを付けて12に分かれたブース
個性的な演出がとても楽しいエキシビジョンでした
しかも一博物館を貸し切り無料で見る事が出来るだなんて
さすが一流ブランド

また機会があったら、この様な試みをやって欲しいモノですね

http://lfe.hermes.com/jp/ja


にほんブログ村 美容ブログ コスメへ    
   ランキングに参加しています。今日もワンクリックお願いします 
スポンサーサイト

エルメス

0 Comments

Leave a comment