日々美々

ARTICLE PAGE

☆ヤマハ発動機ブロガーイベント*もっと手軽にボートレジャーを

横浜クルーズとランチを楽しんだ後は、YAMAHA発動機さんのマリン事業と、ボート免許についてのお話をお聞きしました

sayomaru11-312.jpg

YAMAHAと聞くと何を思い浮かべますか
男性だったら多分バイク
女性だったら楽器でしょうか
私も子供の頃、ヤマハの音楽教室に通っていた事があります

YAMAHAと聞いて、マリン事業を最初に思い浮かべる人は、通でも無い限り、居ないかもしれませんね
でも、YAMAHAがマリン事業に参入したのは、約60年も前の事なんです

sayomaru11-306.jpg
sayomaru11-307.jpg

YAMAHA発動機創業者・初代社長の川上源一が
1953年欧米に視察旅行に出かけた時、アメリカでマリンレジャー文化に触れ
日本でもこの文化を発展させたいと、1955年にYAMAHA発動機を設立
故障しやすかった舶来の船外機の代わりに、バイクで培った知識を基に開発した
ヤマハ船外機「P-7」を発売
更に1960年には、FRP(ガラス繊維強化プラスティック)製のヤマハボート「RUN-13」「CAT-21」を発売

sayomaru11-311.jpg

今やこれだけの製品を手掛けていらっしゃっていて
船外機、水上オートバイは世界シェアNo.1
ボート、FRPプールは日本シェアNo.1の規模になっているんです

すごいですね。マリン事業が思う浮かばないなんて言ったら、失礼にあたりますね

そんなYAMAHA発動機が、もっと手軽にボートレジャーを楽しんで欲しいと
Sea-Styleという会員制マリンクラブを行っていらっしゃいます

sayomaru11-309.jpg

レンタルボートだからボートの維持費・係留費は一切不要
お手頃価格な月会費(入会金21,600円 月会費3,240円)と毎回の利用料だけで、全国約140ヶ所のホームマリーナでボート遊びを楽しめます
ハワイもなんですね。これはすごい

レンタルボートは、「クルージング向き」「フィッシング向き」「トーイング向き」「スポーツボート」「マリンジェット」など種類も豊富
その日の気分で色々と楽しめます
で、色々と借りれるのは良いけれど、そのお値段が気になるところ

sayomaru11-310.jpg

そりゃあ、レンタカーを借りるよりはお高いかもしれませんが
この程度なら許容範囲
しかも、ボートの種類によっては、もっとお安く借りれるモノもあります
因みに、私が体験で載ったボートは、平日3時間で8.200円 6時間で12.300円(日曜祝日は変わります)
確かに5人で折半すれば、ガソリン代を入れても高くはありません

詳しくは。こちらでhttp://sea-style.yamaha-motor.co.jp/system/

では、ボート免許取得に一体どの位かかると思いますか

sayomaru11-313.jpg

なんと、試験を入れて、たったの3日で取得出来るんです
しかも合格率97%
これは、車の免許を取るより取りやすいではありませんか
(因みに2日コースもあります)

で、忙しくて学科講習が受けられないよ~~お!と言う人の為に

sayomaru11-314.jpg

スマホで免許の「スマ免」
まあなんて、至れり尽くせり

レギュラーだと2日間かかるスマ免。1日コースもあります
オンライン講習で学科をし、実技講習と国家試験を同日にやるといった具合

sayomaru11-315.png

費用も、車の免許から比べると、遥かにお安いです
(1級、特殊小型船舶コースの値段は変わってきます)

そして女性限定のコースもあるんですよ

sayomaru11-316.jpg

多くの女性がつまずくポイントを集中的に教えて下さり、しかもインストラクターは女性
すてきなランチ付きってのも魅力ね
免許取得後は、女性限定イベント「Sea-Style G」に無料参加できる特典もあります

今とっておけば、来年のお花見は川から見物出来ちゃうし
釣りはもちろん夜景を楽しんだり、花火見物やお月見なんかも楽しいでしょうね

車離れという言葉を最近よく耳にするけれど
これを機会に、車から船にシフトチェンジするのも悪くないかも

【ヤマハ発動機 ブロガーマリン体験会 第2弾】に参加しました






にほんブログ村 美容ブログ コスメへ    
   ランキングに参加しています。今日もワンクリックお願いします 

スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment