日々美々

ARTICLE PAGE

☆松本&安曇野の旅*再び安曇野へ「大王わさび農園」

6月末に訪れた、松本&安曇野の旅日記の続きです

松本&安曇野の旅☆「松本市美術館」
松本&安曇野の旅☆安曇野そばランチ「一休庵」
松本&安曇野の旅☆「安曇野アートヒルズミュージアム」
松本&安曇野の旅☆「ハーブスクエア」と「八面大王足湯」
松本&安曇野の旅☆深夜営業の美味しいイタリアン「アル・カド」
松本&安曇野の旅☆国宝「松本城」
松本&安曇野の旅☆重要文化財指定「旧開智学校」
松本&安曇野の旅☆縄手通りとレトロ喫茶「まるも」
松本&安曇野の旅☆全てが美しいレストラン「ヒカリヤ ニシ」
松本&安曇野の旅☆なまこ壁が美しい「中町通り」


松本を後にし、再び安曇野入りをしました
今日は、穂高駅の東側「大王わさび農園」

sayomaru10-961a.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・
大王わさび農園
長野県安曇野市穂高3640
0263-82-2118
http://www.daiowasabi.co.jp/
・・・・・・・・・・・・・・・

6月までは平日にバスが無いので、タクシーで行く事に
穂高駅から大体15分~20分程で到着します
東側は、特に田園風景が美しいですね

タクシーの運転手さんに、帰り道(徒歩での)楽しめる観光スポットを教えて貰い
車を降りました

sayomaru10-963.jpg

想像していたより、大きな施設です

sayomaru10-962.jpg

大王わさび農園は、1917年に開場した、北アルプスからの湧き水を利用した
安曇野わさび田湧水群の一角にある、農場面積15ヘクタールの、日本最大規模のわさび園です

入口を入って、左回りで歩いて行くと

sayomaru10-965.jpg

安曇野にたくさん見られる道祖神が、園内のあちこちにあります
道祖神とは、本来は悪霊や疫病など邪悪なものが集落に入り込んでこないように、辻村境・峠などに祀ってきたのが始まりで
それぞれに、「縁結び」「疫病退散」「五穀豊穣」「家内安全」「子孫繁栄」などの願が込められていて、旅人の安全と、人々の暮らしを見守っています

右手にわさび園を見ながら、まっすぐ進んで行くと、安曇野らしい美しい風景が広がります

sayomaru10-890.jpg
sayomaru10-966.jpg

この風景を見たくて、ここに来たと言っても過言じゃない
なんて美しく澄んだ水。なんて目にも眩しい緑
黒沢明監督の映画 ”夢”の舞台となった場所です

風の音、水が流れる音、鳥が鳴く声
この三位一体で、更に幻想的な雰囲気が増します

sayomaru10-968.jpg

水草の多さも半端無く、これも湧水の恵みでしょうか

sayomaru10-969.jpg
sayomaru10-967.jpg

さてさて肝心のわさび畑はというと・・・

sayomaru10-970.jpg
sayomaru10-971.jpg

反対側にど~~~~んと広がっています

sayomaru10-975.jpg

この黒いネットの様なモノの下に、わさびが生えています

sayomaru10-972.jpg
sayomaru10-974.jpg
sayomaru10-976.jpg

伊豆のわさび畑には、このようなネットはかかっていないのですが
やはり、寒い地域ならではモノなんですね

観光地化されているここは、他にも、見所があります

sayomaru10-977.jpg
sayomaru10-978.jpg

智恵の水、美人の水。あなたはどちらを飲みますか
私は・・・もちろん、両方飲みました(笑)

sayomaru10-980.jpg
sayomaru10-981.jpg

売店も、食事処もあって、わさび関連の商品を食べたり、買ったりする事が出来ます

sayomaru10-964.jpg

お約束的なわさびアイスもあって、お子さんにも人気でした

sayomaru10-979.jpg

安曇野の自然とその恵みを楽しむ事のできるスポット
おすすめです

to be continue・・・

にほんブログ村美容ブログ コスメへ    
   ランキングに参加しています。今日もワンクリックお願いします 
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment