日々美々

ARTICLE PAGE

☆松本&安曇野の旅*全てが美しいレストラン「ヒカリヤ ニシ」

6月末に訪れた、松本&安曇野の旅日記の続きです

松本&安曇野の旅☆「松本市美術館」
松本&安曇野の旅☆安曇野そばランチ「一休庵」
松本&安曇野の旅☆「安曇野アートヒルズミュージアム」
松本&安曇野の旅☆「ハーブスクエア」と「八面大王足湯」
松本&安曇野の旅☆深夜営業の美味しいイタリアン「アル・カド」
松本&安曇野の旅☆国宝「松本城」
松本&安曇野の旅☆重要文化財指定「旧開智学校」
松本&安曇野の旅☆縄手通りとレトロ喫茶「まるも」


珈琲店「まるも」で美味しい珈琲とケーキを頂いたら、空腹に火が点いてしまいました
松本に来たら是非来たいと思っていた、このレストランへ

sayomaru10-856.jpg
sayomaru10-852.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ヒカリヤ ニシ
長野県松本市大手4-7-14
0263-38-0186
http://www.hikari-ya.com/nishi.html
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

東町の名門商家「光家」が所有していた、築100年以上の蔵屋敷をリノベーションして造られたレストラン

sayomaru10-853.jpg

国の登録有形文化財に認定されている建物の
東側の母屋を改装したヒカリヤ ヒガシ」
西側の蔵を改装したヒカリヤ ニシ
ヒカリヤ ヒガシ」は日本料理店。ヒカリヤ ニシはフレンチのお店です


こちらの方が敷居が低そうかなという思いだけで、ニシを選びました

sayomaru10-854.jpg

いざ、中へ

sayomaru10-851.jpg

入口を入って直ぐにこの演出
もうこれだけで、この店の素晴らしさが伺えました

sayomaru10-855.jpg

涼やかな色の花を浮かべた水槽の向こう側が受付です
予約は特にしていませんでしたが、早めに入店したので、どうやら入れそうです

sayomaru10-859.jpg
sayomaru10-858.jpg

用意ができるまで、暫くお待ち下さいと、お茶を出して下さいました
ええ、ええ、待ちますともいくらでも。だってこの光景を写真にしっかり収めたいですもの

sayomaru10-874.jpg

遠慮なくバチバチ写真を撮る私に嫌な顔1つせず、アテンドの女性が中へと案内して下さいました

sayomaru10-861.jpg

驚きはまだまだ、庭には蔵がいくつかあり、1つはベジタブルスイーツショップ『アトリエ・ド・ヒカリヤ

sayomaru10-862.jpg

更に中庭を進んで行くと、もう1つの蔵

sayomaru10-860.jpg

ここがレストランのある蔵です

sayomaru10-857.jpg

階段を上がって2階へ

sayomaru10-863.jpg

高い天井と広々としたフロアで、落ち着いた雰囲気

sayomaru10-864.jpg

天井に使われている梁には、その棟梁の名前が記されていて、歴史を感じます

sayomaru10-865.jpg

テーブルセッティングはシンプルです

sayomaru10-866.jpg

ランチメニューは3種類
その内の『デジュネ』をチョイス

ニシのお料理は全てが「マクロビオティックに基づくナチュレフレンチ」
松本で採れる地元食材を使ったカジュアルフレンチを頂きます

sayomaru10-867.jpg

飲み物はワインかなとは思ったのですが
あえてノンアルコールで
長野県産のリンゴジュースを頂きました

濃厚なリンゴの味が100%フレッシュジュースである事の証明
甘みもしっかりあります。銘柄をきくのを忘れました

そして左側の皿に乗せられたのが

sayomaru10-868.jpg

長野県産アスパラです
最初に皿に付けられていたのが、ジュドトリュフ。それに半熟の卵
そこに紫アスパラと海水で育てられたグリーンアスパラの2種類が乗せられました
確かに海水で育てたアスパラは、塩の味が仄かにします

卵は何かのソースが加えられていて、それをアスパラにつけて頂きます
夏らしい爽やかな前菜でした

sayomaru10-869.jpg

2品目は、ズッキーニのスープです
ゴルゴンゾーラとミントの上から、冷たいズッキーニのスープをかけて頂きます
ズッキーニは自社畑で採れたものだそうです
ペンネル、カルダモン、ぺッパーなどのハーブで味付けされています

ズッキーニのスープは、始めて頂きましたが、クセが無くとても美味しいですね
ゴルゴンゾーラのしょっぱさとミントの爽やかさが良く合っていました
とても美味しいです

sayomaru10-870.jpg

メインの伊達鶏の低温調理
一緒に添えられたロマネッコ、ズッキーニ、コリンキー、しいたけ、カブ、玉ねぎ、あさり
その上からあさりとパセリのソースがかけられています

低温で焼かれた伊達鶏は、ジューシーでとても柔らかい
野菜達も脇役にするには勿体無い程、良い演出をしています
(写真に撮り忘れましたが、バゲットもありました)

sayomaru10-871.jpg

最後はやはりスイーツ。題して甘い誘惑

この手抜きない演出を見て下さい

sayomaru10-873.jpg

ヒンヤリと冷やされたプレートには、チョコレートで「メルシー」の文字
もう、胸キュンものです

sayomaru10-872.jpg

贅沢にも4種類ものスイーツは
上の段から、フルーツのゼリー
カヌレ&フィナンシェ
メレンゲのアイス
白いぷりん


最後の最後まで、抜かりが無いって感じです

素材の味を大切にしている故に、大胆な味付けはされていません
繊細な味好きな私には、大満足のお料理の数々
目と舌と、鼻とでたっぷり楽しみ、至福の時間を過ごす事が出来ました

ヒカリヤ ニシ

昼総合点★★★★ 4.1



関連ランキング:フレンチ | 松本駅




to be continue・・・


にほんブログ村 美容ブログ コスメへ    
   ランキングに参加しています。今日もワンクリックお願いします 
スポンサーサイト

ヒカリヤ ニシ 松本

0 Comments

Leave a comment