日々美々

ARTICLE PAGE

☆松本&安曇野の旅*縄手通りとレトロ喫茶「まるも」

6月末に訪れた、松本&安曇野の旅日記の続きです

松本&安曇野の旅☆「松本市美術館」
松本&安曇野の旅☆安曇野そばランチ「一休庵」
松本&安曇野の旅☆「安曇野アートヒルズミュージアム」
松本&安曇野の旅☆「ハーブスクエア」と「八面大王足湯」
松本&安曇野の旅☆深夜営業の美味しいイタリアン「アル・カド」
松本&安曇野の旅☆国宝「松本城」
松本&安曇野の旅☆重要文化財指定「旧開智学校」


嘗て城下町として栄えた松本には、古い街並みがたくさん残っています
時代劇の様な長屋風の建物が続く、商店街がある縄手通りを歩いてみました

sayomaru10-833.jpg

松本城の南惣堀(みなみそうぼり)と女鳥羽川(めとばがわ)の清流にはさまれて”縄のように長い土手”ということから由来している縄手通り

sayomaru10-832.jpg
sayomaru10-829.jpg

懐かしい玩具や古民具・骨董のほか、駄菓子屋や飲食店など
楽しいお店いっぱい

sayomaru10-827.jpg
sayomaru10-830.jpg

お店を覗きながらのんびりと歩いていると、ふと気が付きました
松本へは初めて来たと思っていたが、この場所に来た記憶が
そう数年前にドラマの撮影で来ていました

sayomaru10-828.jpg
sayomaru10-831.jpg

歩き疲れたので、川向うにあるこんなレトロな珈琲店に入ってみました

sayomaru10-843.jpg

・・・・・・・・・・・・
喫茶 まるも
長野県松本市中央3-3-10
0263-32-0115
・・・・・・・・・・・・

1956(昭和31)年、松本民芸家具の創立者・池田三四郎先生の設計で建てられ
まるも旅館の一部です

sayomaru10-844.jpg
sayomaru10-846.jpg

中に入ると、一気にタイムスリップしたような雰囲気が
統一された松本民芸家具、ピアノ、LPレコード、店内に流れるクラシック音楽
こんない落ち着く喫茶店、昔はいっぱいあったよなあ

sayomaru10-845.jpg

ご年配の常連さんと思われるグループが、何やらミーティングしていたり
1人で新聞を読みながら、コーヒーを楽しんでいる方

今のお洒落なカフェでは、ありえない風景ですね

sayomaru10-847.jpg
sayomaru10-848.jpg

店内の写真を撮らせて頂いていたら、その新聞を読んでいた初老の男性に
この椅子を撮りなさい。と言われました
松本民芸家具でもかなり歴史のある物なのだそうです

sayomaru10-849.jpg

頂いたのは、モンブランとのケーキセット
濃厚な栗の味がするクリームを割ると、中からはたっぷりの生クリーム
甘みは控えめなのに、濃厚な味がするモンブラン
こんなに美味しいモンブランは初めてです
本当なら、ホットコーヒーを飲みたいところでしたが、あまりの暑さにアイスコーヒーをチョイス

sayomaru10-850.jpg

歩き疲れた松本旅で、ホッとする時間が持ちたかったら
ここでの時間とコーヒーはおすすめです

珈琲 まるも

昼総合点★★★★ 4.0



関連ランキング:喫茶店 | 松本駅





to be continue・・・


にほんブログ村 美容ブログ コスメへ    
   ランキングに参加しています。今日もワンクリックお願いします 
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment