日々美々

ARTICLE PAGE

出雲・松江 パワースポットの旅☆旨い肴とベタ踏み坂

2014年2月23・24日に行った、松江・出雲 パワースポットの旅の続きです

出雲・松江 パワースポットの旅☆羽田~米子空港編
出雲・松江 パワースポットの旅☆足立美術館編
出雲・松江 パワースポットの旅☆松江、取りあえず「しじみ丼」編
出雲・松江 パワースポットの旅☆松江・松江城編
出雲・松江 パワースポットの旅☆松江・塩見縄手編
出雲・松江 パワースポットの旅☆宍道湖のうさぎとスイーツと夕陽編
出雲・松江 パワースポットの旅☆松江・駅ナカめし編
出雲・松江 パワースポットの旅☆玉造温泉と深夜営業のコスメショップ編
出雲・松江 パワースポットの旅☆玉造温泉・おもてなしホテル編
出雲・松江 パワースポットの旅☆玉造温泉・開運スポット巡り編
出雲・松江 パワースポットの旅☆出雲大社編
出雲・松江 パワースポットの旅☆出雲そば編
出雲・松江 パワースポットの旅☆日御碕編
出雲・松江 パワースポットの旅☆出雲のスイーツ編
出雲・松江 パワースポットの旅☆一畑電車編



2ヵ月に渡ってダラダラと書き綴った、この旅行記
いよいよ最後になりました
最後までお付き合い下さり、ありがとうございました

onpu_20140421221515636.gif

松江に着いて、駅からちょっと北側にある、飲み屋街の伊勢宮町
色とりどりのネオンに場違いな感じを受けつつも
ちょっと気になる店を探して、ぐるぐると歩きまわりやっと見つけた店

sayomaru9-493.jpg

・・・・・・・・・・・・・
てれすこ
松江市伊勢宮町528
0852-24-2288
http://www.teresuko.jp/
・・・・・・・・・・・・・

sayomaru9-494.jpg

この外観ですよ。女1人で入るのに勇気がいるのがわかるでしょ(笑)
いわゆるスナック街ですよね


にほんブログ村美容ブログ コスメへ    
   ランキングに参加しています。今日もワンクリックお願いします 
sayomaru9-495.jpg

郷土料理と書かれた大きな提灯が目印
思い切って扉を開けると、目の前には大皿に盛られた料理が並ぶ、大きなカウンター。奥には座敷もあるようでしたが、定かではありません

sayomaru9-496.jpg

ここは、日本海で獲れる新鮮な魚介類を中心に、旬の食材をふんだんに取り入れた料理を出してくれ、開店は40年前の老舗だったんです

sayomaru9-497.jpg

カウンターの中には、年配の男性と、若い女性のスタッフ
その男性がこちらのご主人「てれすこ親父」さんでした

ところで、このてれすこという店名
どういう意味かご存知ですか
私は知らなかったので、尋ねたら、一枚の落語が書かれた紙を下さいました
そうなんです、落語の演目なんです
詳しい事が知りたい方は、こちらのお店のHPでどうぞ
http://www.teresuko.jp/about/rakugo01

sayomaru9-498.jpg

わかさぎの天ぷら
わかさぎに大葉が巻かれて、カラッと揚げてあります
塩味は控えめで、ふわふわの身が美味しかったですね

sayomaru9-499.jpg

赤貝
寿司ネタで良く食べる赤貝ですが、こういう焼いたものを食べたのは初めて
しかもこんなにたくさんの量を一気に食べるのも初めて
プリプリの身で、旨みがありますね

sayomaru9-500.jpg

モサエビの唐揚げ
これを絶対食べて下さいと、ご主人からのおすすめで、注文してみました
モサエビは、鳥取県でクロザコエビの事を言うそうで
すぐに黒く変色して見た目が悪くなってしまい、日持ちがしない為に地元でしか消費されてこなかったエビなんですって

甘エビより少し大きく、頭、しっぽごと食べられます
このエビ、刺身でも美味しいですが、唐揚げもなかなかイケますよ

お酒は、地元の焼酎「どじょうすくい」をソーダ割りで頂きました
美味しい食事とお酒、隣り合わせた親父たちとの他愛無い話。寡黙なご主人
島根最後の食事は、大満足で終わりました

お会計の時お土産に渡された絵葉書

sayomaru9-501.jpg

何とご主人作だったんです。お上手ですね
こんな所まで暖かいおもてなしがあって感激です

さて、松江駅に戻り、バスに乗り、米子空港に向かいます
最後のお楽しみが、まだありますよ

松江駅から米子空港までのコースには、あのCMで有名になった、ベタ踏み坂があるんです

sayomaru9-507.png 松江を出ると、中海にある
 大根島、江島を通るのですが
 そこにある江島大橋がそれなんです
 前日、飛行機の中から
 見えた橋がそうだと確信して
 いたのですが、辺りはすっかり
 暗くなっているし
 本当に、あの急勾配を体験できるの
 でしょうか
 地図は大きくなります

sayomaru9-502.jpg

近付くに連れて、見えて来る橋のシルエット

sayomaru9-503.jpg

これ、上り坂
ん、なんかあまり、急じゃ無くない

sayomaru9-504.jpg

バスからだから、少し高い位置からの撮影だったけれど・・・

sayomaru9-505.jpg

そして下り坂
下りの方が急な感じはしますよね
でも、なんか、期待したほどじゃない無かったかな(笑)

今度はちゃんと明るい時に通りたいな
だから、これは宿題です

昨年の鳥取、そして今回の島根と山陰地方をしっかりと旅した私
未だ大阪に居るころに何度か行っているにもかかわらず、たくさんの発見があって
出会いがあって、とにかく楽しい旅でした
若い頃とは違う、新たな視点も加わって、行けば行くほど新しい発見が見付かるので、歳をとるのも悪くないですね

まだまだ。もっともっと。旅したい所が山ほどあります
今年もまた、そんな楽しい旅の計画を、ニヤニヤしながらたてる事でしょう
その節はまた、こんな私の旅行記にお付き合い下さいませませ

hikouki1.jpg
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment