日々美々

ARTICLE PAGE

出雲・松江 パワースポットの旅☆日御碕編

2014年2月23・24日に行った、松江・出雲 パワースポットの旅の続きです

出雲・松江 パワースポットの旅☆羽田~米子空港編
出雲・松江 パワースポットの旅☆足立美術館編
出雲・松江 パワースポットの旅☆松江、取りあえず「しじみ丼」編
出雲・松江 パワースポットの旅☆松江・松江城編
出雲・松江 パワースポットの旅☆松江・塩見縄手編
出雲・松江 パワースポットの旅☆宍道湖のうさぎとスイーツと夕陽編
出雲・松江 パワースポットの旅☆松江・駅ナカめし編
出雲・松江 パワースポットの旅☆玉造温泉と深夜営業のコスメショップ編
出雲・松江 パワースポットの旅☆玉造温泉・おもてなしホテル編
出雲・松江 パワースポットの旅☆玉造温泉・開運スポット巡り編
出雲・松江 パワースポットの旅☆出雲大社編
出雲・松江 パワースポットの旅☆出雲そば編


出雲大社の北側にある、もう1つの出雲神話ゆかりの地に向かいます

sayomaru9-440.jpg

島根半島の最西端に位置し、日本海に突き出した日御碕
海岸線には海食を受けて出来た奇岩や絶壁が続き、変化にとんだ地形を見る事が出来、東洋一の高さを誇る日御碕灯台、徳川家ゆかりの日御碕神社、ウミネコの繁殖地である経島などの見所があります

日御碕までは、出雲大社から1時間に1本の割合で、バスが出ています
途中、出雲神話ゆかりの地・稲佐の浜を通ります
下車したい所ですが、バスでの旅では時間が足りません

sayomaru9-441.jpg

眺めの良い海岸線に沿って、バスは進んで行きます


にほんブログ村美容ブログ コスメへ    
   ランキングに参加しています。今日もワンクリックお願いします 
sayomaru9-442.jpg

バスで20分程走って、終点の日御碕神社に着きます

sayomaru9-443.jpg

出雲国風土記に「美佐伎社」と記される古社で、 神社はアマテラスオオミカミが祀られている下の宮「日沈宮(ひしずみのみや)」と、スサノウノミコトが祀られている上の宮「神の宮」という上下二社からなっています

sayomaru9-444.jpg

朱塗りの鮮やかさと松とのコントラストが、とても美しい境内
ただ、下の宮は修復中で、グリーンシートが掛かっていました

sayomaru9-445.jpg

高い所にあるのが上の宮
スサノウノミコトが柏葉を投げて、ここに住む事を決めたのだそうですが
それにしてはやや小さめな社

sayomaru9-446.jpg

ここでもっともパワーがあると言われている、御神砂守を社務所で購入

sayomaru9-457.jpg

神社のすぐ横は、日本海が広がっています

sayomaru9-448.jpg

神社の脇から続く坂道に沿って歩いていきましょう

sayomaru9-449.jpg

最初に見えて来るのが、石英角斑岩からなるウミネコの繁殖地・経島

sayomaru9-447.jpg
sayomaru9-456.jpg

日御碕神社の神域として一般の立入りは禁止されています
坂道を進み、お土産屋を通り過ぎると、大きな灯台が見えてきます

sayomaru9-450.jpg

明治36年(1903)に設置され、高さは43.65mの出雲日御碕灯台
日本一の高さを誇る灯台です

sayomaru9-453.jpg

光度は48万カンデラで夜間約40km沖合まで達し、100歳を越えた今なお現役い続けてるそうです
灯台の中は入る事でき、最上部の展望台に上がれます

更に石英角斑岩の上造られた遊歩道沿いに歩いて行きましょう

sayomaru9-451.jpg
sayomaru9-452.jpg

灯台と夕日の小道と言う名が付いていますが、結構歩き難い道。ハイヒールは
この辺りも、夕日の名所として知られているそうです

海を見ていると、何やら突起物が

sayomaru9-458.jpg

わっまさか、潜水艦
と思って、暫く見ていたのですが、全然動く様子無し
一体何だったんでしょう

更に進むと

sayomaru9-454.jpg

小さな緑の島が点在する出雲松島

sayomaru9-455.jpg

東北の松島に似ているところから、この名がついています

遊歩道は未だ続きますが、この辺でUターンして、バス停に戻ります
1時間もあればゆっくり散歩できる所なので、是非行ってみて下さいね


to be continued・・・

スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment