日々美々

ARTICLE PAGE

出雲・松江 パワースポットの旅☆松江・塩見縄手編

2014年2月23・24日に行った、松江・出雲 パワースポットの旅の続きです

出雲・松江 パワースポットの旅☆羽田~米子空港編
出雲・松江 パワースポットの旅☆足立美術館編
出雲・松江 パワースポットの旅☆松江、取りあえず「しじみ丼」編
出雲・松江 パワースポットの旅☆松江・松江城編


松江城を出て、北側に向かって歩くと、堀川沿いに古い街並みが残る通りがあります

sayomaru8-901.jpg

この辺りを塩見縄手と言います
のんびりと歩くのにとても相応しい場所ですね
縄手とは、あぜ道とか真っ直ぐな長い道という意味
因みに、京都に四条畷という所がありますが、「縄手」と「畷」同じ読みで同じ意味なんですって

sayomaru8-905.jpg

黒い板塀と白壁の家が並び、ちょっとタイムスリップしたような感覚
松江縁の作家・小泉八雲記念館武家屋敷、美術館などの見所があります


にほんブログ村 美容ブログ コスメへ    
   ランキングに参加しています。今日もワンクリックお願いします 
sayomaru8-902.jpg

骨董品屋やだんご屋、可愛い雑貨屋もありました

sayomaru8-903.jpg

その雑貨屋にちょっと立ち寄ってみました

sayomaru8-926.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
てづくり雑貨 ちろり
島根県松江市北堀町327
0852-23-1722
OPEN: 10:00~17:00
https://www.facebook.com/TedzukuriZaHuochirori
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

sayomaru8-922.jpg

主に作家さんの作品がたくさん売られていましたが、どれもこれも可愛くて
素敵な物ばかり。全部連れて帰りたくなります

sayomaru8-923.jpg

そしてまた2階がとても落ち着く

sayomaru8-924.jpg

お堀を行きかう船とお店の雰囲気がとても合っていて、凄く癒されるの

sayomaru8-925.jpg

無料のお茶のサービスもあって、暖かいお茶を頂きながら、可愛い雑貨に囲まれて
ホッと出来るひとときでした

sayomaru8-927.jpg

店を出て、小泉八雲記念館に行ってみました

sayomaru8-904.jpg

館内は写真禁止なので、写真がありませんが
小泉八雲の名で親しまれている明治の文豪ラフカディオ・ハーンの愛用の遺品や資料が約200点、展示されています

八雲の事は、イギリス人である事。怪談という小説を書いた。という事ぐらいしか知りませんでした
詳しい人なら楽しめると思いますが、八雲って外人だったんだぁ!レベルの人には
ちょっと・・・が正直な感想

入場料は大人300円。縁結びパーフェクトチケット提示で240円に

そうそう、松本城の南側にあるカラコロ広場の壁に描かれているこれ

sayomaru8-928.jpg

フーテンの寅さんっぽいですが、これが小泉八雲です

sayomaru8-906.jpg

八雲記念館の並びにある、武家屋敷にも入ってみました

sayomaru8-931.jpg

嘗て塩見縄手には、200石から600石程度の中級武士の家中屋敷があり、武士が入れ替わり居住していたそうですが
こちらの武家屋敷は、享保18年(1733年)の大火後に再建されたものです

屋敷がたくさんあるのかなと思ったのですが、あるのは1軒のみ
中に入る事は出来ず、外から眺めるだけ・・・
ここも入場料300円はしっかり取られます
もちろんチケット使用で団体料金に

京店商店街に戻って、話のネタと言うかブログのネタに、縁結びスポットを探してみました

sayomaru8-880a.jpg

ハートの石畳
小さな路地「紺屋小路」にある石畳に埋め込まれたハート
いかにも、観光地っぽい演出

sayomaru8-882.jpg

他にも
カラコロ工房にあるピンクのポスト
カラコロ広場に抜ける道にあるカラコロ大黒
カラコロ広場の南側の通りにあるハートのパワーストーン

出雲大社は、カップルや夫婦で行くと別れるという言い伝えがありますが
ココ松江なら、こんな縁結びスポットを探しつつ、絆を深める事が出来そうですね

to be continued・・・

スポンサーサイト

塩見縄手 小泉八雲 小泉八雲記念館 武家屋敷

0 Comments

Leave a comment