日々美々

ARTICLE PAGE

出雲・松江 パワースポットの旅☆足立美術館編

2014年2月23・24日に行った、松江・出雲 パワースポットの旅の続きです

出雲・松江、パワースポットの旅☆羽田~米子空港編


米子空港からバスで、足立美術館に向かいます

sayomaru8-848.jpg

バスは一旦、米子で乗り換えになるのですが
空港の係りの人に、終点の全日空ホテルで乗り換えるよう指示されました
ところが、ホテルのフロントで問い合わせると
30分程待ち時間があり、しかも、皆生温泉から来るバスなので
満席なら座れないとの事
何それ~~~~っと、しばらく呆然とホテルのロビーに居たら
一緒にバスに乗ってた親娘さんらしき人に声をかけられ
3人でタクシーをシェアすることになったのです

一人なら高額になってしまうかも知れないけれど、3人でシェアなら
30分ほどの道のりで、4000円位で行くことができました
元々、ワンメーター550円なので、東京よりは安くつきますね

道中は、タクシーの運転手とも楽しくお喋り
足立美術館までの道のりの、安来能義平野には、白鳥ロードと言う通りがあり
毎年シベリヤから白鳥(正確にはコハクチョウ)が飛来してくるそうです

sayomaru8-849.jpg

昭和50年頃から始まり、今や冬の風物詩となりっているそうです
タクシーの中から見ただけでも、たくさんの白鳥が居る事がわかりました


にほんブログ村 美容ブログ コスメへ    
   ランキングに参加しています。今日もワンクリックお願いします 
sayomaru8-850.jpg

周りは畑だらけの中に、美術館が見えてきました
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
足立美術館
島根県安来市古川町320
0854-28-7111
http://www.adachi-museum.or.jp/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

足立美術館は昭和45年、地元安来出身の実業家、足立全康氏によって開館
日本画の巨匠「横山大観」をはじめ竹内栖鳳、川合玉堂、富岡鉄斎、榊原紫峰、上村松園などの近代日本画と、安来出身の陶芸家「河井寛次郎」、料理人として陶芸家としても名を馳せた「北大路魯山人」の陶芸作品、武井武雄、林義雄らの童画を集め、一万三千坪の大日本庭園が融合した美術館です

sayomaru8-851.jpg

さてここで、米子飛行場で購入した、縁結びパーフェクトチケットが早速役立ちます
通常2.200円の入場料が、団体割引料金の1.800円になります

足立美術館の庭園は、米国の日本庭園専門誌「ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング」の日本庭園ランキングで、かの有名な桂離宮を抑え、5年連続第1位に輝き名実ともに世界一の日本庭園として名を轟かせています

sayomaru8-861.gif

庭は、美術館を取り囲むように、「枯山水庭」「白砂青松庭」「苔庭」「池庭」など6つに分かれています

sayomaru8-852.jpg

茶室への道

sayomaru8-853.jpg

窓枠が、まるで絵の額の様な演出をしています

sayomaru8-859.jpg

苔庭
創設者・足立全康の銅像

sayomaru8-855.jpg
sayomaru8-854.jpg

枯山水庭
窓越しに見る枯山水庭は、同庭園で最も広い敷地を使って造られています

sayomaru8-856.jpg

借景の山々と一体化し、一つの空間として表現されています
隣には喫茶室もあって、ゆっくりとお茶をしながら、庭園を眺める事が出来ます

sayomaru8-857.jpg

「庭園もまた一幅の絵画である」と言った創設者の言葉通りに
この様に、1枚の絵の様な演出がたくさんあります

sayomaru8-858.jpg

白砂青松庭

創設者は91歳で亡くなるまで、自分の目と足で全国から植栽の松や石を蒐集し、庭造りに情熱を傾けました。枯山水庭をはじめ、50,000坪におよぶ6つの庭園は、四季折々にさまざまな表情を醸出します

庭園を楽しんだ後は、2階の展示室へ庭園の美しさが話題になる美術館ですが
ここの収蔵品も素晴らしいものがあります
横山大観や上村松園をはじめとして明治以降の日本の近代絵画約1300点

河井寛次郎や北大路魯山人の陶芸
誰もが1度は、見た事のある絵画が、ズラリと並びます

私は、動物画を得意とする竹内 栖鳳の絵が大好き

sayomaru8-863.jpg

じっと見入っていると、心が安らぎを感じます

じっくり見て3時間は掛かると思います
美術館は他にも、その時期ごとに展覧会も開催されています
新館にはギフトショップも充実していて、楽しく買い物が出来ます

そうそう、ちょうど美術館を出た所で、アンケートを依頼されました

sayomaru8-872.jpg
 内容は、島根県に来たのは
 何度目か。とか
 島根の何処が気に入ったか。
 とか
 ここまで来る手段。とか
 簡単な質問に答えるもの
 でした
 そのお礼にと頂いたのが

 これ
 島根県のゆるキャラ
 「しまねっこ」
 のクリアファイル
 可愛い 
 思わぬお土産まで
 頂いちゃいました

 見所たっぷりの足立美術館
 是非1度足を運んでみて下さい



さてここから、松江に向かいます
松江までの直行バスは無く、最寄駅の安来までの無料シャトルバスに乗ります
この時の注意は、定員になってしまうと乗れない場合があるので
来る際シャトルバスを利用した時に、帰りの予約をする事
或いは、受付で対応してくれるようなのですが、私は全然知らなく(行きはタクシーだったから)
何も予約せず乗ったら、困った顔をされました
幸いにも、満席では無かったので乗せて貰えましたが

安来駅までは約20分
安来から松江までは、JRで約25分程で到着します


to be continued・・・
スポンサーサイト

足立美術館 白鳥ロード

0 Comments

Leave a comment