日々美々

ARTICLE PAGE

「鴻巣びっくりひな祭り」に行ってきました☆レポ2 

埼玉県鴻巣市「鴻巣びっくりひな祭り」

次はひなの里特別展に向かいました

sayomaru8-738.jpg

鴻巣市産業観光館「ひなの里」(鴻巣市人形1-4-20)
平成26年2月16日(日)~3月16日(日)
9時~17時 休館日・水曜日

メイン会場の市役所を出て、駅の方に向かって歩き、中山道を左折して暫く行った所にあり
開催日意外でも、雛人形や赤物など鴻巣の歴史を今に伝える品が展示されています

sayomaru8-735.jpg

この辺りは、中山道の鴻巣宿だったんですね

にほんブログ村 美容ブログ コスメへ    
   ランキングに参加しています。今日もワンクリックお願いします 
sayomaru8-787.png

ひなの里は、明治期建造の蔵を中心とする歴史的建造物、鴻巣市観光協会による特産品の販売スペース、産業・観光の施設案内スペース、展示会や講座にも利用できる会議室、そしてさまざまな鴻巣の姿をデザインしたモザイクアートで彩られた多目的広場で構成されています

sayomaru8-734.jpg

蔵にズラリと並べられたお雛様が圧巻です

sayomaru8-737.jpg
sayomaru8-736.jpg

ちょっとユニークなものも

sayomaru8-739.jpg

ストーリー性のあるお雛様たち
珍しいと思ったら、こちらのスタッフの方がご自分たちで造ったんだそうです

sayomaru8-740.jpg
sayomaru8-741.jpg
sayomaru8-742.jpg

なかなかのアイデアです

こちらには広い中庭があり、そこでも本来、雛人形を並べるのだそうですが
ここ数日間に降った雪の影響で、展示を一時止めていらっしゃいました

本館では、古く希少価値のあるお雛様がたくさんあります

sayomaru8-745.jpg
sayomaru8-743.jpg

古い雛道具と貴重な古今雛も見どころです
こちらでは、お雛様を見ながら、コーヒーや紅茶を頂く事が出来ます(300円)
特産品や手作りのお菓子なども販売されているので
一服する事が出来ます

sayomaru8-744.jpg

たくさん歩いたので、とてもお腹が空きました
鴻巣市が町おこしの為のPRテーマにしている、「川幅日本一」
それ関連の食品がたくさんありますが、特に有名なのが、川幅うどん

その川幅うどんを求めて、かなりの距離を歩きましたが
目星をつけていたお店は定休日ばかり
(木曜日が定休日の店が多いので用注意)

やっとの思いで探し当てたのが

sayomaru8-788.jpg

・・・・・・・・・・・・・
大むら
埼玉県鴻巣市天神1-10-41
048-542-8028
・・・・・・・・・・・・・

ここは特に川幅うどんを売りにしている訳ではなさそうです
そばやうどん、ドンブリ物など色々とありました

sayomaru8-789.jpg

注文したのは、肉汁川幅うどん
右側がうどんですよ(笑)
薄くて、幅広のもちもちの食感
それを左側の肉汁につけて頂きます
肉汁には、豚肉・ねぎ・油揚げが入っています

sayomaru8-790.jpg

いったんもんめみた~~い(笑)

やや薄い翡翠色したうどんは、見た目量が少ない様に見えましたが
これが結構お腹いっぱいになります
うどんは冷たい水に浸けてあるので、肉汁が段々温くなってしまうのがちょっと残念
やっぱり熱々が食べたいから、水の温度を調整した方が良いと思うんだけど・・・

でも、スープの味付けも良いし、こんなに薄くても食感が良いうどんも
とても美味しかったです

鴻巣に行ったら、ぜひ食べてみて下さいね

大むら

昼総合点★★★☆☆ 3.2



関連ランキング:うどん | 鴻巣駅




スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment