日々美々

ARTICLE PAGE

そうだ。鳥取に行こう!☆ANA 鳥取美人物語

最近の私のツボは、山陰地方
昨年の11月に旅をして、Blogでもレポートさせて頂きました
特に盛り沢山だった鳥取県

その鳥取県って、秋田・加賀(石川)・京(京都)・越後(新潟)美人と並んで
“日本五大美人”と言われる地域だったってご存知でした
確かに、美しい風景、美味しい食べ物、そして温泉
実際に旅をしてみて、すごく実感してきました

sayomaru8-547.jpg

私がこの目で見てきた、「地形・地質の博物館」と呼ばれる変化に富んだ地形や地質が豊富さ、砂丘や日本海沿いリアス海岸、火成活動の影響を受けた豊富な温泉資源、そして大地と海の恵み

鳥取県は、旅する者を魅了して止まない場所なのです

そんな鳥取県全日本空輸(ANA)が、観光PRを目的に
観光情報や“美人のもと”となるという名所などを紹介する特設サイトを立ち上げました

それが、ANA鳥取美人物語

tottori.jpg


にほんブログ村 美容ブログ コスメへ    
   ランキングに参加しています。今日もワンクリックお願いします 
sayomaru8-548.jpg

私のお薦めは、鳥取砂丘はもちろんですが、日本海沿岸の変化に富んだ
海岸地形を楽しめる浦富海岸
是非行って欲しいですね

鳥取砂丘の魅力は、風紋の美しさや砂丘から眺める日本海の広大さ、そして夕陽
浦富海岸は、目をみはるばかりの豪快な海岸線や、どこまでも透き通る海水に浮かぶ夢のような白亜の島々を船に乗って見学できる「浦富海岸島めぐり遊覧船」が
お薦めです

更に、女子旅には必須の温泉

鳥取県の温泉と言ったら、一番の有名処では
世界有数のラドンの含有量を誇る三朝温泉
日本海・美保湾に面した白砂青松の海岸と中国地方最高峰の山・大山を望める皆生温泉
東郷湖畔にひらかれた水郷の温泉街のはわい温泉・東郷温泉

そして私も行って来た、岩井温泉

sayomaru8-549.jpg

岩井温泉は、歴史は古く西暦859年の開湯と伝わります。記録に寄れば平安時代清和天皇(源氏の始祖ですね)のころ、藤原冬久という人がお告げにより湯を得て病を治した云々という記述が残っていて
「国民保養温泉地」にも選ばれている伝統の名湯です

この4つの温泉を全部制覇する旅も良いかもね

そして、この時期の日本海と言ったら、この食材

sayomaru8-551.jpg

カニ~~ィ

ズワイガニの成長した雄をこの地方では松葉ガニと呼んでいますが
資源保護のため、毎年、漁獲量に制限を設けているので、とても貴重なカニなのだそうです

カニの他にも、梨、らっきょ、鶏肉、牛肉などが名産ですが
ちょっと気になるのが・・・

sayomaru8-552.jpg

ぐろ~~~いこの魚、タナカゲンゲという深海魚
おっ今流行りの深海魚ですよ(笑)

この深海魚が、実は食べられるんです
ばばちゃんと言う愛称で親しまれているこの魚
松葉がにの底曳き網に一緒に引っ掛かってくるのだそうですが
最初はその姿形から売り物にならないと市場に出回らず、漁師の間だけで食べられていたのですが、近年その味が評判となり、今では鳥取県岩美町の特産品になってます

白身の淡白なお味で、しかもコラーゲンが豊富
鍋などで食べるそうですが、食べられる場所が限られていて、予約も必要との事

私が行った11月末は、まだ何処にも水揚げされていなくて、残念ながら食べる事が出来ませんでした
それが、とても心残り

鳥取県のお隣には、大遷宮が行われたばかりの出雲大社のある島根県もあるとの事で、益々鳥取ブームがやって来そうな気配

ANA鳥取美人物語では、観光も食事も温泉もと欲張りな女子の為の素敵なプランが盛り沢山

こちらを参考にしてみてね
http://www.ana.co.jp/domtour/area/chushikoku/web_tottori/index.html

sayomaru8-550.jpg

私は、今月末に再び山陰に行ってきます
メインは前回行けなかった出雲大社
もちろん足はANA。米子空港を利用する予定です

またこちらでもレポートさせて頂きますね

ANA様のPR活動に協力中


ANAブログレポート


スポンサーサイト

松葉ガニ 温泉

0 Comments

Leave a comment