日々美々

ARTICLE PAGE

ごちしょうさま運動☆「地産食材活用フォーラム」に行ってきました その1 

最近話題の地産地消運動
日本の食を見直す試みの1つですが、特に地産食品は、その地域の風土や気候をうまく生かした、オリジナリテォー溢れるものが多いですね

しかし、いくら素晴らしい食材も、消費しなくては意味がない
そこで、国産農林水産物の消費拡大の施策を一体的かつ、総合的に推進するため、「日本の食を広げるプロジェクト事業」に取り組み、「食のモデル地域」に対して、そこでの生産.製造される国産農林水産物や食品の消費拡大を図るため、農林水産省は、商品開発、販路開拓、人材育成の取り組みの支援をしているんですって

更にその一環として、生産者、媒介者(地産品を活用し、もてなす)、消費者の3者間を結び付ける「ごちしょうさま運動」を設立
ごちしょうに関わる全ての人が、知る、磨く、広める、を意識し、地産地消を推進するのが、「ごちしょうさま運動」なのです

ごちしょうさま運動 オフィシャルサイトhttp://www.gochishosama.jp/

現在、全国65ヵ所が認定されている「食のモデル地域」から出展者を募り、試食、試飲、情報提供などを行う「地産食材活用フォーラム2014」
が開催されたので、行ってきました

本来なら宿泊施設などプロの方限定のイベントなのですが、ブログスカウト事務局さんのご招待で、特別に参加させて頂きました

sayomaru8-506.jpg

この日の出展地域および商品ブースは全部で11
個性的で楽しい商品がたくさんあったので、1つづつご紹介します


にほんブログ村 美容ブログ コスメへ    
   ランキングに参加しています。今日もワンクリックお願いします 
sayomaru8-509.jpg

まずは
沖縄県南城市の「ティーダの恵みのビスコッティ」

南城市で育ったハーブ、野菜、果物をたっぷり使ったビスコッティです
ウコンをメインに、にんじんやカボチャなど。色も鮮やかで素朴
カロリーを意識している女性にも、食物繊維が入ったお菓子です

sayomaru8-517.jpg

長寿の秘訣は、ハーブを食べること!
をコンセプトに、他にもハーブを使った商品がありました

sayomaru8-518.jpg

そこにあったこんな可愛いアイシングクッキー
商品を特徴つける為に、パッケージに入れると仰ってた、ナンジー(なん爺)という、南城市のゆるキャラ
ふふふ、可愛いですね

sayomaru8-512.jpg

そのお隣が
山口県萩市の鮮魚(サワラ、アマダイ、フグ、ブリなど)及びその簡易加工品

日本海に面した萩市は、海の幸が豊富
ブースに並んだ魚たちに目を奪われます

sayomaru8-514.jpg

そして、その横にある刺し盛り!アマダイ、フグ、ケンサキイカ、そしてウニ
なんて、豪華なんでしょう 身が引き締まっていて、どれも美味
特に、ケンサキイカの甘いこと

萩のウニは夏にも赤ウニというものが採れるそうですが、そちらの方がお薦め。と仰っていました

sayomaru8-513.jpg

現在は、高級料理店と取引されることが多いそうですが、大衆向けに加工品などの開発も、力を入れておられるとの事

sayomaru8-515.jpg

次は
富山県南砺市の商品
命と心を育む「食の里 南砺」 土徳の風土を活かした加工品


世界文化遺産.五箇山合掌造りで有名な南砺市
深く美しい山々と田園が広がるこの地域独特の、素材や調理法で「土徳」を感じる商品を生み出していらっしゃいます

sayomaru8-519.jpg

その中でもお薦めされているのが、『第一回地場もん国民大賞』で、銅賞を取った「ラム酒に漬けた干し柿のアイス」
この富山干柿は、なんと1個当たり400円
濃厚なラム酒が効いている、とても大人なアイス
干し柿の味もほんのりして、他では無い味でした

sayomaru8-520.jpg

他にも
富山県産のエンレイと言う大豆の豆乳とこの地方で採れる野菜とで造られた
化学調味料無添加の「畑のソーセージ」
お馴染みの「かぶらずし」こちらも無添加に拘った商品
バラエティー豊かな加工品が揃っていますね

「かぶらずし」は、南砺市の農産加工食品と認定されている商品なんですって

sayomaru8-521.jpg

長野県佐久市の「信州佐久 酒めぐり」
お酒の郷とも言われている、長野県佐久市
澄んだ空気、良質な水、美味しいコメの三拍子がそろっている事で、日本酒を造るのに適した土地なのだそうです

sayomaru8-522.jpg

佐久市だけで13の蔵元があって
それぞれの個性豊かな日本酒を一度に楽しめる様
180mlサイズにして、さらにそれを1セットとして売り出す事になったそうです

sayomaru8-523.jpg

一升瓶を13種類注文するのは大変だけれど、このサイズの物なら、手軽に飲めて
しかもプレゼントとしても喜ばれそうですね

sayomaru8-524.jpg

岩手県九戸村の「甘茶」
甘茶は、砂糖の約200倍の甘みがあると言われていますが、ノンカロリー、ノンカフェインでお子さんにも飲ませることが出来る、体に優しいお茶

sayomaru8-525.jpg

元々は、抗酸化作用や抗アレルギー作用、整腸作用や歯周病抑制作用で注目され、生薬の材料となっていたそうです
だから体に良いのは当たり前

私はちょっと冷めたのを頂いたのですが、とても砂糖が入って無いとは思えない程甘く、飲みやすかったですね

sayomaru8-526.jpg

他のお茶とブレンドしても良いし、料理などの甘味料としても使えるそうです

sayomaru8-527.jpg

石川県津幡町の「まこもの水煮」
まこもって初めて聞いたのですが、イネ科の植物で、水辺に群生し、中華料理で高級食材としても利用されているそうです
食物繊維、ビタミンB1・B2、カルシウム・鉄分などが豊富で
コリコリとした食感で、焼くとほんのり甘くなります

sayomaru8-528.jpg

9月から11月しか食べられない、このまこもを、1年中食べられるように
生の食感を残しつつ水煮にしたのが、この商品です

sayomaru8-529.jpg

酢漬け頂きましたが、ポリポリと歯触りがよく、メンマに近い感じがしました
調理が簡単なので、食材としても使え、料理の幅が広がりそうですね


to be continued・・・

スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment