日々美々

ARTICLE PAGE

バスツアーで行く☆神代温泉&伊勢神宮の旅 その1

年末は毎回、母と旅行に行くのが習わし
昨年末、何処に行こうかとあれこれ悩み、候補に上がったのが、ずっと行きたかった伊勢神宮
式年遷宮の年でもあったので、やっぱり行っておきたいですよね

ならば、実家の大阪から日帰りで行けるじゃんって事で
大阪からのバスツアーを探しました
ありましたありました

私が選んだのは、H.I.Sの
伊勢志摩神代温泉 五感の宿慶泉で味わう伊勢海老・あわび・特選和牛会席と
伊勢神宮外宮内宮両参り


朝8時、梅田を出発して、伊勢志摩の旅館で昼食&温泉、その後、伊勢神宮の内宮外宮を回るコースです
なかなかの、充実感で一人9980円なり

詳細はこちら

sayomaru8-257.jpg

名阪道・伊勢自動車道などを通り
途中1度だけトイレ休憩がありの、約3時間のバスの旅

sayomaru8-239.jpg
sayomaru8-240.jpg


にほんブログ村 美容ブログ コスメへ    
   ランキングに参加しています。今日もワンクリックお願いします 
sayomaru8-258.jpg

こんな風景も懐かしく(何せ大阪を離れて約30年)

sayomaru8-265.gif

最初の目的地、伊勢志摩神代温泉・慶泉に到着

sayomaru8-238.jpg

伊勢志摩最大の湯量を誇る露天風呂と料理が自慢で
高台にあるので、伊勢湾が一望でき、立地的にもとてもいい旅館です
なんとヘリポートまで完備

sayomaru8-264.jpg

まずはランチタイム
地下のお座敷へ案内され・・・

sayomaru8-241.jpg

ズラリと並んだお膳には、豪華な食事が
伊勢海老・あわび・特選和牛会席だぁ~

sayomaru8-242.jpg

品書き
・小鉢    季節の物  
・焼八寸   季節の物   
・造里    伊勢海老姿造り 他三種  
・煮物    煮魚  
・焼き物   あわび踊り焼き  
・油物    天婦羅(海老・野菜他)  
・温物    特選和牛すき焼き  
・蓋物    茶碗蒸し  
・御飯    季節の釜飯  
・香の物  
・水物    季節の物

sayomaru8-243.jpg

何と言ってもまず目に入るのが、伊勢海老やブリなどのお造り
プリプリと身が締まった伊勢海老は、甘みがあって美味
甘エビとはひと味違う旨みが口いっぱいに広がります

sayomaru8-244.jpg

ウニとヒジキがたっぷり入った釜めし
ウニはね、本当は生で頂きたいところだけれど、釜めしにしちゃうなんて贅沢
こんな贅沢な釜めしを、お茶碗にしたら3杯分位のたっぷりな量
これだけで、もうご馳走です

sayomaru8-245.jpg

あわびの踊り焼き
活きてたよ~~~お。動いてたよ~~~お
でも、あまり好きじゃないから、あわび好きの母にあげちゃった

そしてその向こうには、松坂牛のすき焼き
松坂さん、お久しぶり~~いいい
柔らかいねえ。あんまり噛まなくても、食べられちゃうんだけれど
勿体無いから、ゆっくり味わったよ
ああ~~出来ればもっとおかわりしたかったなあ

sayomaru8-246.jpg

煮物はブリ大根
出汁がしっかり浸みていて、これ美味過ぎ
大根浸み浸み

茶碗蒸しも、良い味
やっぱり関西風は口に合いますね

sayomaru8-247.jpg

もずくのお吸い物
これも関西風の薄味で、私好み

天ぷらは、海老とさかなと獅子唐の3種
抹茶塩で頂きました

sayomaru8-248.jpg

最後にフルーツ
キウイとパイナップル、オレンジはゼリーでした

いや~~~あ、たくさん頂きました
ランチメニューとは思えない程の贅沢なお料理
お給仕して下さったお姉さま方も、面白い方々で、楽しく食事が出来ました

さて、食事が終わると、皆でお風呂

sayomaru8-249.jpg

ここは、露天付きの大浴場の他にも、貸切露天風呂、離れ貸切露天風呂があります
食事のお座敷の隣にある、外の通路を通って行くのですが

sayomaru8-250.jpg

ここの池には、見事な錦鯉がウジャウジャ・・・高そう

sayomaru8-262.jpg

結構お湯の温度が高いですね
露天のお湯は更に熱い
熱いお風呂が好きだから、気持ち良かった
色も匂いも、ヌメリもないサラッとしたお湯でしたが、芯からしっかりと温まる
とても良いお風呂でした

サウナもあったのですが、この日はメンテナンス中で使えなかったのが残念

sayomaru8-263.jpg

食事とお風呂で約2時間をここで過ごし、さ~あ、いよいよ伊勢神宮に向かいましょう



to be continued・・・

スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment