日々美々

ARTICLE PAGE

山陰海岸ジオパーク女子旅☆湯の町・城崎温泉へ

11月24日~11月26日
山陰海岸ジオパーク女子旅モニターツアーに参加した記事です

香住駅から約30分
湯の町・城崎温泉に到着

sayomaru8-82.jpg

大正時代の文豪、志賀直哉ゆかりの地で知られている城崎温泉
懐かしい風情の残るここは、なんと平安時代から知られている温泉で1300年の歴史があるそうで
一の湯、御所の湯、まんだら湯、さとの湯、柳湯、地蔵湯、鴻の湯の七湯の外湯を入るのが名物で、 外湯めぐり発祥の地とも言われています

sayomaru8-70.jpg

もちろんこの季節、蟹を食べに来るお客さんもたくさんいらっしゃいます

駅前には、こんなユニークなオブジェが
以前来た時にあったかなぁ~~
と言っても、ドラマの撮影で来たのだけれど


にほんブログ村 美容ブログ コスメへ    
   ランキングに参加しています。今日もワンクリックお願いします 
sayomaru8-71.jpg
sayomaru8-78.jpg
sayomaru8-120a.jpg

飲用の湯や足湯もあるので、ゆっくり温泉に入っている時間が無い人でも楽しめます

まずは・・・
城崎を俯瞰で見ようと、駅より東側にある東山

sayomaru8-79.jpg

少し盛りを過ぎていましたが、紅葉も綺麗

sayomaru8-83.jpg
sayomaru8-80.jpg
sayomaru8-84.jpg
sayomaru8-101.jpg
sayomaru8-81.jpg

なかなか良い眺めでしょ
円山川や日本海も見えます

では、山を降りて、街を歩きましょう

sayomaru8-102.jpg
sayomaru8-88.jpg
sayomaru8-85.jpg
sayomaru8-87.jpg

城崎の風景で真っ先に浮かぶのは、この川沿いに並ぶ、柳や趣のある建物ですね
浴衣を着て、下駄を履いて、温泉巡りをするのがポピュラーなスタイルですが
私は2つの外湯へ向かいます

まずは

sayomaru8-97.jpg

一の湯
街のちょうど真ん中あたりにあるこの温泉
温泉医学の祖、香川修徳がその著「薬選」の中で当時新湯といったこの湯を、天下一と推賞したことから名づけられたそうです

中に入ろうとしたその時
外国人のご夫婦が出てきたので、厚かましく写真を撮らせて貰いました

sayomaru8-90.jpg

ちょっと照れくさそうでしたが、浴衣の着方もなかなか素敵なお二人
ありがとうございました

一ノ湯の最大のウリは、掘り抜いた洞窟に湯をはった洞窟風の露天
結構な奥行きがあり、浴槽の底部にはいろんな高さの岩があるので、子供も大人も楽しめます

sayomaru8-91.jpg
sayomaru8-89.jpg

一ノ湯から更に東に歩いていくと

sayomaru8-93.jpg

2008年に出来た、個性豊かな10店舗が集合した商業施設、木屋町小路

名前からして、京都をイメージしているのかしらと思いましたが
スイーツショップやお土産屋、リラクゼーションショップなどがあります

sayomaru8-94.jpg

休憩ゾーンとなる三十三間広場には、火伏壁(ひぶせかべ)と呼ばれる防火壁が設けられています

sayomaru8-95.jpg

大正14年(1925)に発生した北但大震災の際、地震後の火災で被害が広がったことを受け作られた火伏壁を復元したもので、城崎温泉復興のシンボルとなっているそうです

sayomaru8-92.jpg

志賀直哉の「城の崎にて」に出てくる3匹の動物(鼠・イモリ・蜂)のオブジェが、この敷地内にあるとの事で、探してみたのだけれど・・・

見付からない

何度も建物内を回ってみたけれど、一匹も見付ける事が出来ず
しかも、お店の人も知らないとの事で、まさかガセじゃないでしょうね
どうなっているの

探すのを諦めて、目の前の外湯に

sayomaru8-96.jpg

京都御所をイメージして造られたという、御所の湯

通称「美人の湯」として女性に人気の外湯で、平成17年にリニューアルして今の位置に移されましたそうです

sayomaru8-98.jpg

外観の豪華さもスゴければ、内装もスゴイ

sayomaru8-99.jpg

天井絵や屏風絵もやっぱり京都御所をイメージなのかな
そして風呂は・・・

内風呂と露天風呂は、大きいガラス窓で仕切られているので、明るい日差しが中まで差し込み、とても開放的
そして露天風呂は、滝が流れる庭があり、まるで林の中にある露天風呂に入っている気分
御所というだけあって、とても贅沢な気分が味わえます

温泉ミストもあって、お肌ツルツル
さすが美人の湯。ここは、女子なら絶対に入って欲しいですね

sayomaru8-100.jpg

美味しそうなスイーツやカフェもたくさんあったのですが、見向きもせずに
次なる場所へ

sayomaru8-86.jpg

豊岡に向かいます


to be continued・・・

sayomaru7-830.jpg
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment