日々美々

ARTICLE PAGE

山陰海岸ジオパーク女子旅☆これは必見!砂の美術館

11月24日~11月26日
山陰海岸ジオパーク女子旅モニターツアーに参加した記事です

2日目は、砂丘の横にある砂の美術館を鑑賞して
その後東側に移動します
8時頃ホテルをチェックアウト。もっと早く出たかったのだけれど
砂丘行きのバスが、一番早いので8時25分
仕方ありません。が!
なんと、8時25分のバスの運転は無く(問い合わせて聞いたのになぁ
一番早いのが9時05分発の昨日乗った岩美・岩井線

ああ~~またまたタイムロス

sayomaru7-883.jpg

時間まで、待合所で時間を潰し(ああ~~つくづく勿体無い
砂の美術館

・・・・・・・・・・・・・・・・
砂の美術館
鳥取県鳥取市福部町湯山砂丘
0857-20-2231
http://www.sand-museum.jp/
・・・・・・・・・・・・・・・・

sayomaru7-884.jpg

砂の美術館は、日本で唯一「砂」を素材にした彫刻作品を展示する美術館で
砂像彫刻家・茶圓勝彦氏プロデュースの元、毎回、各国のプロの砂像彫刻家を招いてテーマに沿った砂の像を制作

2006年からスタートし、現在は第六期展示( 期間:2013年4月20日~2014年1月5日 )
テーマは、〔砂で世界旅行・東南アジア編 ~王朝の栄華とよみがえる神秘の国々~〕


にほんブログ村 美容ブログ コスメへ    
   ランキングに参加しています。今日もワンクリックお願いします 
カンボジアの世界遺産「アンコールワット」(高さ4・2メートル、幅19・2メートル)や「フィリピンのバロック様式教会」(高さ3メートル、幅6・6メートル)、民俗衣装でダンスを披露する女性らを表現した「王に奉げる舞踊」(高さ3メートル、幅7・8メートル)などで歴史や伝統文化を紹介する作品が、計19点

sayomaru7-882.jpg

会場手前(第一ステージ)が現在の東南アジアを、奥(第二ステージ)は栄華を誇ったクメール王朝(カンボジア)など過去の姿を再現しています

sayomaru7-885.jpg

美術館展示室、入り口にあった「バリヒンドゥーの守り神」

sayomaru7-886.jpg
sayomaru7-887.jpg

第一ステージのど真ん中にある「パゴダと僧侶たち」(ミャンマー)
パゴダとは、仏塔を表す言葉で、お釈迦さまの化身と言われているそうです

sayomaru7-889.jpg

「フィリピンのバロック様式教会」

sayomaru7-888.jpg

「古都ホイアン」

sayomaru7-900.jpg

左上:「マラッカ海峡とシンガポール」
右上:「ボロブドゥール遺跡」
左下:「影絵芝居 ワヤン・クリッ」
右下:「マーケットと街の賑わい」

sayomaru7-891.jpg

「密林で幻の文明と遭遇した探偵家」
密林の中に、ボロブドゥ―ルを発見したトーマス・ラッフルズ
アンコールワットを発見したアンリ・ムオたちを描いています

sayomaru7-894.jpg
sayomaru7-896.jpg

「王に捧げる舞踊」

sayomaru7-890.jpg

「熱帯雨林に潜む動物たち」

sayomaru7-893.jpg
sayomaru7-895.jpg
sayomaru7-892.jpg

そして、会場の真正面に一際大きな作品
「歓喜の行進」

sayomaru7-899.jpg

そしてその上にあるのが、「アンコールワット」

sayomaru7-898.jpg
sayomaru7-897.jpg

とにかくここは凄い絶対見て欲しいですね

これらの作品は、木の土台を造り、その上に砂に水を加えて、固めた物を乗せただけで造られています
製作に3ヶ月を費やし、その後9ヶ月間公開
毎年テーマが変わり、今度で6度目
細かいディティールまで正確に造られており、その完成度の高さに溜息が出ます

因みに、12月14日から25日まで、3Dプロジェクションマッピングが見られるそうです
これは面白そうですね

屋外にも2点、作品があります

sayomaru7-901.jpg
sayomaru7-903.jpg

砂丘を一望できる休憩所も

sayomaru7-904.jpg
sayomaru7-905.jpg

展望広場から見える景色は

sayomaru7-902.jpg

ちょっと小さくなったけれど、写真を繋げてみました

砂丘の隣には、多鯰ヶ池(たねがいけ)があります

sayomaru7-906.jpg
sayomaru7-907.jpg

多鯰ケ池は、鳥取砂丘が谷をふさいだ為にできたせき止め湖で
周囲3.4km、面積0.23㎞²
この池は、水面が日本海の海水面よりおよそ16m高く、最大水深は中国地方第1位で17.3mなのだそうです
多鯰ケ池を見学している内に、雨が降って来ました
激しく降ったり、陽が差したり、不安定なお天気

バスに乗り、鳥取駅前に向かう途中
バスの中から見えた風景が、これ

sayomaru7-831.jpg

ちょっとピントが曖昧ですが、実際はもっと美しかったですよ~~お


to be continued・・・

sayomaru7-830.jpg
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment