日々美々

ARTICLE PAGE

サントリー 登美の丘ワイナリー ツアー 2013 秋篇に行ってきました☆vol.1 

9月に入りまだ暑い日が続いていますが、そろそろ秋の気配もし始めた今日この頃
そんな実りの秋にピッタリな、サントリートピックスさん主催のブロガーイベントに参加してきました

sayomaru6-905.jpg

登美の丘ワイナリー 技師長が語る特別ワイナリーツアー2013 秋篇
i_03.gif
登美の丘ワイナリーは、山梨県北巨摩の登美の丘に広がるサントリーの
ワイナリーで、自家葡萄園を持ち自らの手で土作りから、葡萄の栽培、醸造・熟成まで一貫したワインづくりを展開しておられます

そんなワイン造りへの拘りを体験できるツアーは、一般向けも開催されていますが
今回は特別に、通常では見る事の出来ない新醸造設備見学やレアなお話しなども聞ける、特別バージョンでした

sayomaru6-893.jpg


にほんブログ村 美容ブログ コスメへ    
   ランキングに参加しています。今日もワンクリックお願いします 
甲府駅南口のバス停から、ツアーバスは出ています

sayomaru6-894.jpg

我々はブロガー専用のバスで出発です

sayomaru6-895.jpg

甲府駅からワイナリーまでは約40分
その間バスの中で、簡単な自己紹介をして過ごしました

sayomaru6-896.jpg

そして本日の主役、高谷技師長さんが登場
明るくて元気な技師長さん
その言葉を良く聞いていると・・・な~~んだ関西人。同郷だ。と途端親近感が

それにしてもこの方のよく喋る事さすが関西人。時々ダジャレも織り交ぜつつ
知識ももちろん豊富で、そのお話しはとても面白く、興味深いものばかりでした

さてそうこうしている内に、バスは段々山深い場所へと進んで行き

sayomaru6-897.jpg

途中、スイッチバックしなければならない場所があったりして
到着した場所が・・・

sayomaru6-925.jpg

絶景~~~え

sayomaru6-899.jpg
sayomaru6-901.jpg

眼下に広がるは甲府盆地。そして南アルプス。更に富士山・・・と言いたいところですが、生憎富士山は、雲に隠れてお出ましならずでした

sayomaru6-900.jpg

でも、充分に美しいこの眺望
ブドウ畑というよりは、まるでイングリッシュガーデンのような可愛さ
ワイナリーの総面積はおよそ150ha。東京ドーム約32個分らしいです

sayomaru6-898.jpg
sayomaru6-904.jpg

まるでヨーロッパのコッテージか別荘のようにも見えます

sayomaru6-902.jpg

技師長は、富士山が見えないのは日頃の行いの悪いヤツが居るからやあ
と終始言っていましたが、これが後ほど、誰が行いが悪いヤツなのかわかる訳で・・・(笑)

sayomaru6-926.jpg

この贅沢な眺めを堪能した後は、お待ちかねのランチタイムです

sayomaru6-906.jpg

2階にあるレストランへ

sayomaru6-927.jpg

レストランに上がる階段の途中にあった大きな樹。これは桜の木です
かなりの樹齢と思われますが、春には見事な花を咲かせるのでしょうね

sayomaru6-907.jpg

ガラス張りのレストランからの眺望も素晴らしく

sayomaru6-908.jpg

そして、ここに来たからには、飲むでしょ

sayomaru6-909.jpg

ランチで頂いたのは、お肉料理をチョイスしたので

「登美の丘 赤 2010」
美し過ぎる~う

円やかで、赤にしてはやや軽めのお味。とても飲みやすいですね

sayomaru6-911.jpg

技師長が乾杯の音頭を

sayomaru6-910.jpg

そしてお食事は

富士桜ポークのソテー 赤ワインソース
富士桜ポークって初めて知りましたが、幻豚と呼ばれ、身の柔らかさとしっかりした食感が人気なのだそうです

柔らかいけれどしっかりとした味のある、とても美味しいお肉
赤ワインのソースととても相性が良かった

sayomaru6-912.jpg

to be continued・・・


「サントリー登美の丘ワイナリー」のサイト
http://www.suntory.co.jp/factory/tominooka/
「サントリー日本ワイン」のサイト
http://www.suntory.co.jp/wine/nihon/



スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment