日々美々

ARTICLE PAGE

心癒すアートの旅☆瀬戸内国際芸術祭 男木島編 3

8月19~22日に行った、瀬戸内国際芸術際の旅行記です

sayomaru6-770.jpg

坂を下って行くと、田畑が多くある中に、やはり廃墟が目立ちます

sayomaru6-769.jpg
sayomaru6-773.jpg

ちょっと切ない風景を横目に、南側の海の方に向かって行きます
sayomaru6-800.gif


にほんブログ村 美容ブログ コスメへ    
   ランキングに参加しています。今日もワンクリックお願いします 
sayomaru6-772.jpg
sayomaru6-771.jpg

こういうモノも作品に見えたりして・・・

海岸沿いには、暑さを逃れて日陰でのんびりしている子達が

sayomaru6-774.jpg

更に海岸線に沿って歩いて行くと・・・見えてきました

sayomaru6-776.jpg

何やら埠頭の先に不思議な物体

sayomaru6-775.jpg

山口啓介氏作の 歩く方舟
旧約聖書のノアの方舟に想を得た立体作品
海や空に溶け込むよう、白と青の模様をした方舟が、海を渡ろうと歩くさまを視覚化していて
福島県のいわきに向かって海を渡ろうとしているそうです

この作品がいわきの方向に向いて立っているとの事

sayomaru6-777.jpg

現在休校中の男木学校(男木小・中学校)にも、いくつかの作品がありました

sayomaru6-801.jpg

アーティスト集団「昭和40年会」が、男木学校を舞台に
大人も学べる「昭和40年会男木学校(PSS40)」を開校

スローガンは「小学校からやりなおせ」

sayomaru6-803.jpg

メンバーは
パルコキノシタ:校長
有馬純寿:音楽・科学
大岩オスカール:美術
松陰浩之:美術系体育・肉体塾主宰
小沢剛:社会科・4-2担任
会田誠:文学部・人形劇部・バーベキュー部

もちろん皆さん昭和40年生まれ

学校の各教室に作品がありました

sayomaru6-778.jpgsayomaru6-779.jpg

パルコキノシタ氏作 男木校長室

教室の壁に描かれているのは、鷹の絵
ドイツの子供が描いた鷹
ウクライナの子供が描いた鷹

黒とゴールドで描かれた鷹で溢れていました

sayomaru6-780.jpg

パルコキノシタ氏作 おたのしみ会(祭りの後バージョン)
床のペダルを踏むといきなり鳴り出す音楽ときらめく照明
校長室を子供の遊び場に解放し、保健室を「お楽しみ会」としてディスコ空間に変身させるといった仕組み

sayomaru6-781.jpg
sayomaru6-782.jpg

小沢剛氏作 4年2組「ポスターの写真」
学校教材の幅広の掛け軸を使い、現代の問題をゆるやかに批判する写真を展示
子供たちが描いた原発推進のポスターを写真に撮ったものでした

sayomaru6-785.jpgsayomaru6-786.jpg

松蔭浩之氏作 肉体塾「移動に注意を要する教室」
社会科資料室に、カラフルなゴムひもが張り巡らされたスペクタクルな空間
この中をまたいだり、くぐったりして楽しみます
地球儀や月球儀など丸い物体が散りばめられているのも面白いです

sayomaru6-784.jpgsayomaru6-807.jpg

大岩オスカール氏作 ミラールーム「鏡の部屋」
誰もいない部屋に置かれた椅子が1つ。
向かい合わせになった鏡によって増幅されるのは、瀬戸内の過疎化と今後の人口増を表現しているのだそうです

sayomaru6-787.jpg

廊下にも作品が

sayomaru6-805.jpg

後ろ姿から察するに・・・
校長先生のパルコキノシタ氏
壁に書いているのは小説の一部分。最近の子供はあまり本を読まなくなったので
こんな風に、壁に書いているのだそうです

じぇじぇじぇのTシャツが笑えます

sayomaru6-804.jpg

会田誠氏の、製作中の作品も展示されていました

sayomaru6-806.jpg

校庭に目をやると

sayomaru6-783.jpg

見事なライン引きのアート

sayomaru6-808.jpg

そしてブランコの延長上にある島、気が付いたでしょうか

sayomaru6-809.jpg

爆笑
本当の名前は五剣山というそうです

そして、校庭に居たのが

sayomaru6-789.jpg

おお!あの時、港に居た彼らです
多分、昭和40年会のメンバーでしょうね

sayomaru6-788_20130831191229784.jpg

何だかほのぼのとした気分で、学校を後に
フェリー乗り場方向に向かって行きました

その途中にあった作品

sayomaru6-790.jpg
sayomaru6-791.jpg

オンバ・ファクトリー
坂道や細い路地が多い男木島で必需品の、オンバ(乳母車)
その島の人たちのオンバにカラフルなペイントを施し、島の風景を賑やかに彩るといった試み
確かに、この島の各家の前には、可愛いオンバがありました

sayomaru6-792.jpg

ここで、お茶を頂く事もできます
冷たいコーヒーを頂きならが、暫しホッと一息

sayomaru6-793.jpg
sayomaru6-811.jpg

アーサー・ファン氏作 光の家

男木島の象徴である灯台と、山の様に連なる家並みのイメージを組み合わせた造形
手すりのポールに設置されていて、全部で3つあるそうです
(私は1つしか出会えなかった)

更にフェリー乗り場近くの作品

sayomaru6-795.jpg
sayomaru6-794.jpg

西堀隆史氏作 時の廊下
香川県の伝統工芸品である和傘を約600本使った作品
骨の部分にモーターを取りつけて傘が回転する仕組みになっていました

前回ここでの作品は、うちわの骨組みを使った作品でした
似た作品だったので、同じ作家さんなのでしょうね

sayomaru6-796.jpg

フェリー乗り場の直ぐ近くにあった作品

sayomaru6-797.jpg

TEAM男気作 男気プロジェクト
7艘の漁船に「男木の男気」をイメージした絵を施したり、大漁旗や祝い旗を掲げるといったもの

もう1つ

sayomaru6-798.jpg
sayomaru6-799.jpg

矢野恵利子氏作 あたりまえと当たり前と  
男木島の自然や生活空間、路地などさまざまな風景を、きり絵のように表現した
フェリー乗り場の休憩所です


さて、男木島での殆どの作品を見尽くしました
これから1度高松港に戻り、更に今夜の宿がある直島に渡ります

to be continued・・・


瀬戸内国際芸術祭http://setouchi-artfest.jp/


スポンサーサイト

1 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/08/31 (Sat) 21:10 | REPLY |   

Leave a comment