日々美々

ARTICLE PAGE

神の森、加子母森林ツアーに参加してきました☆出発~到着編 

今年は伊勢神宮は、20年に一度の式年遷宮の年
この記念すべき年に、是非お伊勢参りをしたいと、私も思っています

その式年遷宮に使われる御用材
もうテレビや新聞で取り上げられているので、ご存知の方も多いと思いますが
そう、ヒノキですよね

ヒノキは、日本と台湾にしか生息しない樹木で
日本では建材として最高品質のものとされ、日本の伝統建築物に、そのヒノキがたくさん使われています

ところで、岐阜県南東部の小さな村に、その式年遷宮の為の御用材が育つ、木曽ヒノキの神宮備林がある事をご存知でしょうか

それが、加子母という所です

加子母村は94%が森林で
日本の建築文化を代表する法隆寺金堂や姫路城、銀閣寺などを修復した用材は、樹齢数百年の木曽ヒノキで、その加子母村にしかないないそうです

実は、そんな知識も全く知らずに、お友達に誘われるまま
先日、加子母村・森林ツアーに参加してきました

sayomaru6-115.jpg

ツアーは、優良な加子母ヒノキを建築に取り入れていこうと森林づくりの活動に力を注ぐ、東京都武蔵野市にある(株)丸二主催
加子母森林組合共催で開催されたもので
ツアーではその森林づくりの現場を見学し、加子母の林業について学びました

(株)丸二さんと加子母森林組合さんは農商工連携事業の認定を受けていらっしゃいます
農商工連携とは、農林漁業者と商工業者等が通常の商取引関係を超えて協力し、お互いの強みを活かして売れる新商品・新サービスの開発、生産等を行い、需要の開拓を行う事だそうです

今回のツアーでは、ヒノキの美しさはもちろん、人の手によって保たれている森林の意味、手付かずの森の素晴らしさ、壮大な式年遷宮斧入れ式の様子、農商工連携制度の大切さなど、体験&勉強をさせて頂く事が出来ました

sayomaru6-119.jpg


にほんブログ村 美容ブログ コスメへ    
   ランキングに参加しています。今日もワンクリックお願いします 
吉祥寺を8時半にスタートし、のんびりとバスの旅です

sayomaru6-121.jpg

車内では、ヒノキについてのDVD観賞したり、お弁当を食べたり
またサービスエリアでは、ご当地ものを買い食いしたり・・・
と楽しく時間が過ぎていきます
子供さんの参加もあったので、車内はとても明るく賑やかでした

sayomaru6-122.jpg

5時間程のバス旅の後、到着した加子母
まずは、加子母森林組合が運営するもくもくセンター

sayomaru6-124.jpg

加子母で作られた、工芸品・木工品がズラリ
こうやって見ると、日本人って本当に木に頼って生活しているってわかりますね

そこで、参加者全員に素敵なプレゼントが

sayomaru6-125.jpg

ネームプレート
素朴で、懐かしくて、ナンカ嬉しいよね

そこから少し歩いて、木材市場を見学

sayomaru6-117.jpg

加子母には、20社余りの製材所があるそうで
国道を走っていると、あちこちで材木置場があるのがわかります

sayomaru6-127.jpg

ちょうど間伐材直売所では、「御神木奉搬写真展」が開催されていました

sayomaru6-118_20130702132501.jpg

御神木の斧入れ式や奉搬の様子が、たくさんの写真に収められていて
大変興味深かったです

sayomaru6-126.jpg

御神木は、当然の如く、チェーンソーではなく
伝統的な手法、木の幹に3方から斧を入れる、三紐伐りという方法で伐採されます
20年に一度だけこの地で儀式として残されている特別なやり方なんですって

そこから伊勢まで、まるで神の様に運ばれていくヒノキの姿も、とてもユニークでした

sayomaru6-123.jpg

これらの写真を撮られた原さんから、色々とお話しを聞く事も出来ました

ヒノキの知識を少しだけ身に付けて、次の場所へ・・・


株式会社・丸二http://www.maruni-wave.co.jp/
加子母森林組合http://www.fa-kashimo.jp/
農商工連携認定事業について http://j-net21.smrj.go.jp/expand/noshoko/nintei/entry/tokyo/090629-003.html" target="_blank">http://j-net21.smrj.go.jp/expand/noshoko/nintei/entry/tokyo/090629-003.html
次回森林ツアー募集のお知らせhttp://www.maruni-wave.co.jp/event.html


to be continued・・・

スポンサーサイト

ヒノキ 伊勢神宮 式年遷宮 加子母

0 Comments

Leave a comment