日々美々

ARTICLE PAGE

シンプルスキンケア・nesno(ネスノ)☆石鹸で落ちる日焼け止め

ちょっと間が空いちゃったけれど、スキンケアブランド、nesnoのご紹介

sayomaru4-951.jpg

今日は、日焼け止めゲルと石けん

日焼け止めを選ぶ時の大きなポイントは、多分「紫外線吸収剤を使っているか、いないか」じゃないでしょうか
紫外線吸収剤とは、肌に塗った吸収剤の成分が紫外線を一旦吸収し、それを熱エネルギーに変えてしまう化学的な反応を利用した日焼け止め剤の成分で、紫外線によって分解されると肌に刺激の強い物質となってしまい、かゆみや肌荒れを起こしてしまうと言われていて
どちらかというと、毛嫌いされていますね

私自身は、吸収剤が全て悪と考えてしまうのは、ちょっと尚早な気もするのですが
今の季節、紫外線は少ないけれど、日焼け止めは付けたい
でも、肌が過敏になっていて、肌荒れが心配という時は、やはり避けたい成分ではあります

nesnoの日焼け止めは、界面活性剤やオイル、シリコンを一切使わず、肌の負担となる
紫外線吸収剤も無添加



にほんブログ村 美容ブログ コスメへ    
   ランキングに参加しています。今日もワンクリックお願いします 

sayomaru4-952.jpg

ネスノ バランスディフェンス UV <日焼け止めゲル>
ノンケミカル/SPF23 PA++ 50g 2.450円

無着色・無香料・旧表示指定成分無添加・紫外線吸収剤フリー・オイルフリー
・界面活性剤フリー・パラベンフリー・ノンシリコン、と徹底的に拘った日焼け止め

この手の日焼け止めって、紫外線散乱剤である、酸化チタンや酸化亜鉛などの色が目立ち
肌に塗ると、白くなるといった欠点がありましたが
最近のは凄いですね。進化してるわ
正直最初は少し白いです。でも馴染まして行くと、白さが気にならなくなります
そして艶感。シリコン無添加なのに、この艶感
これまでの、マットで白いイメージは全くありません
吸収剤を付けた時の、被膜感ももちろん無いし、付け心地良いですよ

全成分
水、グリセリン、プロパンジオール、BG、酸化チタン、ジグリセリン、ペンチレングリコール、シリカ、フェノキシエタノール、カルボマー、水酸化Na、キサンタンガム、ポリクオタニウム-51、ヒアルロン酸Na、 塩化Na、クエン酸Na、塩化Ca、クエン酸、塩化Mg、メタケイ酸Na、塩化K、硫酸Mg、炭酸水素Na


更に大きなメリットが、強いクレンジングを使わなくても落とせる事
いきなり石けんで洗顔!でも

クレンジングでの肌負担も避けられるので、過敏肌に適していますね

で、こちらの石けん

sayomaru4-953.jpg

ネスノ バランスウォッシュ <石ケン>
100g 1.500円

nesnoのシンプルケアは、プラスをシンプルにする事ともう1つ、マイナスもシンプルにする事
つまり、与え過ぎない、奪い過ぎないがポイント
その為に、強いクレンジングを薦めていません
きちんと汚れを落とす事は大切だけれど、洗うことで肌の潤いを閉じこめる機能「細胞間脂質」も洗い流されてしまいます
でもそれは24時間かけて、ゆっくり修復されていくのです
だから、石けんで洗うのは1日1回で
それ以外は、脂肪間皮脂が損なわれないよう、例えば水だけで洗う、を薦めていらっしゃいます

そしてその1日1回の洗顔で使う石けんも、汚れだけでは無く、古くなった余分な角質を取りのぞく事にも着目した、昔ながらのアルカリ性石けんなんです

純植物性の石けんベースに、楊貴妃が美容のために愛用したシロキクラゲの抽出物、うるおい成分の天然シルクパウダー、温泉に含まれる美肌成分「メタケイ酸・カルシウム・マグネシウム」を使用し
モッチリした泡が、肌に優しく、潤いを残しつつ汚れをしっかり取り除いてくれます

全成分
石ケン素地、水、グリセリン、シルク、ベントナイト、シロキクラゲ多糖体、塩化Na、クエン酸Na、塩化Ca、クエン酸、メタケイ酸Na、塩化K、塩化Mg、硫酸Mg、炭酸水素Na



nesnoオフィシャルサイトhttp://nesno.net/
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment