日々美々

ARTICLE PAGE

2012年・年末☆金沢&輪島旅行 vol.5(輪島朝市と金沢みやげ)

12月29日(土)

昨日降っていた雨は止み、薄っすらと日が差してきた
今回の旅行で一番ついていたのはお天気。予報では3日間とも雨だったのだけれど
3日間の内2,5日お天気に恵まれた
大体、母と旅行すると、お天気に恵まれる傾向にあるんだけれど、どちらが、晴れ女なんだろう

さて、朝一番にサクッと温泉に入り、いざ朝食へ

sayomaru4-876.jpg

朝食もこんなに豪華
これ以外に

sayomaru4-877.jpg

湯豆腐とふぐの一夜干し
朝から、しっかり頂きました


にほんブログ村 美容ブログ コスメへ    
   ランキングに参加しています。今日もワンクリックお願いします 
食事が終り、荷造りをし、チェックアウト
大きな荷物を預けて、朝市へ

sayomaru4-866.jpg

輪島の朝市は、日本三大朝市の一つとして有名で、なんと1.000年も前から
続いているのだそうです
朝市通りと呼ばれている約360mの商店街で毎朝行われていて、多い時で200以上の
露店が立ち並びます

sayomaru4-868.jpg

売られているモノは、やはり地元で取れた海の幸がメイン

sayomaru4-867.jpg

美味しそうな干物や特産物、工芸品などもありました

sayomaru4-869.jpg

sayomaru4-872.jpg

東京で買ったら、1匹1000円はするのど黒も、他の魚同様、5.6匹ザルに乗って
殆どが1.000円均一
あまりの安さに、母と2人ガッツリと買い込んでしまいました

sayomaru4-870.jpg

大きなブリをさばいていたお婆ちゃん、その逞しさに見惚れてしまいました

sayomaru4-871_20130108020238.jpg

朝市通りを抜けて、更にまっすぐ行くと、輪島塗の作業を見学できる工房長屋があります
早い時間だったので、まだオープンしていなかったのですが
直ぐ近くに、足湯施設がありました

sayomaru4-874.jpg
sayomaru4-875.jpg

想像してモノより遥かに大きな施設
ちょっとした銭湯位の大きさがあるのではないでしょうか
いっぺんに15人は入れます
建物の前には、ペット用のモノや、飲泉もあり、試しに飲んでみましたが、かなりしょっぱかった

sayomaru4-873.jpg

干物やアワビ、お菓子などをお土産に買って、一度宿へ

荷物を受け取り、輪島に別れを告げ、金沢行きのバスに乗り込みました
輪島12:10発のバスに乗り、金沢には14:15分到着

さすがにお腹が空いたので、まずは腹ごしらえ
以前にも入り美味しかった、金沢駅にある金沢百番街の寿司屋へ

sayomaru4-878.jpg
sayomaru4-879.jpg

ここはカウンターだけのお店ですが、結構な人気店で、いつもお客さんで席が埋まっています
実は、お隣にも同じ様な店があるのですが、そこはがらがら

北陸まんきつランチを頂きました
のど黒や白エビ、甘エビなどの北陸の魚がちゃんと食べられて、プラス味噌汁付きで1580円はお得でしょ

お腹がいっぱいになったので、バスで再び近江町市場へ
目的は市場では無く、その前にある北陸銀行の建物内にある、あるお店

sayomaru4-881.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
まめや金沢萬久
石川県金沢市青草町88(北國銀行武蔵ヶ辻支店内)
076-224-8989
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

sayomaru4-880.jpg

金沢の有機大豆、能登大納言小豆、能登の黒豆など、希少価値の高い「豆」を、季節の絵柄入りの豆型器に入れて売っているこのお店
建物を入るとまず、萬久のカウンターがあり、その左手にカフェ、更に奥に銀行といった不思議な造り
日本を代表する建築家でもある、村野藤吾1932年の作品で、この貴重な建物存続の為に、こういう形を取ったのだそうです

お土産のお豆を何種類か買い、この近くにある、去年来た時に見付けた、可愛いカフェへ向かいました

sayomaru4-883.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
collabon
石川県金沢市安江町1−14
076-265-6273
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

古民家のその古さを上手く活かした、カフェ&ギャラリー
作家さんの個性的なグッズが取り揃えられている、ユニークなギャラリーと
バラバラの古い椅子やテーブルが無造作に置かれたカフェ

sayomaru4-884.jpg

名物はここの「だんご」という名のワンコ
もうかなりのご高齢の婆ちゃんワンコで、ストーブの傍から離れようとしませんでした
能登のおいしコーヒー、二三味珈琲が頂ける数少ないカフェでもあります

昭和にタイムスリップした様な雰囲気の中で、ワンコと遊びながら
のんびりとコーヒーブレイク出来る、大好きなお店です

このコーヒーブレイクで、今回の旅も終了
金沢駅に向かい、母と二人実家に帰るべく、大阪行きの列車に乗り込みました

The end
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment