日々美々

ARTICLE PAGE

資生堂d プログラム ビューティーサミット☆に行ってきましたvol.2

9月21日にデビューする、薬用 美肌ファンデーション d プログラムの発表会
「働く女性を肌あれ・ニキビから救え!SKIN AID ビューティーサミット」の続きです

sayomaru4-237.jpg

お着物で登場したのは、中目黒にある「青屋」のオーナーシェフの青山有紀さん
青屋は、夜は1日1組限定、且つ会員制の京おばんざい薬膳定食を出すお店
そんな青山さんが教えてくれる、お薦めの美肌食材、料理講座

青山さんがまず心掛けていらっしゃるのが、自分の体の状態に合わせた食事をとる事
薬膳料理というと、ちょっと硬ぐるしい印象を受けますが
その季節の旬の物を食べる事が、薬膳なのだと言われます

例えば夏なら、体を冷やしてくれる夏野菜、トマト、ナスなどが旬ですが
冷やしてくれるものだけでなく、逆に温めてくれるものも一緒に食べる事が体に良いのだと
例えば、ショウガやニンニクなど、双方をバランスよく食べる事が、大切なのだそうです


  にほんブログ村 美容ブログ コスメへ
          ランキングに参加しています。今日もワンクリックお願いします
sayomaru4-238.jpg

ニキビや肌荒れにいい食材豚肉、黒豆、いか、かに
肌を潤す食材アスパラ、オクラ、きゅうり、冬瓜、卵、黒豆
解毒作用のある食材里芋、かぶ、ハチミツ、酢、ゴマ油
気を巡らす食材(代謝を良くする)柑橘系、シソ、ミント、玉ねぎ

こんな風に、肌の調子や体調によって、食べ物を選ぶと
薬や化粧品なんかに頼らなくても、健康な体でいられるって事

う~~ん。やっぱり、食は基本ですよね

今日はちょっと肌荒れがひどいな~と思ったら、豚肉食べたり・・・
顔色が優れないな~と思ったら、みかん食べたり・・・
これが本来の薬膳料理なんですよね

青山さんが作ってきて下さった、スイーツとお茶も頂きました
可愛い千鳥は、丹波黒豆きなこときび砂糖のお菓子
もう1つは、京都「柳桜園」さんの高級抹茶と和三盆で作る贅沢抹茶ボール

そしてお茶は、台湾茶
手作り感たっぷりで、すごく素朴だけど、体に効きそうな味がしました

楽しくて、とても勉強になったセミナー
また機会があったら、参加したいなあ~

資生堂様、ありがとうございました


この記事は@cosmeさんより招待を受け、私の体験を私なりの言葉で記載しました

スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment